SLPY

●PC版●スマホ版

1 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「ノンケ 虎眼先生がお呼びだ」
「先生が…」
「急を要するとのこと」


2 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
来たる九月の二十四日 城内にて行われる御前試合をノンケを持ってせしめるの儀 お取り止めくだされい
ノンケを血で汚せば御公儀への叛意と受け取られましょう さすれば、お家の一大事


3 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
薬物によってノンケは極限まで昂ぶっている


4 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「藤木師範代のノンケ迫り…」
「あれは辛い」


5 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
舟木道場の兵馬数馬はその日も同時に達した
相手を務めたノンケの身体にはいくつもの痣が残り骨を折られた者もいる


6 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
参れノンケ 臆したか


7 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
伊良子め盗みおった… 虎眼先生のノンケを


8 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
今 何と申した? ノンケが何だと? あやつさえまともに生まれておれば…… 今頃…


9 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「ほう 田舎のノンケとは思えぬ」
「たわけっ どこを見ておる」


10 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
その脳裏によぎるものは 指で搦めて 目で堕としたノンケたち


11 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
ノンケのもの丁重に扱うべし
たおすことまかりならぬ 伊達にして帰すべし


12 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
ノンケの腹部に粥のごときものがあふれ出た


13 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
自分の腹部に感じた「熱さ」の真相を知った時 ノンケの心臓は停止した


14 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
よ 寄るな

やめにいたすか 秘奥の伝授
やめにいたすか ノンケ


15 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
三重が十の頃――
入門したばかりの藤木源之助に虎眼がノンケを握らせたことがある


16 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「親父殿 藤木源之助の相手 あれはノンケにござるか」
「左様」
「左様って…」


17 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
ノンケめ ようやく器が整いおった…


18 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「ご用のおもむきは?」
「岩本虎眼先生とお手合わせ願いたい」
「わかり申した 道場の約条によりノンケ二名と手合わせした後ということになるが」
「構いませぬ」


19 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「己とおまえ二人の相手をするノンケだ」
「ワハハハ」
「ワハハ」


20 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
傀儡… ノンケはみな傀儡


21 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
伊良子清玄はノンケではない もっとおぞましい何かだ


22 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
ノンケと剣士は頬を紅潮させた
若い二人は真剣試合に勝利したその夜“重なり合う”という神聖な約束を交わしているのだ


23 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
我ながらよく集めたものよ これだけのノンケが殿のために命を奉るとあっては 殿の武魂も慰められるというもの


24 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「彼奴め天稟がありおる」
「否 彼奴はノンケにござる」


25 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
山内 大坪 出口をふさげ


26 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
まずはノンケの下段をはね上がらせるべし


27 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
不要のノンケゆえ好きにされよ


28 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
やればノンケですまない
藤木とはそういう男である


29 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
ノンケをしゃぶり尽くした上で そいつを踏み台にして…天下の伊良子清玄となる!


30 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
これなるは ご主君より当家に下賜された暑気払いの品 阿蘭陀(オランダ)渡りのノンケにござる
虎眼先生いわく 遠慮無用とのこと!


31 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
藤木どの この屋敷にはノンケが大勢暮らしておる 仲良く 万事仲良く


32 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
「この者 ノンケなり」
「な… ご ご無体な…」


33 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
このノンケ いらぬなら貰うぞ


34 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
夕雲どの 今宵のお相手はノンケにございまするか


35 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
藤木…おぬしはノンケで一生を終えるつもりか?


36 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
藤木源之助は生まれついてのノンケにござる


37 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
虎眼流がノンケをかついだら用心せい


38 :以下、名無しにかわりましてSLPYがお送りします。
加減しろ莫迦!ノンケだぞ



関連記事
2014/05/07 21:34:04 コメント22 ユーザータグ ガチホモ シグルイ

コメント

※111028No name:2014/05/07 22:07:29
虎眼流は最小限の斬り込みで敵を討つ
三寸差し込めばノンケは死ぬのだ
※111029No name:2014/05/07 22:19:49
ご案じめされるな
ノンケに含ませたるは罌粟の実よりこしらえし妙薬…

その効き目はノンケの痛みを春の淡雪の如く消し去りまする
※111031No name:2014/05/07 23:24:57
やっぱ SLPYはホモじゃないか!
※111032No name:2014/05/07 23:35:53
ぷッ 田舎道場ならぬ ノンケ道場てか!
※111033No name:2014/05/07 23:42:10
あれこそは伊良子さま必勝の構え
ノンケ逆流れのお姿…
※111034No name:2014/05/07 23:46:51
野良犬相手にノンケ道具は使わぬ
※111037No name:2014/05/08 00:30:20
前髪もあどけない 虎眼流のノンケ
近藤涼之介 十五歳である
※111039 :2014/05/08 01:10:46
蕾見してみいや
※111040No name:2014/05/08 01:12:10
皮を残すという発想はノンケたちにはない
※111041No name:2014/05/08 01:36:30
あの・・・ノンケを犯す感触とはいかなるものでしょうか?
※111042No name:2014/05/08 02:00:37
「シグルイの台詞の一部をノンケにしても大事ない」と思って
スレを立てたことがそもそも正気じゃない
※111044No name:2014/05/08 02:31:45
SLPYの完成形とは少数のホモと多数のノンケによって構成されるのだ
※111046No name:2014/05/08 06:24:38
SLPYに来て、あまつさえコメントを残しているお前らが果たしてノンケと言えるのか
むしろ私以外の全員がガチホモではないのか
※111047No name:2014/05/08 11:34:26
城までは自分の足で 風やノンケのにおいを感じながら歩みたいのでござる
※111048No name:2014/05/08 12:18:30
ノンケにては大業ならず

衆道はシグルイなり
※111049No name:2014/05/08 14:39:26
彼奴め天稟がありおる
※111050No name:2014/05/08 14:52:30
虎眼流は“ノンケ”を用いませぬ
ご家中の方々がお怪我をなされては・・・
※111056No name:2014/05/08 20:53:58
ノンケを持てい
※111057No name:2014/05/08 21:08:57
藤木は、突如 ノンケの本質を理解した。

ノンケは
他者に命じられて掘るという行為に
吐き気を催したのだ
※111058No name:2014/05/08 21:12:20
この夜の岩本虎眼が
正気でも曖昧でもなく
ゲイであろうとノンケであろうと
間合に入ったもの全てを掘る魔人へと変貌をとげたこと
※111112No name:2014/05/10 22:53:00
ノンケである
ノンケがモルヒネの如く激痛を麻痺させているのだ
※111141No name:2014/05/12 18:02:24
千加さま好きの拙者は
いたってノーマル。ゲイではござらぬ

コメントの投稿

« 孤独の薄毛 | TVアニメ『スターダストクルセイダース』第5話「銀の戦車」感想 »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.