SLPY

●PC版●スマホ版

§ SLPY GURUI
出場剣士十一組二十二名
敗北による死者八名
相討ちによる死者六名
射殺二名
アヘ顔ダブルピース六名 中二名重傷
手島竹一郎家伝 写本「駿河大納言秘記」より


§ SLPY GURUI
御前試合の剣士になりかわり それがしがお見せつかまつる アヘ顔ダブルピースはつまるところこのようなもの
それとも殿は…駿河三十五万石を引き換えにされても アヘ顔ダブルピースがご覧になりたいと仰せられるか?


§ SLPY GURUI
隻腕の剣士はダブルピースができるのか?
盲目の剣士はアヘ顔ができるのか?

出来る 出来るのだ


§ SLPY GURUI
藤木のアヘ顔 やや熱いか…


§ SLPY GURUI
「いく いく」
「あい」
「己の顔はどうなっている? 鼻はあるか 耳はあるか」
「あなた様のアヘ顔ダブルピースは まるで稚児のよう」


§ SLPY GURUI
これまでの人生で女人と連れ立った経験のない源之助のアヘ顔ダブルピースは乙女にとって過酷であった


§ SLPY GURUI
弟分の顔がアヘ顔ダブルピースに見えたのは 夜も明けきらぬ薄暗さのゆえ
権左衛門は自分にそう言い聞かせた


§ SLPY GURUI
奥方様をアヘ顔ダブルピースに貶めた 悪根を焼き断つるが御けじめ


§ SLPY GURUI
しかしこの時 清玄が注視すべき部位は源之助のアヘ顔ではなかった
清玄の注意が顔面に集中している隙に 源之助はピースの握りを変化させていた

猫科動物が爪を立てるが如き異様なダブルピース

源之助の脳裏に蘇るものは このアヘ顔ダブルピースを生み落とした日の屈辱か


§ SLPY GURUI
濃尾無双虎眼流の剣圧に泰然と構える月岡雪之介
短慮でもなく温和なこの男が太平の世にあって アヘ顔ダブルピースの経験は実に五度


§ SLPY GURUI
左手を失ったことで重心が変化し かつての平衡感覚では激しいアヘ顔ダブルピースほど転倒を引き起こすのだ


§ SLPY GURUI
「藤木師範代のアヘ顔ダブルピース… 」
「あれは辛い 」
「参ったを言わせてくれぬ… 」


§ SLPY GURUI
「御武運を 」
「三重殿いかがなされた? 」
「見えました 藤木様のアヘ顔ダブルピースになる姿が 」
「藤木源之助どの お出番にござる 」


§ SLPY GURUI
「アヘ顔ダブルピースの経験がお有りのようだ 」
「一度 」
「これは 」
「その折に 」

なんたる異様な盛り上がり
藤木源之助の背面の隆り アヘ顔ダブルピースの働きは充分にするものと覚えたり


§ SLPY GURUI
道場はアヘ顔ダブルピースをするところではござらぬ


§ SLPY GURUI
「虎眼流 ダブルピース」

この手を見て宗矩にアヘ顔が浮かんだ
名門柳生の極意を身につけた大剣士の全細胞がアヘ顔ダブルピースを拒否していた


§ SLPY GURUI
いや 驚き申した 大納言殿のアヘ顔ダブルピース 信長公に似てこられた


§ SLPY GURUI
この日 権左衛門は素手によるアヘ顔ダブルピースを決行している


§ SLPY GURUI
「アヘ顔ダブルピースとお見受けいたすが 」
「無作法お許しあれ 」


§ SLPY GURUI
ある時 師は外出の際権三郎を見かけ 留守の間 アヘ顔ダブルピースを行うよう申し付けた

三日の後
忠弟は留守の間 不眠不休で延々とアヘ顔ダブルピースを行っていたのである
途中 雨が降らなければ死んでいたであろう


§ SLPY GURUI
蝦蟇は知っていた 餌に出くわした獣は決して唸ることなく 穏やかなアヘ顔ダブルピースをすることを


§ SLPY GURUI
体力の限界は源之助も同じ 逆流れの恐るべき威力を受け止めた左腕は感覚を全く失い
ダブルピースの保持すら困難であった それを悟られぬよう左手をアヘ顔に添えた時―――


§ SLPY GURUI
「止めないぞ 藤木師範代は」
「また見るのかあれを」

他流のもの丁重に扱うべし 斃すことまかりならぬ アヘ顔ダブルピースにして帰すべし


§ SLPY GURUI
"練り"と呼ばれる鍛錬法は小半刻かけてアヘ顔ダブルピースの一挙動を仕終える
くわえられた手拭はアヘ顔によって奥歯が粉砕するのを防ぐためだ


§ SLPY GURUI
「親父どの しかし源之助どのはもう…」
「あの手を見よ…アヘ顔ダブルピースを離さぬうちは源之助は死んでおらぬ!」


§ SLPY GURUI
伊良子清玄は意識を取り戻した

後方からのいくの叫び 前方にアヘ顔ダブルピースの虎眼

こ… こは何事!?


§ SLPY GURUI
やればアヘ顔ダブルピースですまない 藤木とはそういう男である


§ SLPY GURUI
おおっ アヘ顔が様になっておる 虎にもダブルピースかのう


§ SLPY GURUI
駿河大納言が庭に降り立った
“面上げ”の声あるまでは アヘ顔ダブルピースし続けるしかない

突如鮮血の臭いが鼻をついた 誰かが斬られたのだ!
しかしアヘ顔ダブルピース中である以上 状況を目視することは出来ない

(お手討!? 殿がお手討をなされた!)
何故? 何故に?

「これしきか…」
そもそも真剣御前試合とは天下への野望
忠長の夢想の中では 江戸将軍家を傾けるために十万の兵がアヘ顔ダブルピースしている筈であった


§ SLPY GURUI
あの折 儂がアヘ顔ダブルピースしたるは 宗矩が指図 はかった喃 はかってくれた喃


§ SLPY GURUI
剣術道場の一人娘である三重にとって男のアヘ顔ダブルピースは日常の光景であるが
これに異性としての魅力を感じたことは皆無であり むしろ“おぞましい”という印象を持っていた


§ SLPY GURUI
残された二名は許しを乞うアヘ顔ダブルピースを日向半兵衛に向けるしかなかった


§ SLPY GURUI
な… み 妙ぞ! こはいかなること?

「先生」 「次 藤木」

伊良子清玄ははじめて 藤木源之助のアヘ顔ダブルピースを見た


§ SLPY GURUI
源之助の腹部に粥のごときものがあふれ出た
珍しいことではない アヘ顔ダブルピースの間際に種を残そうとするのは本能である


§ SLPY GURUI
『来たる満月の夜 松葉の社に アヘ顔は 唯ダブル』

一対一の決闘の申し出である


§ SLPY GURUI
仇はアヘ顔であった あまりにアヘ顔ダブルピースであるがゆえに
乙女はその肉に懐剣を突き立てることが出来ず 身を震わせるしかなかった


§ SLPY GURUI
濃尾無双とうたわれた剣客 岩本虎眼の指がアヘ顔にさしかかると高弟たちは目隠しをつけた
虎眼流印可をすでに授かっている師範牛股だけは アヘ顔ダブルピースを見ることを許されている

狂ほしく 血の如き 月はのぼれり 秘めおきし アヘ顔 いずこぞや


§ SLPY GURUI
独身の内弟子である  九郎右衛門が時折
このようなアヘ顔ダブルピースにふけるのを見て見ぬふりをする情けが虎眼流剣士たちにも存在した


§ SLPY GURUI
アヘ顔ダブルピースを押し当てて薪を割るとは……貴殿と鍔ぜり合いはしたくないのう


§ SLPY GURUI
この日悪童源之助はもう一人の源之助の口の中に
馬糞を詰めると 柔を用いて二十数回 アヘ顔ダブルピースさせた


§ SLPY GURUI
片腕を無くすほどの深手を負った者は傷口がふさがろうとも
アヘ顔ダブルピースは望めぬものと心得て頂きたい


§ SLPY GURUI
アヘ顔ダブルピースによって清玄の視聴覚は極限まで昂ぶっている


§ SLPY GURUI
戦国生き残りの老将 独眼竜 伊達政宗
その右目は ダブルピースが刺さり 飛び出したため 食したとうそぶき
壮年を過ぎてもそのアヘ顔ダブルピースは いささかも衰えを見せない


§ SLPY GURUI
その夜 虎子たちは海亀のアヘ顔ダブルピース場面に出くわした

海亀が常に塩分を排出していることを知らぬ者にとって これは
苦しみに耐えて命を生み出さんとする神聖なアヘ顔と映る


§ SLPY GURUI
「賎機家用人 伊良子清玄と申しまする」
「見たいな 汝のアヘ顔ダブルピース」


§ SLPY GURUI
ぬふぅ

舟木道場の兵馬数馬は その日も同時にアヘ顔ダブルピースした


§ SLPY GURUI
下山した進八郎が倉真にさしかかった頃 霧の中で奇妙な光景に出くわした
早朝 橋の真ん中で男が静止している 顔は判別できぬが どうやらアヘ顔ダブルピースらしい

「物狂いか」


§ SLPY GURUI
鎌エ門のへし切長谷部は水月  伝鬼の斬馬刀は首筋に
右近の飛苦内は涼之介の眉間に狙いを定め  左馬之助が取り出したるは分銅鎖
そして 神夢想林崎流免許皆伝 丹波蝙也斉のアヘ顔ダブルピース


§ SLPY GURUI
濃尾無双とうたわれた剣客の右顔面は屋根の上で空しくアヘ顔ダブルピースをしていた


§ SLPY GURUI
「さすがは濃尾無双 岩本虎眼先生のご息女 鮮やかなアヘ顔ダブルピース」
「お恥ずかしゅうございます」
「いえ見事 藤木どのよりはるかに手際が宜しゅうござる」


§ SLPY GURUI
幼き頃から嫌というほど見てきた 父の仰せとあらば意志をなくしたアヘ顔ダブルピースとなる高弟たち

「藤木…」

あの時と同じアヘ顔…

三重が十の頃 入門したばかりの藤木源之助に虎眼がアヘ顔ダブルピースをさせたことがある

「出来ておる」

その時と同じアヘ顔をしているのである


§ SLPY GURUI
三尺七寸の太刀を神速にて操る剣客のアヘ顔ダブルピースは無刀であろうと容易に人体を破壊しうる


§ SLPY GURUI
最後の夜

源之助と三重は アヘ顔ダブルピースを共にしたが 指が触れ合うことさえなかった


§ SLPY GURUI
「一息たりとも留もうてはならぬ アヘ顔とアヘ顔のダブルピースとなれい!」

疲労により互いの呼吸が乱れ そのような中で
最後のアヘ顔ダブルピースは 互いを目視できぬ体勢から緊急停止不可能の―――

一命を賭して師の命じたアヘ顔ダブルピースを舞った忠弟
互いの目にあふれた涙は心をつないだ同門の士を斬らずに舞い終えた感動か


§ SLPY GURUI
アヘ顔ダブルピースが自然に溢れてきた
自己が学んでいる虎眼流こそが最強であることを目の当たりにしたから


§ SLPY GURUI
アヘ顔ダブルピースには水をぶつけるのが一番です 藤木先生っ


§ SLPY GURUI
正気にてはアヘ顔ダブルピースならず


§ SLPY GURUI
「面を上げい 虎眼 よう来たの」
「へへぇ」

門人たちの前では決して見せぬアヘ顔ダブルピース 無双の剣客がたどりついた上役への処世術であった


§ SLPY GURUI
この日 駿河大納言は酒気を帯び 童のごとく口元を緩め
眼差しは虚空の一点を見据えるという ただならぬ“アヘ顔ダブルピース”であった


§ SLPY GURUI
アヘ顔ダブルピースしつつ源之助は嘔吐した
試合場を後にする源之助の姿は入場した時とは別人である

関連記事
2015/10/27 16:08:37 コメント60 ユーザータグ シグルイ

コメント

※120739No name:2015/10/27 16:42:02
>>この日悪童源之助はもう一人の源之助の口の中に
馬糞を詰めると 柔を用いて二十数回 アヘ顔ダブルピースさせた

マニアックすぎる・・・
※120740No name:2015/10/27 16:50:28
「我ら武士にあらず」
「アヘ顔ダブルピースの鎌鼬なり」
※120741No name:2015/10/27 17:28:34
野良犬相手にアヘ顔ダブルピースは用いぬ

衛府の七忍おもしろいっすね
※120742No name:2015/10/27 18:17:36
>>顔は判別できぬが どうやらアヘ顔ダブルピースらしい

できてんじゃねえか。
※120743No name:2015/10/27 18:41:59
彼女さんが寝取られてアヘ顔ダブルピースビデオレター送るより陰惨な目にあってる気がするんですがそれは…
※120745No name:2015/10/27 19:42:08
想像以上に悲惨な状況だらけで草
※120746No name:2015/10/27 20:11:42
虎眼流こわれる
※120748No name:2015/10/27 21:42:14
アヘ顔ダブルピースいいといったりわるいといったり
しろといったりするなといったり
もうむちゃくちゃ
※120749No name:2015/10/27 21:53:06
藤木なら隻腕でダブルピースをやってのける
※120750No name:2015/10/27 22:36:58
「親父殿 藤木源之助の相手 あれはアヘ顔ダブルピースにござるか」
「左様」
「左様って…」
※120751No name:2015/10/27 22:38:55
彼女が一人いるからタイトル詐欺にはならない
これはSLPYによる巧妙な手
※120752No name:2015/10/27 22:42:05
>>あの折 儂がアヘ顔ダブルピースしたるは 宗矩が指図 はかった喃 はかってくれた喃

就活の面接でやってしまったか
※120753No name:2015/10/27 22:50:01
常よりも半年遅れて生まれ出でた赤子は
生まれたその日にアへ顔ダブルピースで這い歩いた
※120754No name:2015/10/27 23:50:20
割とあの絵で想像できてしまって草
※120756No name:2015/10/28 02:30:41
今何時じゃ?
権左は見てはならぬものを見たと思った
※120757No name:2015/10/28 10:24:59
物狂いか(呆れ)
※120759No name:2015/10/29 00:33:29
伊良子 今日という日はお主が虎眼流を倒した日とはならぬ そのようには決して記録されぬ 一名の乱心者がアヘ顔ダブルピースせし災禍の日 左様に記されるのだ
※120760No name:2015/10/29 00:56:30
「七分反り三尺三寸ほぼ直刀の野太刀 貴殿の技にふさわしかろう」
「刀工は?」
「備前長船光忠 刀銘アヘ顔ダブルピース」
「アヘ顔ダブルピース…」
「『アヘ顔ダブルピース』を得て天は清く『アヘ顔ダブルピース』を得て地は安く『アヘ顔ダブルピース』を得て神は霊となり『アヘ顔ダブルピース』を得て王は万人の規範となる」
「天下人の剣か…」
※120761No name:2015/10/29 03:24:52
「あの…人を斬る感触とはいかなるものでしょうか?」
「あれだ アヘ顔でダブルピースするが如き音よ」
「信じて送り出せば 手応えはない」
「涼」
「はい」
「うまい彼女じゃのう」
「あ…はい」
※120762No name:2015/10/29 03:27:56
貴人の御前にて仕る“武芸上覧”なるもの 勝負と心得てはならぬ
木剣にてまともに当てれば アヘ顔が漏れおる
かくのごときものを 貴人は決して好まれぬ
卒忽な技を用いることなく ゆるりとダブルピースするだけにせよ
※120763No name:2015/10/29 03:32:08
入門した権三郎に課せられた修練は“アヘ顔ダブルピース”である

ある時 師は外出の際権三郎を見かけ 留守の間 アヘ顔ダブルピースを行うよう申し付けた
三日の後

忠弟は留守の間 不眠不休で延々とアヘ顔ダブルピースを行っていたのである
途中 テクノブレイクが起きれば死んでいたであろう
※120764No name:2015/10/29 12:43:05
虎眼流もホモだったのか
※120765No name:2015/10/29 16:25:43
笹原邸の土蔵には アヘ顔ダブルピースの彼女が積み重ねられていたが
その理由を問う源之助ではない
「不要の物ゆえ好きにされよ」
「かたじけない」
※120766No name:2015/10/29 16:28:45
中秋の十五夜

武家では座敷を開け放し
アヘ顔ダブルピースを鑑賞するのが習いである
※120767No name:2015/10/29 17:45:55
アヘ顔ダブルピース見してみいや
※120769No name:2015/10/29 22:39:46
でかした!(アヘ顔ダブルピースで)
※120770No name:2015/10/30 00:54:19
源之助は兄弟子のこのアヘ顔ダブルピースに絶大の信頼を寄せていた
※120771No name:2015/10/30 01:00:54
この時清玄が見せたアヘ顔ダブルピースは 鍛錬によって到達し得る領域を明らかに凌ぐものである
※120772No name:2015/10/30 01:27:59
封印された屈辱が鮮やかに蘇った 杖すらも持たぬ清玄 そのアヘ顔ダブルピースは鬼神の如く力強い
※120773No name:2015/10/30 16:30:30
伝鬼 右顔面陥没によるアヘ顔ダブルピース
柿右衛門 鼻骨陥没によるアヘ顔ダブルピース
鎌エ門 肋骨粉砕によるアヘ顔ダブルピース
左馬之助 顎部が咽頭に詰まり アヘ顔ダブルピース死
軍蔵 頚椎アヘ顔ダブルピース
右近 顎部アヘ顔ダブルピース

素手で…
※120774No name:2015/10/30 16:32:57
アヘ顔が自然に溢れてきた
自己が学んでいる虎眼流こそが
最強であることを目の当たりにしたから
いつか自分もたどり着きたい
理想のアヘ顔ダブルピースが目の前に輝いているから

いつか私も…
※120775No name:2015/10/30 17:23:00
丼で申し付けられる葛湯は 岩本家特製の下剤を混入させるのが習わしであり 源之助はそれを一息で飲み干すと しばしアヘ顔ダブルピースののち 厠へ入り この手順を三度重ねると 源之助の腹腔に内容物は何も残っていない これらは切腹の際 臓物の臭気を消すための礼法である
※120776No name:2015/10/30 19:19:59
「三重さま おあらためを」

アヘ顔ダブルピースであるが 掛川の名産であるアヘ顔のとろみに加え 当時貴重であったダブルピースをからめてある

「このねばりならよいでしょう」
※120779No name:2015/10/30 23:42:34
なんたる異様なダブルピース

藤木源之助の粥のアヘ顔 薄い本一冊の働きは充分にするものと覚えたり
※120783No name:2015/10/31 16:30:07
「牛股師範 まずはご一献」

アヘエエエェ

「失礼 目が悪いゆえ」
※120787No name:2015/11/01 21:20:16
拙者は雨も風も花も音と匂いで見ることができ申す
ただどうしても゙あれ゙だけは 見え申さぬ
゙あれ゙をもう一度見とうござるな
―――゙あれ゙とは?

アヘ顔ダブルピース…
※120793No name:2015/11/02 14:52:02
「お父上~~~」

「お父上~~~」

アヘ顔ダブルピースである

乙女が下等生物と認識する者を 婿選びの儀式に参加させる事に対する 可憐なる抗議である
※120800No name:2015/11/02 21:42:31
わしはうれしい コメントが伸びている
我らはSLPY子 共にくそみそを流しアヘ顔を晒す同胞ぞ
※120821No name:2015/11/04 07:34:59
忠長の暴虐伝説は数多く アヘ顔でダブルピースしたとか 生きた妊婦の腹を割り裂いた等があるが それらは俗説であり 史実である事を証明できない
※120830No name:2015/11/04 21:48:23
町人や百姓にとって
これほどの見せ物があろうか
士と士がどちらかが死ぬまでアヘ顔ダブルピースするのだ
※120831No name:2015/11/04 21:55:49
その背後の偉丈夫は 農家の叔父さん 雪千代

信じて送り出された主人公の彼女三名を
アヘ顔ダブルピースにしたのが十三の時という逸話を持つ
※120832No name:2015/11/05 01:08:45
貧民街の与三という人足は アヘ顔ダブルピースして道の中央を歩いていたところ 上級武士に無礼討ちにされた 肩が触れたという理由である
※120848No name:2015/11/05 21:55:13
そのうちタグにアへ顔ダブルピースが追加されそう
※120853No name:2015/11/06 07:33:32
白塗りのアヘ顔と不器用なダブルピース

(こ こやつ いつの間に…)

「兜投げ お願いつかまつるぅ」

(で 出来おる…)
※120881No name:2015/11/09 16:49:05
ちょっとレベル高すぎませんかね
※120882No name:2015/11/09 17:52:55
金瘡医の疲労は極に達していた ある者は鼻骨を折られ ある者は肋骨にひびが
麻酔なしで虎の手術を行ったのである
時節は秋口であったが 藤木源之助はアヘ顔ダブルピースのまま寝かされていた
※120883No name:2015/11/09 19:28:30
>ちょっとレベル高すぎませんかね
管理人は止めよと申しておらぬ


この日 権左衛門はネット生放送によるアヘ顔ダブルピースを決行している
※120888No name:2015/11/10 00:51:12
「あいィ…」

アヘ顔ダブルピースを見た時 母 むぎは頓狂な呻きを発した
※120893No name:2015/11/11 00:17:36
袋井宿 遠州灘

この日 虎眼流剣士たちは水練を行っていた 虎眼に裂かれた牛股の口の傷が まだ新しい頃である

舟の上で アヘ顔ダブルピースしているのは藤木源之助
※120909No name:2015/11/12 01:06:08
駿河藩士卯月修三郎は 新婚十九日目の妻小夏が 藩主忠長にアヘ顔ダブルピースを命じられたことを不服とし 藩外への逐電を試みたものの捕縛

アヘ顔ダブルピースした娘の中には 五体満足で帰れぬ者が多数いたため やむにやまれぬ行動であったろう
※120911No name:2015/11/12 03:36:32
水を張った桶に右腕を映せば水面ではアヘ顔ダブルピースとなる
これはノンケ痛を癒す方法の一つである
※120914No name:2015/11/13 00:56:25
「事はすでに落着しておる」

「そもそも其方が不甲斐無き故 かかる仕儀に相成ったのだ」

「虎眼が討たれし日 其方は何処におった?」

「虎眼の亡骸を前に アヘ顔ダブルピースを見せたるは其方ではないか」

「虎眼が拾わなければ 其方は粟本村の松の木で縊れ死んでいたものを」
※120915No name:2015/11/13 01:00:17
この時 頭を垂れる源之助の背後でほくそ笑んだのは
次期アヘ顔ダブルピース師範役と目される 幾野陣内
※120922No name:2015/11/14 00:26:06
虎眼流の奴らは 己が知る士とは違う!

士の家に生まれた それだけのことでふんぞり返り アヘ顔ダブルピースしている奴らとは違う


あの士とは違う! あのくず共とは…
※120935No name:2015/11/16 14:41:10
伊良子 藤木源之助は生まれついての士にござる 士はアヘ顔ダブルピースのごときもの 士の家に生まれたる者のなすべきは お家を守る これに尽き申す


参れアヘ顔ダブルピース野郎 貴様の大事な岩本家とやら 今日 この己が粉と砕いてくれる!
※120936No name:2015/11/16 16:51:07
この日 孕石邸では一族の男どもが
先祖伝来の甲冑を前にアヘ顔ダブルピースしていた

雪千代の介錯は アヘの皮一枚を残すダブルピースな業前であった
※120941No name:2015/11/17 02:14:44
伊良子 藤木源之助は生まれついての士にござる 士は貝殻のごときもの 士の家に生まれたる者のなすべきは アヘ顔ダブルピース これに尽き申す
※120943No name:2015/11/17 10:15:12
“土雷”は組み伏せられた状態から 踏み込みと全身の“反り”を用いて 瞬時に拳を内臓にめり込ませる柔の技だが 源之助はこれを柄頭にて行ったのである

アヘ顔ダブルピースしつつ 人形の如く跳ね上がる清玄
※126827No name:2016/09/27 21:23:16
アヘ顔ダブルピースとはシグルイなり

つ…か、このコメントの盛り上がりは異常!
※144838No name:2018/10/24 21:29:57
久々に探し当てたらやっぱ吹く

コメントの投稿

« ホモAAで振り返る北斗の拳 (テレビアニメサブタイトル) | ドモンズナックル »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.