SLPY

●PC版●スマホ版

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/okiraku/1192805669/
1 :今日のところは名無しで:2007/10/19(金) 23:54:29
裕福では覚えませぬ


4 :今日のところは名無しで:2007/10/22(月) 03:13:31
その日暮らしが深夜のコンビニ裏に現れたら用心せい。


8 :今日のところは名無しで:2007/10/28(日) 07:04:57
「ぬふぅ。」
舟木道場の兵馬と数馬はこの日も同時に空腹で倒れた。


9 :今日のところは名無しで:2007/10/29(月) 06:40:11
食べれないことから全ては始まる。

その時が来たら
私は血も心もたいらげます。

正気にては満腹ならず

腹減った 腹減った腹減った

その日暮しはシグルイなり。


10 :今日のところは名無しで:2007/10/30(火) 06:48:12
無用だ
彼奴の紅い唇
その日暮しには無用だ!


11 :今日のところは名無しで:2007/11/01(木) 04:29:02
このパンの耳
いらぬなら貰うぞ!!


21 :今日のところは名無しで:2007/11/14(水) 08:21:15
「臭うな」

失態である。
半額で購入したもやしが冷蔵庫の奥底まで放置されていたのだ。
酸鼻なる腐敗汁の臭いが>>21の鼻をついた。


24 :今日のところは名無しで:2007/11/28(水) 09:38:31
「透き通っておる…。」

12枚切りの食パンである。


25 :今日のところは名無しで:2007/12/03(月) 18:11:55
つ…か、この食パンの薄さは異常!


28 :今日のところは名無しで:2007/12/08(土) 12:42:32
絶対に落としてはならぬ10円玉であった


29 :今日のところは名無しで:2007/12/14(金) 16:22:50
藤木源之助のサイドサラダ
あれはシール張り替えにござるか


31 :今日のところは名無しで:2007/12/28(金) 07:24:56
「会計品はパンの耳とおからだけとお見受けいたすが」
「無作法お許しあれ 」


42 :今日のところは名無しで:2008/02/27(水) 07:13:50
「お客さんがた おまちくださいやし」
「何か用か」
「へえ 勘定の方がまだでございやす」

「おお 忘れておった」


ダッ


その日暮らし者が支払ったのは駆け足であった


45 :今日のところは名無しで:2008/03/10(月) 16:51:44
やるせなきかな
我が財布は呪われしか


46 :今日のところは名無しで:2008/03/13(木) 11:24:56
三食
三食食べねば人は死ぬのだ


51 :今日のところは名無しで:2008/04/13(日) 09:21:23
「あの…肉を食べる感触とはいかなるものなのでしょうか?」

「あれだ 唇を噛むがごとき歯ごたえよ」
「うまく食えばタレはこぼれない」


56 :今日のところは名無しで:2008/05/14(水) 14:45:05
鼻かみなれば 新聞紙にて…


57 :今日のところは名無しで:2008/05/20(火) 02:45:41
尻ふきなれば 新聞紙にて…


58 :今日のところは名無しで:2008/05/21(水) 09:29:31
寝どこなれば 新聞紙にて…


59 :今日のところは名無しで:2008/05/21(水) 09:57:23
つ…か
新聞紙の温かさは
異常!!


71 :今日のところは名無しで:2008/06/25(水) 02:45:53
三重にございまする!!
松阪牛ではございませぬ!松阪牛では!!


73 :今日のところは名無しで:2008/07/01(火) 21:37:49
あの黄身さまは
いつが
盛りよな


94 :今日のところは名無しで:2008/09/24(水) 12:16:23
元 三百石武芸師範役岩本家の禄高は
家屋敷没収の上 十俵二人扶持に降格

これは男女のどちらか一人がどうにか食べていける禄であり、
"その日暮らし"と称されるものであった。


96 :今日のところは名無しで:2008/09/25(木) 22:09:33
兄じゃ、そろそろ定職について親父殿を安心させてはいかがかな?

関連記事
2011/06/22 00:08:35 コメント14 ユーザータグ シグルイ

コメント

※68195No name:2011/06/22 00:37:40
なんて残酷さだ…w
※68197No name:2011/06/22 00:51:55
シグルイラッシュ……

いかなるときも冷静な己の瞳がこの時ばかりは爛と輝いた
※68201No name:2011/06/22 01:43:13
新聞紙コンボは卑怯だろ
※68203No name:2011/06/22 05:17:08
文禄四年江戸

この年
その日暮らし中の岩本虎眼は後の柳生デパート会長
柳生宗矩と立ち会っている


道三河岸 柳生スーパー食品売場 試食コーナー

異な掴み・・・
速きうえに伸び来たる
あの客を放置するは試食品が危うい
狙うべきは拳
試食品を取らんと伸び来たるその拳を打つ
柳生新陰流 十文字

左様か
虎眼流 星流れ


この手を見て宗則に死相が浮かんだ
迷惑客への対応を悉く身につけた大店員の全細胞が
接客を拒否していた
※68205No name:2011/06/22 07:25:25
門前にて笑みを浴びせ
悠々と茶の間に踏み入る

程なく奥へ通されると
家主の妻は「もう帰って下さい」とタッパーに詰めたおかずを差し出した

夕食の近き時刻
ご近所を巡り同様の所作を繰り返す
これは

「その日暮らしの虎参り」と恐れられた
若き日の虎眼の食事調達法であった
※68208No name:2011/06/22 08:57:55
源之助の鍔迫りが
生板もろとも
農家から盗んだ瓜を両断した
※68231No name:2011/06/22 19:36:41
ザスッ ザスッ ザスッ

その日暮らしの剣士に浴びせられる陪観者たちの視線
“不足している者”
“貧乏人”

誰もが自分をそのような目で見ている
それは幼少時 両親がご町内から注がれた視線と同じもの

しかしそれこそが腹が減ったら躊躇なく
店の商品を奪い取る
その日暮らしとしての「鬼」を育んできたのだ!
※68238No name:2011/06/22 21:48:55
やってくれた楠。

本当にそう思ってるヤツがいるからコマル
※68272No name:2011/06/23 11:55:23
かぱっ もわっ ほくほくほく

へ?

聞いたことのない美味しそうな音が蔦の市を襲った

はふっはふっ さくさくがつがつ

興津三十郎が頬張ったトンカツは
やはり蔦の市が聞いたこともない香ばしい音を上げて迫った

あまりの空腹に
ついに蔦の市は失禁してしまった
※68304No name:2011/06/23 22:20:47
この日

無職大納言は腹を空かせ
童のごとく涎を垂らし

眼差しはたい焼き屋の一点を見据えるという
ただならぬ“仕上がり”であった
※68360 :2011/06/25 08:32:59
また懐かしいw
食パンの薄さに吹いた
※68371No name:2011/06/25 18:50:55
68360
ほんとだw本スレ何年前だよww

だがわしはうれしい
シグルイスレが並んでおる
※68375No name:2011/06/25 19:23:31
職探しのため
ハロワへ発つ日

乙女は四方膳を用意した

打鮑と勝栗と昆布と盃はない

虎は衰弱しつつあった
※68431No name:2011/06/26 21:58:58
笹原邸の台所には
どす黒く変色した食パンが積み重ねられていたが
その理由を問う源之助ではない

笹原「不要の物ゆえ好きにされよ」

源之助「かたじけない」

コメントの投稿

« アクアリウムをシグルイ風に語る | 月食と雪華綺晶 »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.