SLPY

●PC版●スマホ版



呪いを解く物語ジョジョリオンの今月号の寸感です、よろしくお願い申し上げます。


#108 最期の厄災

タイトルが『最後の厄災』ではなく『最期の厄災』となっているのは
透龍の死に際と言いますか、死んだ後も続いた院長の厄災の事を指しているのでしょう。
実際、院長はノトーリアスBIGのようにスタンド能力だけが活動し始めたのかと見えそうな挙動をしていました。
S&Wゴービヨンドが間に合わなかったら、本当に暴走状態になっていたのかもしれません。

康穂ちゃんの考察によると、ワンダーオブUは透龍が厄災を利用していただけの能力とのことですので
因果や運命を操作するような仕組みに透龍のスタンドエネルギーは使われておらず
周辺で起きた厄災のベクトルを自分に対する追跡者に向けていただけとも考えられます。
であれば、ある意味でバイツァダストやレクイエムばりに強力に思えたワンダーオブUでしたが
スタンド能力としては一応、平均的(?)な範疇だったのかもしれません。

拒むことを知らないガバガバなケツ穴が無いように、厄災でガバガバなスタンドも無いということなのでしょう。
やはり、憲助グランパのスタンド=ケツ穴メソッドは優秀な理(ことわり)だって、はっきり分かりますね。


スズメ蜂が…いたんだが…

『クソ女をサッサと止めやがれェェェェエッ』という歴代ボスの中でも最低レベルの断末魔で散るかと思われた透龍ですが
その最期は走馬灯めいた一匹のスズメバチの思い出で終わりました。
岩人間として生を受けた赤子の、最初の記憶であろうと目される、スズメバチにしがみついた瞬間を思い出したのか
あるいはスズメバチの巣の中で育った時の思い出が一匹のスズメバチのイメージとなったのでしょうか。

岩人間として長生きして色々と思い出はあるでしょうに、透龍の走馬灯がスズメバチとは淋しささえ感じます。
ポルナレフの走馬灯でカメオが妙にフィーチャーされていた寂寥感にも匹敵するでしょう。
孫を助けるために現れた花都に対して、自分(子)を助けに来てくれるスズメバチ(育ての親)を夢想したのかもしれません。
あっさりとしたスズメバチ一匹の走馬灯ですが、色々と妄想の余地がありそうです。
とは言え、スズメバチ側からしたら、透龍は勝手に寄生して自分や巣を食いつぶした外敵でしかないので
この走馬灯自体がスズメバチにとっては噴飯もので、透龍の独りよがりなことには違いないかと思います。


欲望で行動し負傷した者

康穂ちゃんによる今回の常秀の評価です。間違いではないですが、もっとこう手心と言いますか
常秀のお陰で、康穂ちゃんの腕の負傷も等価交換できたことを好意的に評価してあげてもいいのではないでしょうか。
しかし、思い返せば常秀は完全に性欲全開の発言とムーブをしていたので残念ながらこの評価は妥当。しょうがないですね。

また、康穂ちゃん視点では密葉は『夫を失った』とされており、常敏は死亡扱いされています。
先月の寸感の時にコメントで指摘いただいて気付いたのですが、常敏の手の指が動いているような描写が先月あったので
本当は憲助グランパ同様に常敏もギリギリ生きている可能性はあると思います。

対外的と言いますか社会的には、飛行機からの部品落下事故ということで今回の東方家の騒動は片付くにしても
死人が何人も出てしまったということになったら、むしろ世間からは『この間の火事といい、東方家呪われてんじゃね?』と
呪いを解く物語どころか、むしろ呪い認定が強くなってしまいそうです。



砕け散った厄災と共にもう大団円を迎えそうな感じの今月のジョジョリオン感想でしたが、気になることはまだ残っています。
海岸に流れ着いた赤ん坊のニュース(新聞記事)は何だったのかがその筆頭だと思うのですが
SBRラストでの少年A病死レベルのあんまりだァなオチで処理されないか心配です。心配じゃない。



関連記事
2021/06/19 20:53:06 コメント4 ユーザータグ JOJO感想文

コメント

※166633 :No name:2021/06/20 01:16:48
GO Byond!

のコマのオシャレさに痺れた
これぞジョジョって感じ
※166635 :No name:2021/06/20 01:59:05
結局最序盤で出てきた大統領似の謎の男は謎のままでしたね…
荒木先生は実体験を漫画にする事があるらしいしロカカカの治験を受けた先生が副作用で記憶から消失した可能性が微粒子レベルで存在する…?
※166670 :No name:2021/06/24 05:05:37
大弥ちゃん視力回復してない…?
※166693 :No name:2021/06/27 15:35:18
確かに赤ん坊ありましたね
でも荒木先生のことだから「あぁ、あったね。そんなの」で片付けられそう率高そうっすね

コメントの投稿

« もしバイオハザードが発生してトイザらスに立て籠ることになったら | ポルナレフランドにありがちなこと »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.