SLPY

●PC版●スマホ版

§ 主な登場人物の紹介AA崩壊している場合はこちらへ

             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   ?h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.::.:../
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:./
         / :::/イl|  l|  ::|      i′|:rレ   ト :.:.:.:.:.:.::.:.:.:..:.:/
        ./::/ /.:.:.:.  |  |              |/.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:\
        レ'゜ / /  iヾ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ/
          //'/⌒!|  =彳o。ト ̄ |ト==、|  '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
           レ'! ハ!|ヾヽ ー─ '」|i   !  `'   '' " |/||ヽ l |
            | | /ヽ! ヾニ==== |   ヽ====='   |ヽ i !   【桜田ジュン】 見ての通りいい男だ
            ヽ {  |           !           |ノ  /
             ヽ  |        _   ,、            ! , ′
              \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                `!                    /
                ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                    |\      ー ─‐       , ′!
                   |  \             /   |
              _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
         _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


                __r‐、_r‐-、
              /::::::::::::::::::::::::::::`ト、
              〉:::::::>-‐……‐-〉:::\
              /::::/        \:::::‘,_
              〉::::,'  i i i !   i  i i l_:::::ヾ:〈    【真紅】 ローゼンメイデン第5ドール
                |_::::{ /|ハハ∧/l/lハ| i〉::::|i:::〉         他人を煽るのが大好きだが自分が煽られるとすぐキレる
               l_人_! ( ^ )   ( ^ ) j.ノ:::::@ノi
             i^>|八wx (_人_) wx.| |>く⌒i    ───
               ヾ;::|_l::i:≧=‐- -‐=≦|_|i:::::::;ゞ'i        ───
               〉=r':!:f⌒@⌒i::::::〉=r'ィ´j ノ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   `ソ`ヘヽイハヽイ::::::`ソ'´ィヤニ>、  ̄ ̄ ̄ ̄
                     /`::^^^:::::::¨´:::丶、辷彡く
                r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ソ 
               ○ __``ヽr'ーvし几ノ`ー^ー'´__ ○
                (_) , --- 、 ,.--- 、 (_)
                 ヽ _ノ ヽ _ノ


                     _r'ミ_
                  ..:::´::::`ー‐':::::`::.
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              ____:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|____
               /: : : -‐从:::::::::::::::::::::::::::::::::::从: : : : :\
             〈: : : : : : : :-=\:::::::::::::::::::::::/=-.: : : : : : :〉
               >{: : : : :_:_:_:_:_r>/⌒Y¨ヽ:_:_:_:_: : : : :.:./.、
          /:八: :/:::::::::::/_<⌒ヽi_r'¨}::::::::::\: : /:: : \
          \:: : ゞ=-t=彡' :i       ,  ̄ゞ==≠:: :: ::./
           }:: :: ::/ |: -十!    ァ┼-  \:: ::.::.::./
           人_/   八  {人    / |  イ  \_:_/,
           /  八   l|`.ィ笊x`  ´ィ笊x }  / |  ‘,
           ≧={: \ 八 弋ツ   弋ツ .厶ィ´ /   }   【雛苺】 頭脳も膀胱もおめでたい第6ドール
             {_r>=-/丁     '      / }=彡'==彡'
           了{三>-{三三} {   } {三三}<三}
                /: /-'^ヽ>  __ <了^寸: \
             |: : :|rt、j-'¨:, :: :: :: :: :: :: :: ::`-、r`i: :.}
             |: : :l/^::./::/:: :: :::: :/:i|:: :: ::.::.',::.¨'.,: :`i
               /|: : ,':: :: |:: ::/:: :/}:八: \:: ::|:: :: ',: :.|ヽ
.          , /: : : :{:: :: :|/≧ェ'. /' ェ斗匕::.}:: :: :}: : : :',、  【翠星石】 何もかもおめでたい第3ドール
.        //:〈 ̄ ̄|=彡:'行ェx     xェ行∨:: :: ハ: : : : ',\
.       /:.:/_>ヽ.} |:: :: ',.弋zツ    弋zツ/:: :: /从=ニニミ、\
.       /-=≠::// ̄ミ=、:: :\    ,     厶ィ´三/ ̄¨=- 、ヾ:=--、
─〈 ̄-‐¨::::::/:::://    ‐l}.」─‐ `.  A   ィ‐〈__r', { { { r宍─、::::::::〉───
.  `ー-===ニ彡∧_二7         ̄          ¨゙ 亠亠'|ヾ \ \´
          /    〉                          \____」
        〈__/                         〈 ̄ ̄ ̄\
    〈 ̄ ̄ ̄\                               \____.」
.     \___〉                              〈 ̄ ̄ ̄\
 〈 ̄ ̄ ̄\                                   \____.」
.  \___〉


       【水銀燈】 いつまで経っても最凶の逆十字を主張する第1ドール
                -‐======ミ                   ____
           / ./:::::::::《@》::::::\              i\       `   .._
      .     /   /:/`^⌒^⌒^⌒^ヾ            __|ニニニ=- .,,_        \
      .        {/  /,  i    i  ', ',           iヽ|\ニニニニニニニニ=------‐〉
         i   くj!〉.∧|\|\/|/i,ハ }〉         マ=\ `゛'‐=ニニニニニニニ=‐xく
         |   ,小、{  ○     ○ jイ{.          , '´\ニニ≧=‐--------‐'´-‐.>
         l    (⌒ヽ.   ー   /)!.        /: :、: : `''‐=ニニニニニニニニ=‐ャ'´
         |.ト-- {ニ二}=‐- -‐={二}/イ        レト、_:`ニ=‐: : : : : : : : : : : : : :.}
         l `Z::::〈::::ノ:::::{ 薔 }:::{:::ノ':〈         `i о i: : : : i: : : : : : : : : :/
     /\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\. 八   |: : : :/ : : : : : : i:/
     /: : : \                            \ ≧=}_. イ_:ノ:ィイィ'´′
    /: : : : : : \                         γi ̄ ̄^ヽ:::::::::\ヽ   【蒼星石】 万能な第4ドール
    /: : : : : : : : : \                     人_、__,,.xr=ヘ:::::::::::`}
   /: : : : : : : : : : : :.\                    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::"´!
  / : : : : : : : : : : : : : : \__________|::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::\
  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::::::::::::l: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i
    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::::::::::::|:::============:::|
      \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:l\::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
______>、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !  \::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l     \!:::::::::::::::::::::::::::(◎)::|
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
                               l      |          |
                                 \    |          |
                                 \   !           |___
                                     \l_______!


          .f^Y^!
   f^Yl     \/      .fY´)
    \|               |/
                 '
      <三三三|‐-ミ      【珪孔雀】 企画ものの第8ドールなので企画ものが好き
    ./ @ .>=┘   `
   /三三/ `(      \ \   __________
    /   /  / \ \、 ヽ  . :|!¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨|
      i   /    ` =ミ、    |!                    |
    }     .  =     = ト  } |!                    |
    } 八 (     (_ソ  .ノ   |!                    |
   .乂 ≧-≧=‐-/⌒Y⌒ヽイ  |!                    |
       ⌒.≦ y }!/\ j /}   :|!__________|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Q〔三三三三三三〕     j     〔
                    (____f========1


        _
      〃 ̄`       - ―  ‐ - 、
      {!     /      r 、_ィL ,J`ー 、
      ゞ、    /  ヘ    /  ヘ_ィ、ッ-<ュ ゝ
       `ー-/ //   `ー 、≧ イ  《薔》ャ、ハ
         /彡        `ー、_ 〃l| |ト、 }}ハ
         l / __ノ ゞ、__  ヾ.jl || ヾ' l
         lイ ___    ____   ヽ |l  }! l
         l l  l {j テ 三  l {ij } ノ   ミ     !   【金糸雀】 声がでかい
          l} ー≠    ==-    ミ   ノ
       ,-=i      /)       , -= Y⌒V
      〃  { /`'`' /        〃   り l
      l{   /   ノ         |lー- 、 ノ
      ヽ ∧ハ べ′ー=== _, ゞ _ ヽ
        ノ     \ ̄: :o: : / >≠ _ノ
       l       廴 : o: :/  ゝ、  /\
    ((  ∨     丿  ,ヘ、    ミニ丿  }
        ∨   /  /  ヽ   、__}!   /
        `ー一´           ~    \


                       _ィーy、 _ _
                 ,ィ'.´〈 ゝメノl_    ̄ ``ー、トー、
                /  〃ゞ≠彳ヽj       ヽノゝ
                  /   '´ /((   ″       ヘ彳
                   ,'     /  `   i  l    l   l! ',
              /    / l    l(十‐l!-   /__ i  .l  l
                /    / ト、ト、 、ヘr-イヽ、ト、/ィュ/`/ l /  【雪華綺晶】 失われた自由を謳歌する第7ドール
            /   / / __ ` ヽ!`乂.ツ  辷ノl./ / /
           /   / ./  ) 'ー-、/  ((     ,'/ /
          /   /  /  /   ノ \  i ̄ フ ノ`フ
         /   /    /   l   ´ `), -、`ー ̄- '´_/´ヽ
        /    / l  / l   ヽ    〉_l l ̄`l l.'´ノ  .〉
        / / / l    l   ヽ,、ェ./  /ミト、_'ー´!__イ_____r‐-、
.      / / /. .l    /   (三彡ゝ="==二三三三三三三三三リ
 ノl   / / /   .l    /  /ト、`l   /_ー'´T ̄| ̄ ̄ ̄"ノ.ゞ彡"
.(_ `ー'´./ /  /   / /イ ̄ ノ 'ー‐'´   `'ー!  l、\_,、-‐'´ ̄
   ̄ ̄/ ./  /   / /<二/|  ̄       l  l薔)
     ∨ /   // l// .|/          l  l ヽ二>
       / , -‐'´/.// _.、.     l!     l  l  lヽ
     / /  ./ //! ./   `、  |ヽ lム   / l  l ト、l、ヘ
      l./   /.//ィ'´ l.  /`ヽヽ!、`l ヽ,.、/ィjl  l/、_`ヽl    【薔薇水晶】 雪華綺晶をベリアルだとすると彼女がジード
     |′  〈 〈   ̄!´.\! ><\ ┬┬  .《l  l ゝ_ ̄ヽ_
         ヽ ヽ   l/ ̄ \ .,.--ヽ││  / /、   ̄´  ̄〉
          〉 〉〈´ー、_::〈   ヽ\ ワ / /l:::: ̄/ー-‐'´
            / / / \_:::::::::〉、  ノ x \/ /ー'::::::/
        // /      l::::::|:ヽ_/ヽ_  ヽ/::::::::::/
       // ./   ,、_ .l::::::|::::::`フ´::_ノ ̄|´´l ̄´
     //  /  r'|:::::`'´::::ノ::::::/::::__):l  l.  l
    //  / /   〉ー、::::::::::::ー'´:::ノ::::::l  l   l
.   //  / ./   /:::::::ヽ_ノヽ:::::__ノ::::;ィ'l  l  l
   '´   /  /   l:::::::::::::::::::::`´:::`ーイ:::l  l  l
       / / /  / l!:::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::l  l::l /
    /'´  / /r‐'\:::::::::::::::::::::::::r‐'´:! .l:::l./
         /´, -、`ヽ:::ヽ::::::::::::::::__ノノ`.l  l_::ヽ‐ ' ´`ー、_
        ,ィ´ ̄`ヽ`ヽ、:::__::::::::::ノ /__/三彡`ー'       ヽ
     /::/ ̄ヽ::\ \ `ー'´_,ィ'´ l三三リ:::l ̄ヽ、    ヽ
     /:::/     ヽ::ヘ  ヽ ̄l´::::::::l/O三三!::l ‐-、 ヽ     ∧
    ,':::/  __   ヘ:::\ ', l:::::::::::l三三三ミ!:l!三ミ、. ',   ./:!
    l::;'   / \   l::::::::\! l:::::::::::l三三三三!l三三! l   /:::l
    l::l  l   ',  l:::::::::::::l .l::::◎:l三三三三!ノ三三!.l  l:::::::::!
    l::l  l    l   l:::::::::::::l. ゝ、__ノ\ミ|三三|三三ノ. l  l::::::::l
    l::l  ヽ  /  l:::::::::::::lー―――'´|三三| ̄ ̄ .ノ /:::::::;'
.     ';:',   `ー'    ,'::::::::::::l―――――――――.'´ /:::::::/
     ヘ:∨     /::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::ヽ ̄´/:::::::/
.      ヽ:ヽ    ./::::::::::::/          ヽ:::::::: ̄:::::::::/
      \:`ー‐'´:::::::::/            `ー――'´
       `ー―― '´



§ 年も明けておめでたムードな桜田ジュンの部屋
                         人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
              .ィ/~~~"ヾ.    Σ                           て
            、_/ /  ̄`ヽ}     Σ  どーもーー! 真紅100%でーっす!    て人__人_
 _______ .》@ i(从_从))     Σ         イエエエエエェーーーィ!!        て
 |__       ヽ.||ヽ|| ^ω^ノノ     ⌒Y⌒Y⌒Y)                          て
 |\_〃´ ̄ ̄ ̄ ヽ..ヘ(   )  ミ  .ィ/~~~"ヾ    Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 | |\,.-~´ ̄ ̄       >  、_/ /  ̄`ヽ}   
 \|∫\   _,. - 、_,. - 、 \    .》@ i(从_从))
   \   \______ _\  .||ヽ|| ^ω^ノノ
    \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  ≦  (  ヘ)
      \||_______ |     <


翠星石「わーっ♪」

雛苺「やんや! やんや!」

真紅「さあ、見さらせ私のお盆芸! よっ! ほっ! はっ! ずおりゃあっ! いつもより多く裏返しておりまーす!」


    .ィ/~~~"ヾ.
  、_/ /  ̄`ヽ} 
  .》@ i(从_从))●
  ||ヽ|| ^ω^ノノノ ハッ !!
    (ヽ )
    <●>

    .ィ/~~~"ヾ.
  、_/ /  ̄`ヽ} 
  .》@ i(从_从))
  ||ヽ|| ^ω^ノノ ホッ !!
    /(  /)
  ● <●>


翠星石「フーッ! 見えそうで見えないギリギリを攻めてくるですねーっ!」

雛苺「これがローゼンエンターテインメントなのー!」

ジュン「下品な真似をしてるんじゃあない。乙女の癖に…」

真紅「何よ? ジュンだってさっきから私のことをチラチラ見てるくせに」

翠星石「そうです! チラチラ見てただろですぅー!」

真紅「見たけりゃ見せてやるのだわ。ホラホラホラホラ!」

ジュン「だから、やーめーろーよー! 恥じらいが無いのか貴様!」

真紅「まだまだ! 真紅ちゃんのエンタメは留まることを知らないのだわ!」パァーン

翠星石「こ、この破裂音!? そして、ソニックウェーブ!? 真紅のお盆を裏返す速さが音速を突破した…!?」

雛苺「あややややや! これはもう真紅100%じゃないのよ! 真紅120%…いや、真紅400%なの!」

真紅「うおォン! 私はまるで人形風力発電所だわわわわわわぁーーーーーっ!」スパパパパ

ジュン「マジでやめろ真紅! 音速を超えたお盆の動きによる風圧で部屋の中がメチャクチャになっていく!」

真紅「走り出したら止まらない。それがキアヌリーブス、スピード」しゅぱぱぱぱぱぱ

翠星石「これは…もう見届けるしかないですよ! チビ人間!」

ジュン「見届ける!? 何を!?」

雛苺「真紅はもうすぐ“スピードの向こう側”へとダンスっちまうのよね!」

真紅「見えてきた! 見えてきたわお父様ぁあっー! 勝利の感覚が! スピードの向こう側がーっ!」シパパパ

翠星石「イケイケです真紅! 止まるんじゃねぇですよー!」

雛苺「止まるんじゃねぇのー!」

真紅「あふんっ…!?」バチュン

雛苺「うゆ!? 真紅が消えたのよ! 突然!」

翠星石「こ、これは一体どういうことです!? 何が起きたですか? 何故、真紅が消え…!?」

ジュン「あまりの超高速に真紅の体が耐え切れずに粉々に消滅したんじゃあないのか?」

雛苺「そんな…!?」

ジュン「超スピードで暴走状態とかに陥らず、静かに消えてくれて助かったな」

翠星石「いや、そうとは限らんですよ。nのフィールドを介した高度な瞬間移動をしたのかもしれんです」

雛苺「スピードの向こう側と夢の扉はほぼほぼ同じだったなの…?」

ジュン「何にせよ、厄介者が消え失せたことには変わりない。散らかった部屋を掃除しよう。二人とも手伝えよ」

翠星石「げろげろ」

雛苺「えぇ~?」

ジュン「露骨に嫌がらない。お前らが真紅を煽ったせいでもあるんだからな、この惨状は」

???「ふっふっふっふっふ」

翠星石「むむっ!? これは真紅の声? 帰ってきたですか、真紅が!?」

ジュン「もう再生しやがったのか…」

雛苺「でも、声は聞こえても真紅の姿が見当たらないの!」

???「私はあなた達の目の前にいるのだわ。このタマナシヘナチンども!」

翠星石「目の前~?」ジロジロ

???「ほらほら、このとおり」ペチン

翠星石「むむ!? 何者かに頬を叩かれたですぅ?」

雛苺「ま、まさか真紅が透明人間になったのよ!?」

透真紅「その通り。理解が早いわね雛苺」

翠星石「アイェエエエ!? インビジブル真紅!? インビジ真紅ナンデデス!?」

ジュン「何故、透明なんだ?」

透真紅「スピードの向こう側に到達した私は、微粒子レベルで常に高速振動する存在となったのだわ」

ジュン「はい?」

透真紅「鉛筆を手で持って高速で振ると見えなくなるでしょ? それと同じこと」

翠星石「なんですとーっ!?」

ジュン「微粒子レベルの…? 超スピードで目にも止まらない速さで動き続けているとでも…?」

翠星石「ウルトラマンレオのバイブ星人ですか、てめえは」

透真紅「そう! この真紅400%は静止していながらも、超音速に到っている」

雛苺「い、意味が分からなさすぎて怖いのー! 助けて、トゥモエー!」じょぱぱーん

ジュン「こ、こら雛苺! 盛大にお漏らしするな…!」

透真紅「ぐわーっ」ビシャシャシャシャ

翠星石「なんとっ! 雛苺の尿を浴びた真紅の姿が一瞬だけ浮かび上がったですー!」

ジュン「やつめ、マジに透明人間…じゃなあくて透明人形になったのか」

透真紅「よくも、おしっこをひっかけてくれたわね雛苺! こいつはメチャ許せんのだわ!」

雛苺「あやややややや…!?」ガクブルジョワワァ

透真紅「くらいなさい! 透明である事を最大限利用した透明真紅パンチを! うおおおー!」

翠星石「なんと! 見えない攻撃!? これはかわしようがないですよ!」

ジュン「危ない雛苺! どこか分からんが真紅が襲ってくるぞーっ!」

雛苺「分かるの! ヒナには分かるのよ!」ササッ

透真紅「何ぃ!?」スカッ

翠星石「え…? 避けることができた…ですか? チビ苺が透明真紅のパンチを!?」

透真紅「な、何故…!?」

雛苺「匂いなの! ヒナのマーキングによって、真紅の位置は丸分かりなのー!」

透真紅「なんですって!?」

翠星石「チビ苺…恐ろしい妹ですぅ。先ほどの失禁は狙ってやっていたですか」

雛苺「そうなの! ヒナのやることは全部、何から何まで計算なのよ!」

透真紅「うぬぬぬぬぬぬぬ…! ええい、ここは一旦、退散よ! あとで復讐してやるわ!」ダダダダッ

ジュン「こら!? どこへ行く気だ」

透真紅「ムハハハハハハ! どこかで体を洗って匂いを消してくるのだわ!」

雛苺「ッ!?」

透真紅「いつ復讐に来るとも分からない透明人形の恐怖に怯えるがいいわ雛苺! ムッハハハハハハ」

翠星石「むむむ…! 奴め、お風呂場にでも行く気ですか?」

雛苺「違うの! この匂いの遠ざかり方は…! 透明真紅は玄関から外へ出たようなのよ」

ジュン「無茶しやがる。車にでも轢かれたら、どうするつも…」



ドグシャァアアアアア!


轢真紅「あばーーーーっ!」



雛苺「この匂いは!? 真紅が玄関を開けて道路に飛び出して、0.2秒で車にはねられたみたいなのー!」

翠星石「いきなりですか…」

ジュン「どこかで野垂れ死にされるよりは、家の目の前ではねられた方がまだマシか」

翠星石「早いとこ真紅を回収するです。今ならまだチビ苺の嗅覚で分かるはず」

ジュン「そうだな。透明のまま家の前に転がられていたら、二次被害が広がる」

翠星石「ほら、翠星石達も外に出るですよ! お前が頼りですチビ苺!」

雛苺「うぃ! お任せあれなのー!」


§ 桜田家の真ん前の道路

轢真紅「ぐはーっ! ぐはーっ! ま、まさか手加減(ブレーキ)ゼロの自動車の威力がこれほどとは」ピクピク

雛苺「あっ、ボロボロで全裸の真紅が地面に転がってるのよ! 透明じゃあなくなってるの」

翠星石「これはなおさら早く回収せねば! ご近所さんから色々と誤解されるですよ!」

ジュン「全くだ! 本当に迷惑ばかりかけやがって、アイツ!」

雛苺「自動車は真紅に気付かずに行っちゃったみたいだけど、何で真紅は見える状態に戻ったのよね?」

ジュン「自動車に吹っ飛ばされて、真紅の微粒子レベルでの超音速状態が解除されたんだろう、多分」


§ 桜田ジュンの部屋(真紅はジュンの絆マイスターパワーで復元されました)

          -‐……‐-ミ
     /             \
.     /   /           ヽ
   .'   /   i  i  !  i ! i i ',
    i  八  |、N\l\/|/l/jハ ハ   フーッ! 死ぬかと思ったわ
    |.    ヽ、! ( ^ )   ( ^ ) jイ
    |     i| |xw (_人_) wxハ|     だんけしぇーん 皆の衆!
    |    /| l≧=‐- -‐=≦_| |
    |   ,{:.トL:_`丶、   /´: 」_|_
    |.  / : 〉=r': : : : \/: : :〉=r'
    |/i : : `ソ : : : : : : ‘,: :`ソ:\
   /: : : : : : : : : : : : : : : :〉: : : : : : ヽ
.   {: : : : : : : : : : : : : : :イ: : : : : : : :/
   \: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : /
    \: : : : : : : : /---‐=≦
      `¨¨¨¨¨¨´

ジュン「反省しろ。刹那のテンションに身を任せるな。そして、いい加減に服を着ろ」

翠星石「少しは後先考えて行動しろですよ真紅ぅ…」

裸真紅「しかし、透明人形となった時に私にもたらされた多幸感、全能者的超越感覚は実に不思議なものだった」

雛苺「…?」

裸真紅「まるで私の歯車と世界がピッタリとかみ合ったような、宇宙の真理さえ見えた気がしたわ」

翠星石「それが何だと言うのですぅ?」

裸真紅「アリスゲームを制し、アリスとなった時にもあれほどの感動は無かった」

ジュン「マジで!? 透明人形の方が究極の少女よりも上なの!?」

裸真紅「であれば、私が一時の激情に身を委ね、道路に飛び出すことも当然ではないだろうか、いや当然である」

雛苺「あややややややや…! 相変わらず真紅の言うことはイカれてるの…!」

裸真紅「まだ、話は終わってないわよ雛苺」

翠星石「えっ? 続くんですか、その与太話」

裸真紅「微粒子レベルで超音速をまとった私と、ノーブレーキ自動車との超激突…。そこに発生した超パワー…」

ジュン「…?」

裸真紅「その超パワーによって、私の可能性の殻がまた一つ破られた」

翠星石「……」

裸真紅「つまり、ドラゴンボール超で言うところの身勝手の極みに覚醒したのだわだわ」

翠星石「そ、そう言われれば今の真紅からは静謐でありながら熱情のオーラを感じるですぅ!」

ジュン「そんなわけあるか。真紅のはただの自分勝手の極みだろう…」

極真紅「何を言うのよ! くらいなさい、ジュン! これが…! 極み真紅の身勝手の極みパンチよ!!」ズバッ

ジュン「はいはい…」パシィン

極真紅「なっ!? 廻し受け…!? 見事な…?」

翠星石「極み真紅の渾身のパンチを軽々と受けたです!? チビ人間が!?」

雛苺「すごいのー! カラテなのよ! ノー・カラテ・ノー・ジュンなの! クソポジなの!」

極真紅「それを言うならクソポジじゃあなくて、クロオビよ雛苺」

翠星石「しかし、意外です! チビ人間いつのまにカラテをマスターしたですか!?」

極真紅「まさか…!? カラテ大王に体を売ったわね! そうに違いないのだわ!」

雛苺「カラテ大王の厳しい密着指導で、ジュンは拒むことを知らないウケ体質の雄野郎になったの…?」

極真紅「不潔よ! ジュン」

ジュン「お前の発想が不潔だよ。バキをじっくり読んだだけだ」

極真紅「なっ…!? 極み真紅の極みパンチが、そんな漫画を読んだだけのジュンの猿真似の廻し受けで…!?」

ジュン「真紅の身勝手の極み理論だって、アニメの話じゃねえか」

翠星石「理論武装(?)としては、真紅もチビ人間も互角だというわけですか」

裸真紅「いいえ、私の負けよ。身勝手の極みが廻し受けで受け止められたのだもの」

雛苺「真紅…」

裸真紅「潔く、パンツをはくことにするのだわ」モゾモゾ

ジュン「ドレスも着ろ」

パ真紅「そうは問屋が卸さない。私に服を着せたかったら、次の勝負にも勝つことね」

翠星石「次の勝負!? いつから、そういう勝負になったですか!」

雛苺「パンツマン真紅の往生際の悪さは異常なのー!」

パ真紅「さあ、ここからは第2試合パンツレスリングの開始よ! カモン、ジュンジュ~ン!」

ジュン「……」

パ真紅「へいへい、ビビってんのか? オラァ~ン? 来いよ、来いよ! いいよ、来いよ!」

ジュン「……」

雛苺「ジュンが真紅を見つめたまま、全く動こうとしないの!」

翠星石「まさか、真紅で見抜きをするつもりでは…!? いや、だったら裸真紅の時点でしているはず…」


             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   ?h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.::.:../
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:./
         / :::/イl|  l|  ::|      i′|:rレ   ト :.:.:.:.:.:.::.:.:.:..:.:/
        ./::/ /.:.:.:.  |  |              |/.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:\
        レ'゜ / /  iヾ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ/
          //'/⌒!|  =彳o。ト ̄ |ト==、|  '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
           レ'! ハ!|ヾヽ ー─ '」|i   !  `'   '' " |/||ヽ l |
            | | /ヽ! ヾニ==== |   ヽ====='   |ヽ i !   じとーっ
            ヽ {  |           !           |ノ  /
             ヽ  |        _   ,、            ! , ′
              \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                `!                    /
                ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                    |\      ー ─‐       , ′!
                   |  \             /   |
              _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
         _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


パ真紅「ど、どうしたのよジュン。そんなに私を見つめちゃって…」モジモジ

雛苺「パンツマン真紅の様子が変わってきたの!」

翠星石「流石に一人だけでパンツレスリングのテンションを維持するのは、真紅とて難しいですか」

パ真紅「ぐっ…! パンイチだけだと、全裸よりも妙に気恥ずかしい! その盲点をジュンはついている…!?」


             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   ?h    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.::.:../
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:./
         / :::/イl|  l|  ::|      i′|:rレ   ト :.:.:.:.:.:.::.:.:.:..:.:/
        ./::/ /.:.:.:.  |  |              |/.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:\
        レ'゜ / /  iヾ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ/
          //'/⌒!|  =彳o。ト ̄ |ト==、|  '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
           レ'! ハ!|ヾヽ ー─ '」|i   !  `'   '' " |/||ヽ l |
            | | /ヽ! ヾニ==== |   ヽ====='   |ヽ i !   じとーっ
            ヽ {  |           !           |ノ  /
             ヽ  |        _   ,、            ! , ′
              \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                `!                    /
                ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                    |\      ー ─‐       , ′!
                   |  \             /   |
              _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
         _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_


パ真紅「いやぁっ! ジュンボーイの視線のレーザービームがいやらしすぎるーっ! 真紅ちゃん壊れちゃーう!」

ジュン「じゃあ、早いとこ服を着ろよ」

パ真紅「あ、はい」ゴソゴソ

ジュン「靴下が裏返しになってるぞ。ちゃんとはきなおせ」

真紅「あ、はい」ゴソゴソ

翠星石「これで、ようやく真紅が服を全部着たですね」


                   r‐-、_r‐、__
                 ,.ィ´:::::::::::::::::::::::::::\  
              /:::〈 -‐……‐-ミ::::::〈       
          _ /::::::/         ヽ::::\      
          〉〃:::::」 i  i  !  i ! i i ',:::::〈  
      .   〈:::i|::::〈i |、N、_ l\/_,.l/jハ ハ:::/    
      .    iヽ@:::::ト、! ( ^ )   ( ^ ) jイ:::rvヘ┐    元気百倍! 真紅ちゃんフルドレス!
         i  l`Vi| |xw (_人_) wxノ, イ   フ      
         |  |  .| l≧=‐- -‐=≦´::::;;>'"      
         |  | /トLf⌒@⌒i::::::ノ:ィi´       
         |  li/::::〉=r'イハヽイ/:/ !         
      .  丿 ノ`7::_ソ:‐l」::l」:T:〈´ヽ ゙、      
      r<>'"´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::\ニニ>、        
      > く ̄ ̄\::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ彡く    
      `ニ\::::::::/\::::::::::::::,. ヘ ̄ヽフ Y´           
        `ソ ̄/二/  ̄ ̄  ̄ マニヘ                
            〈___〉      〈__〉


雛苺「フルドレスって、眩しいのよ!」

ジュン「何がフルドレスだ。普段の真紅だろ」

真紅「フルドレスなので、任意にパージも可能だわだわ」

ジュン「やめろ。話が最初に戻っちまうだろ」

真紅「ともあれ、真紅100%能力開放&アーマーパージ&透明化は人形の進化を見た気分だったわ」

翠星石「まだ、全能感が凄かったとか、そういう話をするんですか?」

真紅「ええ、私達も人形ならば、最終形態が全裸になるのもある意味で必然!」

雛苺「うぃ。そう言えば、トモエの持っていた古いリカちゃん人形も服が全部なくなってたのよ」

ジュン「子供だったから付属品を紛失しただけじゃあないのか」

真紅「いいえ、来たるべき対話においてはこちらに害意が無いことを示すためにも装備を全て捨てねばならない」

翠星石「パージなくして、対話なしですか」

雛苺「ダブルオークアンタみたいなの」

ジュン「いいや、真紅の考えはガンダムじゃなくて海パン刑事の理論だ」

翠星石「おまけに今回の冒頭で、全裸で透明化した真紅は害意ありまくりだったですぅ」

ジュン「真紅は口だけ乙女だからな」

真紅「対話においては、ぶつかり合うことも稀によくあることよ」

翠星石「こいつ…!」

ジュン「ああ言えばこう言う…」

真紅「ぐふっ!?」ガグッ

雛苺「真紅!?」

ジュン「ど、どうした!? 急に膝をついたりして? 自動車にはねられた損傷が直りきっていなかったのか?」

真紅「いいえ、どうやらこれは透明化の反動のようね」

翠星石「反動?」

真紅「微粒子レベルでの超音速状態は、1秒間に10回の反復横とびを維持し続けることに等しい」

雛苺「えええっ!? 凄い…けど、凄さが何だか微妙なの!」

真紅「よって、真紅ちゃんの膝はもう限界なのだわ」ガクガクブルブル

ジュン「まるで生まれたての小鹿のような震えっぷり」

真紅「ぐああああっー! 膝の震えが限界突破しそうだわーーっ!」パァーン

翠星石「こ、この破裂音!? そして、ソニックウェーブ!? 真紅の膝の震えの速さが音速を突破した…!?」

真紅「うおォン! 私はまるで人形風力発電所だわわわわわわぁーーーーーっ!」スパパパパ

ジュン「もうやだ、この呪い人形…」



【終わりなく透明に近い真紅】   以下、エンドレス。



関連記事
2018/01/12 00:46:59 コメント11 ユーザータグ ローゼンメイデン

コメント

※138686No name:2018/01/12 01:12:53
今年一発目のローゼン話だー
しかしJUMとカナのAAがぁぁぁ(真紅はいつも通りだし)
※138687No name:2018/01/12 01:30:18
何やってんだよ!真紅!!
※138688No name:2018/01/12 01:53:10
情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!
速さ以外すべて足りない!!
※138690No name:2018/01/12 10:11:43
まって、きらきーとばらしーのAA可愛すぎない?
※138691No name:2018/01/12 12:21:17
真紅を冷静にあしらうJUMくんが結構好きだったり
※138693No name:2018/01/12 15:18:00
鏡もちドールカワイイヤッター
雪華綺晶と薔薇水晶が乗っているのはセグウェイ?
パンイチで恥じらう真紅さんもかわいいですね(棒)
※138705No name:2018/01/12 20:50:16
じとーっ(靴下が足りない…)
※138710No name:2018/01/12 22:00:43
いい男と化したJUMが、いくら全裸とはいえ乙女人形に劣情を持つわけないんだよなぁ・・・。
あと真紅=サンの行状から察するに、露出という新たな性癖が薔薇乙女に誕生してしまったか。
※138717No name:2018/01/12 22:50:08
クロックアップとかかな?と思ったらバイブ星人とか懐かしいなおい
しかしばらしーがジードだと槐先生がかわいそうな人ということに…
※138804No name:2018/01/14 00:08:24
静止していながらも超音速に致っているとか
伝説の宇宙サイボーグ空手家ですかい
各方面からネタがテンコ盛り
※138979No name:2018/01/16 23:32:16
ドールよ ある種の事がらは死ぬことより恐ろしい
おまえの「肉体」やわたしの「能力」がそれだ……わたしもおまえも同じだ……
すんません あなたこそ「化物」です!

コメントの投稿

« 「妄想」を「モーホー」に言い換えると違うモノが膨らむ | 映画のタイトルに『元カレ』を入れると話がややこしくなる »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.