SLPY

●PC版●スマホ版

§ nのフィールド某所・ユニコーン大草原AAがジャンクな時はここをアリス

                                 __r‐、_r‐-、
    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ./::::::::::::::::::::::::::::`ト、
    | ふー、こうして現世の密を避けて.. |    .〉:::::::>-‐……‐-〉:::\
    | みんなで嗜む乙女ティータイムは  |.   /::::/        \:::::‘,_   ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
    | 格別だわ                 |.   〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈   ┃乙女の祈りも、人形の誇りも    .┃
    ヽ______________乂_   |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ| i〉::::|i:::〉. ┃丸ごと叩きのめして先へ往く  .....┃
                               l_人_! ( ^ )   ( ^ )  j. :::::@ノi..  ┃ローゼンメイデン第5ドール真紅 ┃
                            ε - `|八.wx(_人_)xwx. | |iV´l  i.  ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
                                  | | ≧=‐- -‐=≦| |   |  |
                               」_l_/´::f⌒@⌒i:::::ソ_|   |  |             ._
                -‐   二二二ニ=-          〉='ァ-r‐| ̄|ォー'ー〉=ri .人 ゙、           ./::::::::>..
           ./   ./  /: : : : : :\\       r<`{_::_L.ゝ-(_|::::::::`ソノ  ィヤニニ>、     .r=ニ¨::::::::::::::::::::\
        /   /  / : : : : : : : : : \>     >‐ /´:::::::::::::::: ̄ ̄::ヽ  辷__彡く   ____}}:::::::::::>.::::ヾ:/:>-=====-
        .¨¨¨¨¨アト / : : : : : : : : ∧: : : ゚。      .`≧{:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノく`ヽ`マニ≦  ≫::::{{::::::::::::::::::::::\::{__/-‐-:::::::::::::::::::::::::::\
               i: | i : : : ///  `、: :|         .ヽ- ------‐一─'‐''"       .《, ==ゞ===== /}/}ヾ=====-、::::::::::>:´》
           l: :|.八: : /===   ==|://                              / /            ̄  \::::::::::::::::::》 ´::::::〃
             l :| \ィ'⊃     ⊂八|   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ             /               \::::::::::《::::::::::::::《
            .l: : :\__\__▽_,..彡 ||   | まったくですぅ. |           / ,/                     \:::::}}:::::_::_::_}}
           l : : : : //^ヽ ⊆⊇7ヽ: :||i. .乂______ノ            ! / ! !   |:|       }       ヾ」/::::::::::::\
             |: : : : :l/:::::::: \ |二二|::゚。!|                        l| / | | |, ┼ミ      /   i     \:::::::::_::_::_〉
          .-‐| : : : : |::::::::::::__Ⅵー―|ヽ}l.|       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ.  | | .イ  .l:|i:      /|⌒ヽ./    |    \/.ヾ‘,
      _/: : : : :|: : : : 人:::::::::{___)二ア)_ノl |     .|  パン美味しいなのねん  |  八_{ {   |八   ,// .|  /\ i  |     ‘, ‘,
   // : : : : : : |: : : : : : >‐'::::::::__ヽ_:::\__    .ヽ__________乂_  / \ ハ行x.\ /´  } / / ,/ /        ‘,  }
   i| : { : : : : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \                     / ェ≦ |{{う刈   `  イ行ミx' /./        \/
  八: :\: : : : : : =-―\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧: : )                    /  {二ニ|.弋:シ      化r;刈´/ /          \
      . ̄`ー‐(       )________/-┴ ´                 {_    r==从::::   ,     弋::::シ厶ィ´  ______   }
       ┏━━━━━━━━━━━━━┓                    |三三三=弓.\   、_  ::::::「二ニ二}´          ̄/
       ┃静かで豊かな緑の第3ドール  ┃                    ̄ ̄}二ニ}}二.> ⌒ヽ)   (辷__彡}ニ==--    ー=ニ{
       ┃翠星石                    ┃                      辷=彡'/       ‘,‐ 彡(二=彡}ニ==─_____─=」
       ┗━━━━━━━━━━━━━┛                       了f/シ   t‐、   .|示==/弓 ̄ (辷____彡<´~ ̄
                                                      /{|゙  r 、ヽ V¨i.|川:::/::ノ:: :: :: :: ::了:: :: :: ::.‘,
                                                      /: : : !  _{ヽ ¨   {, -==、:: :: :: :: :: ::J:: :: :: :: :: ::〉
                                                /: : : : 从 \`   /:: :: :: :: :. ┏━━━━━━━━━┓
                                                    ヾ==彡':: :ゝ.__> ´:: :: :: :: :: ::..┃あんパンは粒あん派..┃
                                                    \:: :: :: :: :/:: :: :: :: :: :: :: :: :: ┃第6ドール雛苺     ┃
                                                  ‘,:: :: ::〃:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::. ┗━━━━━━━━━┛

                                 __r‐、_r‐-、
           .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      ./::::::::::::::::::::::::::::`ト、
           .| 流行に乗っかって     |     〉:::::::>-‐……‐-〉:::\
           .| 密を避けちゃうなんて.  |  .../::::/        \:::::‘,_
           .| 流石だわ私達       . |  ...〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈
           .ヽ__________乂_  |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ| i〉::::|i:::〉
                               l_人_! ( ^ )   ( ^ )  j. :::::@ノi.
                            ε - `|八.wx(_人_)xwx. | |iV´l  i.
                                  | | ≧=‐- -‐=≦| |   |  |
                               」_l_/´::f⌒@⌒i:::::ソ_|   |  |             ._
                -‐   二二二ニ=-          〉='ァ-r‐| ̄|ォー'ー〉=ri .人 ゙、           ./::::::::>..
           ./   ./  /: : : : : :\\       r<`{_::_L.ゝ-(_|::::::::`ソノ  ィヤニニ>、     .r=ニ¨::::::::::::::::::::\
        /   /  / : : : : : : : : : \>     >‐ /´:::::::::::::::: ̄ ̄::ヽ  辷__彡く   ____}}:::::::::::>.::::ヾ:/:>-=====-
        .¨¨¨¨¨アト / : : : : : : : : ∧: : : ゚。      .`≧{:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノく`ヽ`マニ≦  ≫::::{{::::::::::::::::::::::\::{__/-‐-:::::::::::::::::::::::::::\
               i: | i : : : ///  `、: :|         .ヽ- ------‐一─'‐''"       .《, ==ゞ===== /}/}ヾ=====-、::::::::::>:´》
           l: :|.八: : /===   ==|://. f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  .../ /            ̄  \::::::::::::::::::》 ´::::::〃
             l :| \ィ'⊃     ⊂八|.. .| いや、流行ってるのは    ...|     ./               \::::::::::《::::::::::::::《
            .l: : :\__\__▽_,..彡 ||.. .| もっとヤバイもんであって   |. / ,/                     \:::::}}:::::_::_::_}}
           l : : : : //^ヽ ⊆⊇7ヽ: :||i  | 密を避けるのが         |. ! / ! !   |:|       }       ヾ」/::::::::::::\
             |: : : : :l/:::::::: \ |二二|::゚。!|. | ブームとかそういうのでは…  |..l| / | | |, ┼ミ      /   i     \:::::::::_::_::_〉
          .-‐| : : : : |::::::::::::__Ⅵー―|ヽ}l.| 乂____________ノ.八{  | | .イ  .l:|i:      /|⌒ヽ./    |    \/.ヾ‘,
      _/: : : : :|: : : : 人:::::::::{___)二ア)_ノl |                        八_{ {   |八   ,// .|  /\ i  |     ‘, ‘,
   // : : : : : : |: : : : : : >‐'::::::::__ヽ_:::\__                          / \ ハ行x.\ /´  } / / ,/ /        ‘,  }
   i| : { : : : : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \                     / ェ≦ |{{う刈   `  イ行ミx' /./        \/
  八: :\: : : : : : =-―\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧: : )                    /  {二ニ|.弋:シ      化r;刈´/ /          \
      . ̄`ー‐(       )________/-┴ ´                 {_    r==从::::   ,     弋::::シ厶ィ´  ______   }
           ̄ ̄ ̄                                   |三三三=弓.\   、_  ::::::「二ニ二}´          ̄/
                                                   ̄ ̄}二ニ}}二.> ⌒ヽ)   (辷__彡}ニ==--    ー=ニ{
                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  .....辷=彡'/       ‘,‐ 彡(二=彡}ニ==─_____─=」
                               |  パン美味しいなのねん  |      .了f/シ   t‐、   .|示==/弓 ̄ (辷____彡<´~ ̄
                               ヽ__________乂_      /{|゙  r 、ヽ V¨i.|川:::/::ノ:: :: :: :: ::了:: :: :: ::.‘,
                                                      /: : : !  _{ヽ ¨   {, -==、:: :: :: :: :: ::J:: :: :: :: :: ::〉
                                                /: : : : 从 \`   /:: :: :: :: :\::: :: :: :: :: :: :: :: ::/
                                                    ヾ==彡':: :ゝ.__> ´:: :: :: :: :: :: :: :\::ヾ::{::=='」¨~

                                 __r‐、_r‐-、
                                    /::::::::::::::::::::::::::::`ト、                  n.____00  __  __
                                    〉:::::::>-‐……‐-〉:::\             |┌‐┘   コ L └┘/7
                              /::::/        \:::::‘,_             L.二コ   ̄ ̄   <ノ
                              〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈
                                |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ| i〉::::|i:::〉         <二+===========《《《   ―=ニ
                               l_人_! ( ^ )   ( ^ )  j. :::::@ノi.
                            ε - `|八.wx(_人_)xwx. | |iV´l  i.
                                  | | ≧=‐- -‐=≦| |   |  |
                               」_l_/´::f⌒@⌒i:::::ソ_|   |  |             ._
                -‐   二二二ニ=-          〉='ァ-r‐| ̄|ォー'ー〉=ri .人 ゙、           ./::::::::>..
           ./   ./  /: : : : : :\\       r<`{_::_L.ゝ-(_|::::::::`ソノ  ィヤニニ>、     .r=ニ¨::::::::::::::::::::\
        /   /  / : : : : : : : : : \>     >‐ /´:::::::::::::::: ̄ ̄::ヽ  辷__彡く   ____}}:::::::::::>.::::ヾ:/:>-=====-
        .¨¨¨¨¨アト / : : : : : : : : ∧: : : ゚。      .`≧{:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノく`ヽ`マニ≦  ≫::::{{::::::::::::::::::::::\::{__/-‐-:::::::::::::::::::::::::::\
               i: | i : : : ///  `、: :|         .ヽ- ------‐一─'‐''"       .《, ==ゞ===== /}/}ヾ=====-、::::::::::>:´》
           l: :|.八: : /===   ==|://                              / /            ̄  \::::::::::::::::::》 ´::::::〃
             l :| \ィ'⊃     ⊂八|  ニ )                           /               \::::::::::《::::::::::::::《
            .l: : :\__\__▽_,..彡 ||                       / ,/                     \:::::}}:::::_::_::_}}
           l : : : : //^ヽ ⊆⊇7ヽ: :||i                            ! / ! !   |:|       }       ヾ」/::::::::::::\
             |: : : : :l/:::::::: \ |二二|::゚。!|                        l| / | | |, ┼ミ      /   i     \:::::::::_::_::_〉
          .-‐| : : : : |::::::::::::__Ⅵー―|ヽ}l.|                       八{  | | .イ  .l:|i:      /|⌒ヽ./    |    \/.ヾ‘,
      _/: : : : :|: : : : 人:::::::::{___)二ア)_ノl |                        八_{ {   |八   ,// .|  /\ i  |     ‘, ‘,
   // : : : : : : |: : : : : : >‐'::::::::__ヽ_:::\__                          / \ ハ行x.\ /´  } / / ,/ /        ‘,  }
   i| : { : : : : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \                     / ェ≦ |{{う刈   `  イ行ミx' /./        \/
  八: :\: : : : : : =-―\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧: : )                    /  {二ニ|.弋:シ      化r;刈´/ /          \
      . ̄`ー‐(       )________/-┴ ´                 {_    r==从::::   ,     弋::::シ厶ィ´  ______   }
           ̄ ̄ ̄                                   |三三三=弓.\   、_  ::::::「二ニ二}´          ̄/

                                                        ,i、、
                                              i.ー''';  .,, ゝ、, ゙,!
                                                 l  . l  i,゙ `'''ッ ゛         _,,,,.. -一''''"ヽ
                                                  !  . !  .`''''"       T^゙´  _,,,,.. -  ./
                                               !  .l,,、            ゙‐'''"´   ./   /
                                                  !    `゙'''ー ,,_              /   /
                                  __r‐、_r‐-、        .l   r‐- ..,,_ ./          /   /
                                  /::::::::::::::::::::::::::::`ト、      !  .l    ´             /  ,,,  ゙ヘ、,
                                  〉:::::::>-‐……‐-〉:::\   ..!  .!             ,i′ / .`''-、、 `'''i
                               /::::/        \:::::‘,_   l ,,,,,,〉              /  /      ゙''-ヾ._、ィ'''、 ,,
                               〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈                  `″          ヽ.゙l..゙‐' ! フ
             /|                  |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ|. #(ニ+===========《《《                   `   .( /
  >──ァ-、     ̄|_                   l_人_! ( ^ )   ( ^ )  j. :::::@ノi.
    ..../XxXx     <               .ε - `|八.wx(_人_)xwx. | |iV´l  i.
     /xXx/^Y                      | | ≧=‐- -‐=≦| |   |  |
   ./}xXx/:::::;イ}                         」_l_/´::f⌒@⌒i:::::ソ_|   |  |
. イ::ト{xXx{::::::ノ|j    _/\/\/\/|_       〉='ァ-r‐| ̄|ォー'ー〉=ri .人 ゙、
 :::::::::::{xXxi⊂⊃L  ...\          /   ..r<`{_::_L.ゝ-(_|::::::::`ソノ  ィヤニニ>、
 :::::::::::{XX u rw┐!  .< 真紅ーッ!?.>    >‐ /´:::::::::::::::: ̄ ̄::ヽ  辷__彡く
 :::::::::::{xXxi |_j/.   /          \   ...`≧{:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノく`ヽ`マニ≦
 :::::::::/xXxAヌ      . ̄|/\/\/\/ ̄        ヽ- ------‐一─'‐''"
 ::::::/XxXA/∧




雛苺「あびゃびゃびゃびゃーっ!? どこからともなく飛んできた矢が真紅に刺さったのー!?」

真紅「( ^ω^)・・・」

翠星石「真紅!? おめぇ大丈夫なんですか!? 矢が…! 矢がズッポしと! こめかみに…!」

真紅「(๑˘ω˘๑) スヤァ・・・」

翠星石「ええ…? ひょっとして寝ている…のですか?」

村人達『確保ー! 第5ドールを確保ー!!』ドカドカ

雛苺「みょわわわっ!? こ、今度は何だかよく分からない男達がなだれ込んできたのー!?」

翠星石「なんですかてめぇらは突然!? さ、さては乱暴する気ですね! エロ同人みたいに! エロ同人みたいに!」

村人A「冒頭でいきなり麻酔矢を放つエロ同人があるか」

村人B「どうする? 第3ドールと第6ドールにも麻酔矢を…!?」

村人C「いや、ダメだ! 麻酔(メイデンコロリ)は貴重じゃ! 余裕はほとんど無い」

村人A「昏睡している第5ドールを早く運べ。運んでいる間も麻酔を切らすなよ! さもないと、すぐ起きるぞ!」

翠星石「こ、こら! お前達は真紅を誘拐する気ですか!? 一体、何が目的で」

雛苺「真紅を連れて行かせはしないのー!!」

村人B「あ、こら! 邪魔するな! こうなりゃ…!」バシュバシュッ

翠星石「グェー!?」ドスゥ

雛苺「あんま~っ!?」ドスゥ

翠星石「(๑˘ω˘๑) スヤァ・・・」

雛苺「(๑˘ω˘๑) スヤァ・・・」

村人C「おい! あれほど麻酔矢は無駄に使うなと!」

村人B「しかし、こうでもしないと…!」

村人A「やってしまったものは仕方ない。第5ドールの移送を急ぐぞ! 早く俺達の村へ連れ帰るんだ」

村人B「こ、この緑とピンクの方はどうする…?」

村人C「じゃから、放っておくしかない! 三体も連れて行くには残りの麻酔が足りんわ!」

村人A「よし、第5ドールを荷車に乗せた! もう行くぞ!」

村人B「お、おう…!」

村人達『エッサホイサ』



§ 小一時間後・nのフィールド某所・ローゼンの箱庭

             ,.ィニニ二三二ニ=- 、           .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ        - ―  ‐ - 、
           /=三三三三三三三三`丶        .| …で、君達が目覚めた時には. .|     /      r 、_ィL ,J`ー 、
           ヾ三三ニ===ニ三三三三\     .| もう現場には真紅も誰も     |.    /  ヘ    /  ヘ_ィ、ッ-<ュ ゝ
            ∨´_ .-―‐- .. _ ̄=ニ三三\  ....| 残っていなかったってわけか   |.ー-/ //   `ー 、≧ イ  《薔》ャ、ハ
          ,.才=´三三三三三ニ=ミx `ヾ三三=ヽ. .乂_____________ノ.  /彡        `ー、_ 〃l| |ト、 }}ハ
         く三ニァ ´: :`  ̄ ̄ ´: : : : :ヾミ=、`ヾ三ニ〉                          l / __ノ ゞ、__  ヾ.jl || ヾ' l
         ィ.:イ: : :{ : : : : :i : : : : : ヽ: : :\: :ヾミヽ、ヾ.:′                             lイ ___    ____   ヽ |l  }! l
       ,.彡: : 人:ハ:ヽ: : :{ヾ:_:{\: :}\: : :ヽ: : ー‐`:>                            l l  l {j テ 三  l {ij } ノ   ミ     !
     /: : /: : / __ヾヽ{\:! ` _ ̄` ̄ ヾ:ハ:ヽ: :∨                               l} ー≠    ==-    ミ   ノ
    /: : : : {ィ: / ´   `  `   'エ二ニ寸   }ヾハ: ヾ:、                         ,-=i      /)       , -= Y⌒V
    {イ: : : :ハ' r┬-ャ、             八: `: :ヾ: \                       〃  { /`'`' /        〃   り l
    jハ: : :/   `  ̄          .:::::::::::::::../: : : : : }: : : : :ヽ                       l{   /   ノ         |lー- 、 ノ
     ヾ: { .::::::::::::...  ー' ニ=一'       /: : : : : :/: : : : : :.:.                     ヽ ∧ハ べ′ー=== _, ゞ _ ヽ
     /ヾミ:、               ,.イィ: : : ハ′: /: : : : }                    ノ     \ ̄: :o: : / >≠ _ノ
    /: : : :! `                ┏━━━━━━━━┓                     l       廴 : o.┏━━━━━━━━┓
   ./: : : : :八                ┃翠星石の双子の妹┃                  ((  ∨     丿  ,.  ┃何故かいる      .┃
  〃: : : : : : :ヽ                ┃第4ドール蒼星石 ┃                      ∨   /  /.   ┃第2ドール金糸雀 ┃
   {: : : : : : : : :\           ┗━━━━━━━━┛                      `ー一´       ┗━━━━━━━━┛



                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      | はわわわわ…!            |
                      | 真紅お姉様が誘拐されるなんて.. .|
                      | 大事件なんだからっ!        |
     <三三三|‐-ミ    乂______________ノ                               -‐====‐-  ミ
   ./ @ .>=┘   `                                                  /::::::《@》:::::::::\. \
  /三三/ `(      \ \          ,.. -‐……‐-ミ               .,.. -‐……‐-ミ          .^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,
  /   /  / \ \、 ヽ  .     .<_@          `@ア       《@'´            《@》、   ./ / i    i  , ', ヾ}   ′
     i:  /   ` =ミ、       .//}/ .//   /   ',   ゙マ、      / /        \ ヽ ヽ ‘,   〈{ ∧_,.l\/l、_ |∧.〈j!>  i
   }     .  = _ = ト  }  .....//   {     i     }   i  }. ',  .....' /  /!  i  i i ヽ. ‘, i |  i   }Ⅵ о     о  },.小.  |
   } 八 (  iiiii {__{  ノ ,    { {   ! ヽN\トト、/|/レヘ_ノ } !  ...i i  /l从》l/ヽハ/jハハ.  i l |.ε -   八     、      .i l    |
   乂 ≧-≧=‐- -‐=≦イ      〉〉   、 ! rt:::テ `〈:薔:〉i ./〈   .| l i{〈(秘)〉   t::テァ.j! .i l |  |   .トⅥ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.|
      ⌒.≦ y }! 〈〉:i{K      .//i   i\|xwx  ,  xwソイヘ‘,  ...| l 八wx  ー  xwx |  l | l  { ⊂⌒V:γ::{ 薔 }:::::::::}∧:/⌒つ
      ./  ./.}! ∧ :i{ :.    ..〈〈 .|   | |≧=‐- -‐=≦i !  〉〉  . 〉Vヽ ≧=‐- -‐=≦|イ∨ /  ‘,.. .マ7:::::、:::\/::::::::,::::::V二_7!
      , _ / ,}!. ∨ :i{ _ j     \ヽ.   irく: : : : :(薔): :.ヽ:Y .! '/.   { ∧ Vγ`rr~rr'´ ,.r'^V ∧   }  ヽ::::ノ〉::::::::::::::::::〈ヽ:::::::/ .|
┏━━━━━━━━━━━┓  ┏━━━━━━━━━━┓. .┏━━━━━━━━━━━━━┓.┏━━━━━━━━━━┓
┃受け継ぐ愛を宿命と呼ぶ ┃  ┃闇を欺いて刹那を躱す. ┃. .┃つらぬいた信念が未来を拓く  ┃.┃静寂の底から目覚める ┃
┃第8ドール珪孔雀       ┃  ┃槐ドール薔薇水晶    ┃. .┃第7ドール雪華綺晶         ┃.┃第1ドール水銀燈     ┃
┗━━━━━━━━━━━┛  ┗━━━━━━━━━━┛. .┗━━━━━━━━━━━━━┛.┗━━━━━━━━━━┛




水銀燈「真紅もとんだ薔薇乙女の恥さらしだわぁ。こんな簡単に暴漢にさらわれるだなんて」

金糸雀「でも、翠星石と雛苺の話を聞いた限り、下手人達はそれなりに準備をしていたようかしら!」

珪孔雀「は、早く助けに行きましょう! こうしている内にもきっと真紅お姉様は危険な目に遭っているはずなんですから」

雪華綺晶「どこへ助けに行くというのです?」

珪孔雀「うぅ…」

薔薇水晶「…質問なのですが、人工精霊ホーリエやスィドリームは暴漢達を尾行してはいないのですか?」

翠星石「うちの人工精霊達はみんな里帰り中ですぅ…」

水銀燈「あんたらのトコの人工精霊は肝心な時にいつもそうよね」

蒼星石「しかし、真紅が何処に連れ去られたかはもう目星がついている。そう、既にだ」

珪孔雀「えっ…!? 本当ですか蒼星石お姉様」

雪華綺晶「……」

蒼星石「僕達ドールズにすら有効な麻酔…彼らはメイデンコロリと言ったそうだが、それがヒントだ」

薔薇水晶「そうですね。そのような特殊な麻酔を作れる者達は多くないはず」

蒼星石「数あるnのフィールドの世界階層の中でも、そういう麻酔や睡眠薬の扱いに長けた村落が属する世界がある」

金糸雀「なんだか嫌な予感がするかしら」

蒼星石「そう…! 第114514世界だ!」

水銀燈「nのフィールドの中でも一番クッソ汚いと呼ばれている世界じゃぁないの」

金糸雀「また、あの世界に行く羽目になるのかしら」

翠星石「また…?」

珪孔雀「以前に第114514世界のエドラントという名の村の村おこしのお手伝いをしました(※雛苺と黄金の泉参照)」

雛苺「うにゅにゅ…? そう言えばそんなこともあったっけ…なのよ」

薔薇水晶「では、ひょっとして真紅は、そのエドラントに!?」

蒼星石「第114514世界には他にも村はある。しかし、エドラントに真紅が連れ去られたと僕は睨む」

水銀燈「…以前の村おこしも半ば、雛苺は騙されて連れて行かれたようなものだものねぇ」

翠星石「むむむ…! 何だかよく分からんですが、随分と薔薇乙女を舐めた真似を!」

雛苺「こいつはメチャ許せんなのー!」

金糸雀「でも蒼星石、エドラントの人達は改心してくれたはずかしら!」

雪華綺晶「確かに。苺の御姉様があの村でお漏らしによる大海嘯を引き起こしたことで…」

薔薇水晶「エドラントはナイルの氾濫後のエジプトめいた肥沃な大地に生まれ変わったはずです」

翠星石「えぇ、なんですか、それは…? チビ苺の尿にそんな効果があったとはたまげたですぅ」

蒼星石「経緯はもちろん知っている。そのお陰でエドラントは農業で村おこしに成功したことも」

珪孔雀「もう困っていないはずの彼らが、何故また真紅お姉様を誘拐するようなことを?」

蒼星石「それを確かめるためにもエドラントへ行こう。まだ今は可能性の話に過ぎない」

水銀燈「……」



§ 第114514世界・エドラント中央広場

.:.: : : . . . . . .                                  . . . . . : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                               ___
        _、:─-.           / ̄\                __/ ̄: : : :.: . .\_
     _、‐''゛ /.:\ \_,、-‐‐-  __/. . .   `ヽ、           / ̄ /: : : : :/: : : :/   ̄
  _、‐''゛   /: : /\  ̄/\   /. . . .   .:.::  `ニ=-----‐ッ'"^¨¨¨¨""  ー--  __/__. : : : :
''<    /\    〈/\    |\  . . ./  ..:.:|.:.:    \: : : /: : . .\. .    . . . . _,、-──---
: : : ´"'< .‥.../.:.:.:/\     ____,.-─‐ ||─- _,,.. -‐''"'ー‐‐----ー'"´ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : :
: : : : : : : :,:^:,:∵∴___: /\/.._,,.. -‐||'' " ´.::.::.::.::.::: : : : : : : : : : : : .::.::.::.::.::: : : : : : : : : : : :_
─‐‐、 ,:゙;';';'゙:,∵::__/\;';'゙:,∴∵:: : ,:'^:,|....|;:;:;:;::;.:,:;.:,.::.::.::.::.::: : : : : : .::.::.::.::.::: : : : :,、,、 : : _、‐''゛
 ̄| ̄|,:゙;';';';';';゙:,∵:|::|  |  |;';';'゙:,∵∴「|,:゙;'; ;| ....|_:;.:,:;.:,∴: : : : : : :.:.:.:::::::;.:,:;.:,:;.:,: : : :ミ;ミ;ミノ´:;.:,:;.:,:;.:,
,:'^':,// ̄\;';':∵;';'j,‥/ ̄ ̄∧;'; / ̄/\| ̄|/\∴∵'^'^゙:. ,:ミ````ミ;:;:;:;:.::.::ミ;ミ;ミ;ミ;:;.:,:;_、‐''゛
 ̄ ̄ ̄\_\ミ:;.:,:;.ミ;';';';'ミ;';';';ミニiニiニiニi j{;}i :|:◯:「| ,;'^'^'^'ミ;';';';';';'y'^ミ;';';';';';'ミvvvvミ;ミ;ミ;ミ;ミ;'^´;';';';'
\.:.:.:.:.:.:.:.: \/ ̄\ ̄ ̄\ ̄\──j{;';';}i,|  |/\ ̄ ̄ ̄ ̄>───‐‐:;.:,:;.:,ミ;ミ;ミ;ミミミ;;';';';';';';';'
丁____/___\    \ ̄丁 j{;';';';';'| /\ ̄\_ /::::::::::::::/\::\:;.ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;;';';';';';';';
 ̄ ̄ ̄/::|:::└┘└┘:\.,:^:,  \ |/ ̄ ̄ ̄.:.:.:.::. \ |___\二二∠.._:::::::\:: ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;;';';';';';'
 ̄\ ̄|:::匚丁丁¨丁丁匚]゙;゙;'{¨¨ア´/\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___、|_| \.:.:.:.:\|──r‐ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミミミ;;';';';';'
/\\|二xXミミミミXx二二j゙;゙;゙;レ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ \___/┌┐\___\___\  |,ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミi:i:i:ミ;';';';';';'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/\ミx'^^^x'゛:::xX爻爻爻x::∧\ |二二二|::::::::::|:::::::|「「「|[  |ミ;ミ;ミ;ミ;i:i:i:i:i:i:i:ミ;';';';';'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|\ヾ;:ミ:ミ,__ミ爻ミ爻ミ爻ミ:/ V∧ :└┘: |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\i:i:i:i:i:i:i:i:ミ;';';';';'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/\\ミヾ;:ミ:ミ ミ爻ミ爻ミ爻ミ □:|丁|二二¨/.:.:.:..::.:/\ ̄| ̄ ̄ ̄∧:\i:i:i:i:i:ミ;';';';';'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|⊥⊥\\ミヾ;:ミ:ソ爻爻爻ミミソ|─|二|| ̄| ./.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.\|______/ ∨.:\i:i:ノ;';';';';'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__| |─'ヾ;:ミ:ソ爻爻;爻ソ :|_|三|‐::┴| ̄/| ̄| ̄| ̄ \ | ̄||  |.:.:.:.:|:::|⌒^'|::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|___|_,|TTTTTTTTTTT「ニ=- ''"´  . : |/  |_|_|    \_,||  |__,|从^^^从
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| 匚|  |´´´´´´´´´´´´´      ..::::/二二二二二二二二¨\ ̄\.:.:.:xXXXXX
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|jk_____|───          /:::::: ̄|  |_|   |_|   |┼|「「「「|xX爻淡淡淡
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|㏍ニニニ   /             / ::::: 匚|___________,|二| / ̄ ̄ ̄ ̄\
___┌──|絲ニニ   /            .:::::::::::::::::| | ̄ ̄|  | ̄ ̄| | ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄| | ̄「絲絲i,     /           |:::::::::::::::| |__|  |__| | ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:




翠星石「ぬうう…! ここがエドラント。第114514世界にしては綺麗な町並みではないのですか?」

金糸雀「あ、あれ!? なんだか全然…前に来た時と様子が変わっているかしら!?」

水銀燈「以前は、さびれた田舎のシャッター通りって感じの趣だったのに」

雪華綺晶「一度、苺の御姉様のオシッコに全てが沈みましたからね。町並みも再興の際にイメチェンしたのでは」

珪孔雀「だとしても、イメチェンしすぎなんだから…」

蒼星石「うーむ。何となくだが、この町と言うか…村のどこかに真紅がいる可能性はやはり高そうだ」

薔薇水晶「そう言う根拠は…?」

蒼星石「みんなにはもっと早く話すべきだったが、かなり前に庭師連盟からこの村に関連する情報提供があった」

水銀燈「庭師連盟…! nフィーで庭師を気取る輩達のなれ合い組織じゃぁないの」

翠星石「連盟とはもうあんまりやり取りするなと言っといたはずですよ蒼星石」

蒼星石「しょうがないよ。退会届を送っても、メールとかは相変わらず僕宛に送って来るんだもの」

金糸雀「えぇ…」

蒼星石「それに情報が有益なだけに、僕もついつい目を通してしまう」

薔薇水晶「…それで、肝心のエドラントの情報とは何だったのです?」

蒼星石「急激に農業生産率が向上したエドラントに対して、庭師連盟は興味深く調査したらしい」

水銀燈「その原因が雛苺のお漏らしだったなんて、奴らは随分と驚いたでしょうねぇ」

蒼星石「そうだろう。しかし、それ以上に驚くべき事実が判明した」

雪華綺晶「……」

蒼星石「ワタハミ(臓食)の亜種と推測される菌根がエドラントの地下で活性化している」

水銀燈「ワタハミ…ですって!?」

翠星石「何ですぅ? そのワタハミって?」

薔薇水晶「翠星石…、忘れたのですか? 人間(特に子供の死体)に寄生して操ってしまう菌類です」

金糸雀「カナ達はワタハミの異変に巻き込まれたこともあったじゃない(※薔薇乙女のうた『ある野薔薇とワタハミの樹』参照)」

翠星石「そんな昔のことはいちいち覚えとらんですぅ! 昔の話ばかりでなく、これからの話をしろですよ」

雛苺「うぃ! ヒナ達はいつも未来につながる今日を生きるだけなのー!」

蒼星石「…連盟の調査によれば今回のワタハミは新種らしく、僕達がこれまで何度か遭遇したワタハミとは完全に独立している」

翠星石「ふーん? ほぉーん?」

蒼星石「何故、ワタハミ亜種が活性化したのか? それはおそらく雛苺の尿によるものだと連盟は推測している」

雛苺「うぇッ!? ヒナのせいなのよ!?」

蒼星石「あくまで疑惑だが、ワタハミ亜種が活性化した時期は雛苺による大尿嘯の直後と見られる以上、そうなる」

雪華綺晶「背景は大体察しましたわ。しかし、それと紅薔薇の御姉様が連れ去られたことに何の因果が?」

蒼星石「ワタハミ亜種は雛苺の尿によって活性化した、さらなる活性エナジーのために薔薇乙女を求めているのだろう」

翠星石「んんん…? それじゃあ、翠星石達を襲ったあの男どもは…? つまり…」

蒼星石「ワタハミ亜種に寄生されて精神操作されていた可能性がある。彼らの顔に痘痕(アバタ)は無かったかい?」

雛苺「みんな黒尽くめだったからよく分からなかったの。でも、なんでそんなこと聞くなの?」

蒼星石「ワタハミ亜種もそうかは知らないが、原種の方のワタハミに寄生された者には痘痕ができることがある」

翠星石「ふむふむ…。ですが、なぜ今、その話を?」

蒼星石「一応、気になったから、念のために聞いてみただけだ。痘痕があるから寄生体とも限らない」

珪孔雀「ええと、蒼星石お姉様、私からも一つ質問です」

蒼星石「うん? 何だい?」

珪孔雀「どうして真紅お姉様が狙われたのですか? これまでの仮説だと尿源の雛苺お姉様が狙われやすい気がします」

蒼星石「いい質問だ、珪孔雀。だが、おそらく…、その答え、真紅がさらわれた理由は偶然だ」

珪孔雀「えぇ…?」

水銀燈「誘拐に来た、ワタハミ亜種に支配された村人達の認識力が落ちていたのか…」

金糸雀「雛苺狙いで来たけど、三馬鹿の中で真紅が一番エナジーが多そうだと思って標的変更したのかも」

雛苺「うにゅにゅ…」

薔薇水晶「…それで、これからどう行動を起こすのです?」

雪華綺晶「村中しらみつぶしに紅薔薇の御姉様を探しますか?」

蒼星石「いいや、行動は起こしている。そう、既にだ」

水銀燈「そうね、既に…よね」

金糸雀「ええ、既に…かしら」

雪華綺晶「なるほど、既に…ですか」

珪孔雀「いや、何が…どう、既に、なんです?」

蒼星石「僕が状況説明のためだけに、こんな村のど真ん中でべらべらと大声でしゃべり続けたと思うのかい?」

翠星石「うーむ、確かにソーシャルディスタンスとは程遠い行動だったですが、それが何か?」

薔薇水晶「…私達自身を餌に、ワタハミ亜種を誘っていたということですね?」

翠星石「ッ!?」

蒼星石「ああ、今の僕達は自分からワタハミ亜種の腹の中に飛び込んだようなもの」

水銀燈「真紅をさらった犯人がここのワタハミ亜種なら、絶対に私達にも手を出してくるはずってわけ」

金糸雀「そして、どうやら蒼星石の仮説、目論見…! それら全てが的中したようかしら!!」




                                        /\
                                  /|__ (_/
          ./|__  /\               {_  /   _
       ./   / 〈_/__                   _/ /   〈_/
    ..._,.二7 /    |_/  _    | ̄|    | ̄  __/
   / ̄ _,,. -─'         |   ̄|  |/     ̄ ̄            ./´〉,、     | ̄|rヘ
.. .〈_/               _,.二l  |   <二}          .l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
                   |__,. -┘                 二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
                                   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                                   '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                                                   `ー-、__,|    `"
                                                              ,ィ:i:i:i:i:、
     ,ィ:i:i:i:iヽ     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                                    ノ:i:i:i:i:i:i:ゝ
     ソ:i:i:i:i:iノ      | 贄(にえ)… |                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    └ュ:i:i:i:i:i¬、
     ]:i:i:i:i:i∟    乂_____ノ                         |  贄だ…  |     /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>..____ _
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ                                      ヽ____乂_  .../:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>
   j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、                                                }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂
   ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕                         f´ ̄ ̄`ヽ                    ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
  ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂                     _    ..| 贄… |                「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iΓ´
   __了:i:i:i:i:i:i:i:i:i「                   〔:i:i}    乂__ノ                  {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾ:i:〉
.  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i<_ヽ                 _,ィ:i:i:i:it、                           _Ⅹ:i:i:i:i:i:i:i:il\:i:i:i:\
  Ⅸ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\                  r':i:i:i:i:i:i:i:i:i:|                        ,.r/ |:i:i:i:i:i:i:i:L \:i:i:i}
   |:i:i:i:< >:i:ir=ニ_:i:i:i:i:|             ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|        r:、         ,.r/  「:i:i:i:i|、:i:i:i{   ー′
.  八:i:i:イ ヽ:i:i:i{   `=′            ‘⌒>:i:i:i:i:i:i:iト!       ノ:i:i、       ,.r/    ヽ:i:i:{ ヽ:i:i:、
   }:i:i:|   }:i:i:{   ,..、                  r/{:i:i:i:i:in:i:L       /:i:i:i:i:i:ヽ     ,.r/         ‘;:i:| ‘:i:i:i,
...   `;i:|  }:i:i:|  ,!:i:L__,        ,f:i、     r/ ヽ:i:i:ハ:i:i:j     `ヽ:i:i:i:i:i〈    r/         {:i:|  ‘:i:i:i',
_‐==ニ=┴-=`:i:i|_{:i:i:i:i:/       ノ:i:i:(   r/    {:i:| 〈:i:}        .]:i:ハ:i:(`’  '             }:i!   ヽ:i|
          ̄ ̄`¨¨`二ニヽ. __ヽィ:i:{    '     |:i:| |:i|        「:i/ ヽ:i    _,==―――――-'┴=' ̄ ̄ ̄`ニニニニ=
                      丁TヽL._    ___」:i∟l:i∟==  __j:i{__}:レ=≦ ̄
                              `~´ ̄       ̄` ̄




雛苺「いにゃーっ!? いつの間にか、黒尽くめの男達に囲まれているなのー!?」

雪華綺晶「贄とか言ってますし、これはもう完全にアレですわ」

薔薇水晶「ええ、完全にアレですね。ある意味、非常に分かりやすい」

蒼星石「この村内においては、もう麻酔とかカンケーなく彼らは実力行使に出るに違いない! 体に気を付けてね!」

珪孔雀「そ、そんな…っ!?」

水銀燈「ふんっ! 麻酔があろうがなかろうが、こんな有象無象…!」

蒼星石「水銀燈! 彼らを損傷させては駄目だ! できるだけ手加減してくれ」

水銀燈「はあ!? ワタハミに寄生された時点で死んでいるんじゃないの!? こいつらは」

蒼星石「ワタハミ原種ではそうだが、今回の亜種でもそうなのかまだ不明だ」

金糸雀「それに相手が仮に死体であっても、カナ達が人の形をしたものを破壊するのは、できれば避けるべき!」

水銀燈「ちっ…」

薔薇水晶「……」

雪華綺晶「甘いことを言っている…と思いますか薔薇水晶?」

薔薇水晶「いえ、今の私なら分かります。こういうのは『心にくる』。長期戦に精神的負荷は禁物」

翠星石「薔薇水晶は理屈っぽいんですから! こういうのは『気持ち悪いから嫌だ』でいいんですよ」

薔薇水晶「ふふっ…」

蒼星石「ともかく、密ももうこれまでだ。今からは適当に二人一組になって散開する! いいね!?」

珪孔雀「彼らから逃げつつ、それぞれ東西南北に向かってローラー作戦的に真紅お姉様を探すのですか!?」

蒼星石「その通り。流石は珪孔雀、要約がうまい」



§ 東捜索組(翠星石&薔薇水晶)

翠星石「どうですぅ? まだあの暴漢どもは追いかけてきているですか?」

薔薇水晶「…いえ。うまく撒けたようです」

翠星石「やれやれです。ゾンビみたいな感じのくせして足が速いんですから、あいつら」

薔薇水晶「最近のゾンビは当然の権利のように全力疾走しますから、まあ多少はですね」

翠星石「…蒼星石がギリギリまできちんと説明してくれないのにも困ったもんですぅ」

薔薇水晶「効率重視なのでしょう。確証が得られない推論で皆を振り回したくないのです」

翠星石「いやいや、どっちにしろ振り回されちゃっているですよ」

薔薇水晶「実際、今回の蒼星石の推論は穴も多い。今みたいにならなかった可能性の方が高い」

翠星石「でも、なっとるやろがい!」

薔薇水晶「翠星石…、あまり大声を上げると…!」

村人達『贄…! 贄ぇ…!!』ドドドドドド

薔薇水晶「ほら、気付かれた」

翠星石「ええい! ドチクショー! 適当に相手してやってもいいですが、逃げるのが一番ですぅ!」

薔薇水晶「あっちに古城めいた洋館が見えます。あそこへ逃げ込むというのは?」

翠星石「雰囲気的に真紅が居そうな感じもするですね! よっしゃ、のりこめです!」



§ 西捜索組(蒼星石&雪華綺晶)

雪華綺晶「蒼薔薇の御姉様とご一緒させていただけるとは、珍しいですわね」

蒼星石「そうかい?」

雪華綺晶「こんな時はいつも、双子で組まれるものでは?」

蒼星石「散開が咄嗟の対応だったからね。こういうこともあるさ」

雪華綺晶「……」

蒼星石「それよりもワタハミ亜種感染者の目を逃れている内に真紅を見つけ出そう。目星はついている」

雪華綺晶「本当ですか?」

蒼星石「この先に洞窟があるらしい。連盟の調査隊が菌根を見つけたのもそこだ」

雪華綺晶「おやおやおやおやおやおや…。咄嗟の散開にしては、一番危険そうな方角をあなたは選んでいたので?」

蒼星石「みんなを僕の作戦で巻き込んだ以上、僕が危険を買って出ないとね」

雪華綺晶「……」

蒼星石「君もこっちの方角に何か感じたからこそ、僕と一緒に来たんじゃあないのかい?」

雪華綺晶「さあ? どうでしょうか」



§ 南捜索組(金糸雀&雛苺)

金糸雀「沈黙のレクイエム!」♪~

村人達『グワー…ッ!?』

雛苺「か、カナ!? あんまり攻撃しちゃダメなんじゃないの…!?」

金糸雀「大丈夫! 足止め程度に威力は抑えているかしら! さあ、今のうちに雛苺! まだまだ走るわよ!」

雛苺「うぃー! じゃあ、ヒナもアシストとして後ろには苺わだちをマキビシめいた形状でばらまいておくの!」

金糸雀「ほどほどにね。まき過ぎるとそれがカナ達の目印になっちゃうから」

雛苺「…蒼星石の話が本当なら、ヒナが原因でこうなってしまっていると言えるのよね」

金糸雀「……」

雛苺「だったらヒナが絶対に真紅を見つけてやるの! そして真紅にごめんなさいするの!」

金糸雀「そうね…! そのためにカナももうひと踏ん張りしなくちゃかしら!」

雛苺「ありがとうなのよ金糸雀!」

金糸雀「それで、さっきチラッと看板が見えたんだけど、この先に大きな貯水池があるみたいかしら」

雛苺「貯水池?」

金糸雀「農業で村おこししていたエドラントにとって、貯水池は重要施設のはず」

雛苺「重要ってことは、真紅もそこにいる可能性が?」

金糸雀「ええ、きっと高いかしら!」



§ 北捜索組(水銀燈&珪孔雀)

村人達『贄ェえー!』グッパォン

珪孔雀「キャァアアーーーッ!」

水銀燈「伏せなさい珪孔雀! 行けっ! 黒羽根!!」ドシュッ

村人達『グァアアアアあーっ』ドテポキクシャ

水銀燈「ほら、今のうち! 珪孔雀、すぐ立って走る!!」

珪孔雀「は、はい!」

水銀燈「飛んでもいいんだけど、そうするとあいつらにすぐ見つかるし、火矢を打ってくる…」

珪孔雀「すいません、私がどんくさいばかりに」

水銀燈「ええ、全くよぉ」

珪孔雀「うぅ…」

水銀燈「でも…、あんたがいなければ、とうに私は精神的にまいって倒れていたかも」

珪孔雀「…? よ、よく分かりませんが、私では力不足ですよね。水銀燈お姉様の隣は金糸雀お姉様の方が…」

水銀燈「あの子にとっちゃぁ、私の隣なんて役不足よ」

珪孔雀「え…? それってどういう意味で…?」

水銀燈「とにかく! 今、私の隣にいるのは珪孔雀! あんたでしょ! グダグダ言ってないでもっと早く走る!」

珪孔雀「ひゃ、ひゃい!」

水銀燈「…私があんたと組んでいるのも伊達や酔狂ではないってことも早く分かってほしいわねぇ」

珪孔雀「あっ! 水銀燈お姉様! 村に似つかわしくない製薬研究所めいた建物が見えます! あれ怪しくないですか!?」

水銀燈「特にアテがあるわけでもない。あんたの直感を信じるわぁ珪孔雀」



§ 古城めいた洋館の最奥(翠星石&薔薇水晶)

翠星石「やれやれ、とんでもないカラクリ屋敷めいた洋館だったですぅ」

薔薇水晶「まったくです。クランクで鍵を開けさせたり、ピアノを楽譜通りに演奏したら隠し扉が出たり…」

翠星石「こうまでして、ようやくたどり着いた最奥らしき部屋…!」ゴクリ

薔薇水晶「ここに真紅が囚われていてくれれば、話は簡単なのですが…」

翠星石「ここまで苦労したんですよ! 絶対いるはずですって、翠星石の勘がそう告げているです!」

薔薇水晶「あなたの勘をアテにしてよいものでしょうか?」

翠星石「ほら、さっさと館内で見つけたドラゴン、ゴリラ、タコ、イーグルのメダルをドアの窪みにはめろです」

薔薇水晶「大分、私達の感覚が狂ってきている気がしますが、これで本当にドアが開くんですか?」

翠星石「開かなかったら、もう燃やしてやるですよ、こんなクソ館…。んん? ああ、ほら! ガチャって音がしたです」

薔薇水晶「開いた…」

翠星石「さて、これでクランクとかはもう必要なさそうですから、捨てるですぅ」ポイッ

薔薇水晶「…入りますよ。真紅、そこにいるのですか?」ギィイイイ




        .. /⌒i       /`l _   ,、
      _,,..、 .|  / ,..-、 ,、.   l  |/ 〉 .〈 .|  ,.-、
       l   l | /´ l,、_ノ ,l |  l  |レ' _,,」 .`'´   〉 _,,..、       ,..、
      |  i' '´_,,、   ,! L.-ヾ=,'  l、_,.. 、 「Zノ  ヽ `ー、    / ア
       .|  し''´ 」 _,.-'´  _, - '_´     ゙l_,〉     ヽ、  'l  / /
      .|  ,,.-''´ (_,.- '´| L-'´ _)             `ー',/  /
       | .|     ,.-'´  ,.-'"                /  /´
      ..l、_ノ    {,.- '´| |                  「  /
                |,i                 `''"

                __、‐r_、-‐r
               ./:::::::::::::::::::::::::::`ィ、
               .〉::::::ミ-‐……‐- 〉:::\
             /::::ッ         \::::::゙i _
             〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈      .
             |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ|. #(ニ+===========《《《
              l_人_! ( ^ )   ( ^ )  j. :::::@ノi.   ..
             __`|八.wx(_人_)xwx. | |iV´l  i.       .
               |( | | ≧=‐- -‐=≦| |   |  |     ..
               | ≧=ー-      -‐一=≦ |
               |                   |
             \                 /
     .            \               /
     .     ,イ丕丕心\        /イ丕丕心、
     .     んフ'´  `守]}----------{[レ'´  `守ハ
          {f从      \___/         从f}
          `寸ゎ。_      `丁丁´       ,ィif夕′
           `寸ゎ。_    _人人_      ィif夕′
             `寸ゎ。  ( (( ̄)) )   ィif夕′
               `寸ゎ_ `[ ̄]´ ,ィif夕′
                 `寸う_〈|__,|〉_んフ'´
            r‐ァク_/{===|_|===\_くヌ‐┐
            |彡'     ̄ (_)      乂_|
     .       (_)/         |_|         ヽ(_)
          (_)             (_)         (_)
     .    /\__         |  |       __/ヽ
     .    \三三三二ニ==―――==ニ二三三三/
             ̄  ‐-============-‐   ̄




薔薇水晶「うっ!? こ、これは真紅の…生首が台の上に!? な、何故!? 頭部だけが?」

翠星石「ひぇええー! グロ注意! グロ注意ですぅ!!」

薔薇水晶「台の中に体が埋まっているわけでもない…! これは本当に頭だけですよ」ヒョイッ

翠星石「ど、どこのどいつですか! 人形の頭を切り取って飾るだなんて悪趣味な!」

薔薇水晶「翠星石の話で聞いた矢も頭に刺さったままですし、レプリカとかの類でもなさそうです」マジマジ

翠星石「生首をマジマジと観察するなですよ薔薇水晶~」

薔薇水晶「正直、理解は追い付いていませんが、どうせ真紅の他のパーツは別にあると思われます」

翠星石「そりゃまあ、真紅の事ですから、残りの体を取り戻しさえすれば勝手に復活するですよ…多分」

薔薇水晶「……」

翠星石「でも、こんなモノいきなり見たらビックリするに決まっとるだろうがですぅ」

薔薇水晶「…真紅の残りの体はまだこの館の中にあると思いますか?」

翠星石「ないと思うです。ゴリラのメダル探しとかで全ての部屋をこれでもかってぐらい漁ったですから」

薔薇水晶「…ですよね。ということは…」



§ 洞窟最深部(蒼星石&雪華綺晶)

蒼星石「ちぇすとー!」ズバズバズバ

雪華綺晶「お見事ですわ。おそらく、道を阻む菌根による怪物はこれで最後。ここが最深部のはず」

蒼星石「ふぅ…。まさか、僕が庭師の鋏のカシメ(留め金)を外すことになるとは…」

雪華綺晶「鋏のカシメを外して二刀流…にするのかと思いきや、ただの片刃での一刀流でしたよね?」

蒼星石「……」

雪華綺晶「もう片方は脇差のように腰に差しただけ。わざわざ庭師の鋏を分けた意味があるのですか?」

蒼星石「意味はある。ただ、今回は二刀流に意味がない」

雪華綺晶「…と言いますと?」

蒼星石「二刀流はある意味、魅せ技だ。ドールズや村人達相手ならハッタリが効いて十分に有効だが…」

雪華綺晶「この洞窟内で現れた、菌根そのものが形を成したような怪物には効果が薄そうですわね」

蒼星石「そういうこと。カシメを外して鋏を二つに分けたのは片方を予備にしたかっただけだ」

雪華綺晶「予備があるのとないとでは、精神的な安心感が違うといったところですか」

蒼星石「臆病と思うかい」

雪華綺晶「いいえ…。実際、安心は大事です。そして、ようやく見つけましたわね…紅薔薇の御姉様を」

蒼星石「ああ、いるのは間違いないと思っていたが。この最深部の菌根の核に埋もれてしまっている。引き剥がさなくては」

雪華綺晶「私の見間違いでなければ、あれはボディ…胴体部分だけですよね?」

蒼星石「うん。頭部と…両腕両脚が無い。どうやら、もぎ取られたらしい。ローザミスティカは胴体部分に残っているようだが」

雪華綺晶「冷静ですね。妹がバラバラにされているというのに」

蒼星石「薔薇乙女がバラバラになるのはもはや珍しくもない」

雪華綺晶「……」

蒼星石「君だって僕のボディをバラして、巻かなかった世界に送り込んだことがあっただろう」

雪華綺晶「その節は御無礼いたしました」

蒼星石「それよりも問題は、どうして真紅のボディがバラされたか…だが」

雪華綺晶「経験者の私から言わせてもらいますと、丸ごとそのままではエナジーが大きすぎて持て余すから…ですわ」

蒼星石「なるほど。そういうことなら、東西南北に姉妹達を割り振ったのも無駄ではなかった」

雪華綺晶「ここが一番、怪しいと踏んでおきながら、他の方角にも行かせたのは…こういう事態も予想して?」

蒼星石「ひょっとしての、もしかしたらの、今回で一番自信がない予想だったんだけどね」

雪華綺晶「とは言え、こういう風にバラしたなら、パーツは均等に距離を取られた上でエナジー吸収措置しているかと」

蒼星石「ああ、薔薇乙女同士は引かれ合う。きっと翠星石達それぞれで真紅の部品を見つけているはずだ」

雪華綺晶「では、皆と合流するために洞窟を出て、村の中央広場まで戻りますか?」

蒼星石「洞窟は出る。しかし、中央広場には戻らない。このまま現世に…桜田家に帰る」

雪華綺晶「…承知しました。それでワタハミ亜種はこのまま放置でよろしいのですか?」

蒼星石「うん、それは放置でよろしいよ雪華綺晶。数日かかるだろうけど、やがてワタハミ亜種は枯れて尽きる」

雪華綺晶「ワタハミ亜種の菌核から紅薔薇の御姉様を引き剥がしたからですか?」

蒼星石「いや、ワタハミ亜種が真紅のエナジーをミスティカもろとも取り込もうとしたからだ」

雪華綺晶「……」

蒼星石「敗北を認めないローザミスティカは猛毒。そのルールが適用されるのは姉妹間だけではないらしい」

雪華綺晶「苺の御姉様の尿だけで満足していればよかったものの、ワタハミ亜種は欲張りすぎましたか」

蒼星石「これはオフレコでお願いしたいんだけど、僕の目的は真紅救助ではなく、この土地を救うことだった」

雪華綺晶「本当にギリギリアウトになってから真の目的を明かしますわね、蒼薔薇の御姉様は」

蒼星石「僕の悪い癖だね」

雪華綺晶「それも仕方ないですわ。真紅の危険性でエドラントが汚染されるかもだなんて、誰も信じません」



§ 貯水池だった穴(金糸雀&雛苺)

雛苺「あーあ…、金糸雀のせいで水門が開いて水が全部流れちゃったの。絶対に後で怒られるのよね」

金糸雀「そ、そんなこと言ったって! 配電盤パネルをメモのとおりに揃えたら勝手にこうなったのかしら!」

雛苺「パズルみたいでおもしろそうって、金糸雀が遊び半分でいじるからなの!」

金糸雀「ノーカン! ノーカンかしら! カナは悪くない! 無実…! 天地神妙に誓ってカナは無実…!!」

雛苺「…でも、そのお陰でこうして真紅の両脚部分を見つけてあげられたのよね」

金糸雀「どこの誰だから知らないけど、池の底に両脚部分だけ沈めるとか猟奇的にも程があるかしら」

雛苺「この太ももには5ナンバーの刻印(ローゼンサイン)もあるから、真紅の足で間違いないなのよ!」

金糸雀「この感じだと、東西南北でパーツ別れているっぽいわね」

雛苺「一度、これを持って村の中央広場に戻った方が良いのよ?」

金糸雀「そうね! きっと水銀燈や蒼星石もそれぞれがパーツを持って集まるはずだわ!」



§ 研究所最高機密エリア(水銀燈&珪孔雀)

珪孔雀「ぬわぁ~ん! 疲れたんだから、もう~!」

水銀燈「弱音を吐かないのぉ…、と言いたいところだけど、私ももううんざりだわぁ」

珪孔雀「帰りたくなりますよ、本当~! なんでこの研究所! エレベーターとかのヒューズが全部外れて迷子だったんですか!」

水銀燈「私に文句言わないで」

珪孔雀「しかもカードキーの類もご丁寧にレベル1~3まであちこちに散らばっている始末! 整理整頓ちゃんと!!」

水銀燈「喚くのももういいでしょう? ようやく目的のブツは見つけられたんだから」

珪孔雀「…それ、本当に真紅お姉様の両腕なんですか? ご大層な装置に繋がっていましたけど」

水銀燈「珪孔雀にはまだ分からないかもだけど、妹ってのはパーツだけでも何となくそうだと理解できるもんなの」

珪孔雀「……」

水銀燈「まあ、真紅の腕だけ眺めてやるのも、これが初めてではないからね、私は」

珪孔雀「…ええと、ここに両腕だけがあったってことは、ひょっとして真紅お姉様はかなりバラバラに?」

水銀燈「少なくとも、封印されしエクゾディア並にはバラけているでしょうね」

珪孔雀「エクゾディアは両腕セットではなくて、右腕と左腕でさらに分かれていますが」

水銀燈「いいのよ、細かいことは」

珪孔雀「…これからどうします? 多分ですけど、他のパーティもそれぞれ真紅お姉様を見つけているのでは?」

水銀燈「それがお約束よね」

珪孔雀「じゃあ、村の中央広場に戻ってお姉様達と合流するのが良いですよね!」

水銀燈「……」

珪孔雀「きっと蒼星石お姉様達も合流しようと考えるはずです」

水銀燈「合流は正解よ。でも、村の中央広場は良くない、少し…」

珪孔雀「え…?」

水銀燈「私達は極力、ワタハミ亜種感染者をスルーして来た。だから中央広場にはまだわんさかいるはず」

珪孔雀「あっ…!」

水銀燈「こういう時は珪孔雀、流れ解散よ。それが薔薇乙女の流儀!」

珪孔雀「!?」



真紅ハザード・ヴィレッジ 【終】



【翠星石&薔薇水晶】
村の中央広場に戻りかけるも、薔薇水晶が途中で考え直して桜田家にルート変更して帰宅。

【蒼星石&雪華綺晶】
ちょっぱやで桜田家に到着。

【金糸雀&雛苺】
村の中央広場に戻って、寄生体と激闘を繰り広げる。
他の姉妹達が一向に戻ってこないことに違和感を抱くまで半日かかった後、ようやく最後に桜田家へ帰宅。
寄生体の村人達はその数日後にワタハミ亜種が枯れたら正気に戻った。

【水銀燈&珪孔雀】
水銀燈はそのままローゼンの箱庭に直帰。珪孔雀が両腕を桜田家に届けた。

【真紅】
桜田ジュンが『このままでいい』と言って、分解状態で厳重に封印するも、翌日なぜか完全復活。




関連記事
2021/06/06 21:53:05 コメント10 ユーザータグ ローゼンメイデン

コメント

※166502 :No name:2021/06/06 22:17:42
珪孔雀が水銀燈とカナを最早ペアと認識してたのが良かった。やはり公式。カナ銀は公式カップリング…!

あとSLPYは流行りを消化していい感じの設定に変えて話作るの上手くてスゴイと思った。
※166503 :No name:2021/06/07 02:27:16
>翠星石「えぇ、なんですか、それは…? チビ苺の尿にそんな効果があったとはたまげたですぅ」
そうなった原因はお前なんだよなぁ…

真紅ちゃんは完全復活した際なんですぐにくっつけなかった!ってJUMを折檻してそう
※166504 :No name:2021/06/07 07:08:48
五体バラしても復活するとかもう(倒す手立て)ないじゃん・・・
※166505 :No name:2021/06/07 08:14:28
雛苺による大尿嘯というワードに反応できるだけの理性が残っていてよかった

贄といえばベルセルクなのですが、AA的に違ったからもやってます。
教養不足なので精進せねば
※166507 :No name:2021/06/07 12:02:40
管理人バイオ8やってるのかw
要所の流れがそのままで草
※166508 :No name:2021/06/07 13:35:49
>>(๑˘ω˘๑)スヤァ
汚い顔文字だなぁ
※166509 :No name:2021/06/07 17:55:59
ワタハミ亜種も真紅エナジーで枯れ麻酔も時間限定なのか
ねぇこれ真紅ほっといても自動で復活して戻ってきたやつなのでは…?
※166510 :No name:2021/06/07 18:01:49
※166509

>>蒼星石「僕の目的は真紅救助ではなく、この土地を救うことだった」

だからへーきへーき。
蒼星石くんもそう思ってたって。
※166514 :No name:2021/06/07 20:15:17
水銀燈が珪孔雀に面倒見のいいお姉ちゃんやってるのがいいっすね。
そして金糸雀への信頼が厚いのがなおいい。
※166574 :No name:2021/06/13 10:35:42
久々に過去話も読み返してきての新作も楽しませていただきました!金銀の信頼の厚さ、読むたびに増してますね。さりげなく危険な道を選ぶ蒼と雪の会話も好きです。

コメントの投稿

« ホモAAで振り返る範馬勇次郎 | プログラムをアナルプラグに言い換えても命令されるがまま »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.