SLPY

●PC版●スマホ版

http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ehon/1140428735/
1 :さく・え/ななし:2006/02/20(月) 18:45:35 ID:???
一寸に満たない剣士の刃は鬼を倒すことが出来るのか?
正体不明の笛吹きの音色は鼠を退治することは出来るのか?
出来る、出来るのだ


5 :さく・え/ななし:2006/02/20(月) 20:13:16 ID:???
「お猿さん、お待ちくださいやし」
「なにか用か」
「へえ、あっしの柿がまだにございやす」
 
猿の契約不履行を咎めたのは柿の木の持ち主・蟹
 
「おお、忘れておった」 

ゴッ 

猿が支払ったのは青い柿であった
 
甲殻類一匹、無礼討ちにしたくらいでは他種族は動かぬ
そう自惚れていた


6 :さく・え/ななし:2006/02/20(月) 20:26:49 ID:???
じいさま「あの折ばあさまを狸汁だと騙し食わされた恨み
忘れようとて忘れられぬわ。狸が一族根絶やしにしてくれる」


10 :さく・え/ななし:2006/02/22(水) 01:41:51 ID:???
継母「パーティーに出席したければ王子様にお願いしては」
義姉「王子さま御指名の招待状ならば貴方だって出席可能にございますよ」
シンデレラ「お、王子様」
王子様とは、
昔々あるところの王国の第一王位継承者であり、
並の貴族以上の家蔵を構え、
親衛隊十三人緩々と暮らし、
王権の威光を楽しむ身分の者である。
シンデレラの身分では王子様に謁見することなど到底不可能である。
シンデレラ「母様姉様、貴方たちはそれをわかっていながら」


14 :さく・え/ななし:2006/02/22(水) 06:24:00 ID:???
全裸の王を嘲笑うことなど不可能であった


15 :さく・え/ななし:2006/02/22(水) 08:27:29 ID:???
「「ぬふぅ」」

ぐりとぐらは今日も同時に達した。


22 :さく・え/ななし:2006/02/23(木) 21:15:48 ID:???
金太郎がマサカリをかついだら用心せい


23 :さく・え/ななし:2006/02/23(木) 21:48:27 ID:???
正気にては玉の輿ならず

「シンデレラの姉たちは足を切ってガラスの靴に押し込みました 」

社交道はシグルイなり


24 :さく・え/ななし:2006/02/23(木) 22:14:56 ID:???
玉手箱という器は…
ひとたび
ひとたび蓋を開けば二度とは
二度とは


25 :さく・え/ななし:2006/02/23(木) 22:18:27 ID:???
(何が出来るというのだ その体格で…)
(小さい!小さすぎる)

一寸法師は最小の斬撃で倒す
三寸切り込めば鬼は死ぬのだ


35 :さく・え/ななし:2006/02/26(日) 00:25:03 ID:???
失うことから全ては始まる。

白い馬「その時が来たら、私は血も心も捧げます」

正気にては大業ならず

スーホ「憎い 憎い憎い」

馬頭琴はシグルイなり。


37 :さく・え/ななし:2006/02/26(日) 23:48:41 ID:???
それはおよそ一切の書物に
聞いたことも見たこともない奇怪な桃であった


38 :さく・え/ななし:2006/02/27(月) 00:00:07 ID:???
これは尋常の桃ではない
読めぬ……中身が全く


39 :さく・え/ななし:2006/02/27(月) 18:31:46 ID:???
爺さま
切る
切るのです


40 :さく・え/ななし:2006/02/27(月) 20:05:21 ID:???
一尺七寸のナタを神速にて操る爺さまの腕は
包丁であろうと容易に人体を破壊しうる


41 :さく・え/ななし:2006/02/27(月) 21:10:52 ID:???
油断したか桃太郎・・・
桃の中で正中線を抜かれるとは・・・


49 :さく・え/ななし:2006/03/02(木) 20:30:43 ID:???
おつかいの用事を帯びた赤頭巾が祖母の家に入った頃
すでに夜が明け始めていたが
家の中で奇妙な光景に出くわした
ベッドの中で老婆が横になっている
詳しい容貌は判別できぬがどうやら祖母らしい

赤頭巾「どうしてそんなにお口が大きいの?」

かまわず問いかけた赤頭巾は
恐るべき事実に気付いた

赤頭巾『おばあさんにあらず!』

さらに恐るべき事実
寝ているのではない
それはすでに構えているのだ

「こやつは、こやつがおばあさんを…」


明朝
仮死状態となった赤頭巾がいたのは
狼の腹腔の中であった


53 :さく・え/ななし:2006/03/02(木) 21:26:23 ID:???
狸「あの折わしが泥舟を作りたるは兎が指図。はかった喃、はかってくれた喃」


59 :さく・え/ななし:2006/03/04(土) 20:01:30 ID:???
昏倒した白雪姫の口中には毒りんごが押し込められていたが

小人の家に毒りんごを持ち込んだ者など誰一人として目撃していなかった


60 :さく・え/ななし:2006/03/05(日) 01:45:06 ID:???
そして
始まりの一息は走り
響く
藁の家が地に崩れゆく音

狼を迎えたその国で
荒ぶる豚どもは知る
始まったのだ
狩りが
己たちが狩るのではない
己たちが狩られるというのだ
豚どもは微笑む
そんなことを敵に飢えた
己のこの無敵の家が
許すと思うか?

残酷無惨絵本劇
新章開幕


72 :さく・え/ななし:2006/03/09(木) 21:25:44 ID:???
狸「かっち かっちいうのはなんだべな。」
兎「かちかち山のかっちんどりさ。」
狸「ぼうぼういうのはなんだべな。」
兎「ぼうぼう山のぼうぼうどりさ。」




じゅうう・・・・・・ぶすぶすぶす
形容しがたい異臭がたちこめ焼けた脂肪が山にしたたり落ちた


77 :さく・え/ななし:2006/03/10(金) 23:45:58 ID:???
光が熱を持つ。
冷気をはらむ風が吹く。
コートを深く着込んだ旅人に
北風と太陽は対峙する!!


79 :さく・え/ななし:2006/03/11(土) 22:57:37 ID:???
「どうしてお婆さんの口は裂けているの?」
にちゃああ


81 :さく・え/ななし:2006/03/12(日) 01:00:00 ID:???
子狐「このお手々にちょうどいい手袋下さい」

それはおよそ一切の人間に聞いたことも見たこともない奇怪なお手々であった

帽子屋(これは尋常の注文ではない
     読めぬ…
     寸法が全く………)


83 :さく・え/ななし:2006/03/13(月) 16:37:13 ID:???
失うことから全ては始まる

「幸せの王子」


85 :さく・え/ななし:2006/03/16(木) 08:55:57 ID:???
オオカミの腹部は ほぼ二倍に膨れ上がっていたが


88 :さく・え/ななし:2006/03/19(日) 14:49:10 ID:???
キツネ「あとは待つのみ お前がスープを振舞う時間(とき)を」

しかしこの時キツネが注視すべき部位はスープではなかった
キツネの注意がスープに集中している隙にツルはスープを入れる容器を変化させていた

人間が花を生けるが如き異様な器

ツルの脳裏に甦るものは
平たい皿に入ったスープを出された日の屈辱か


103 :さく・え/ななし:2006/07/06(木) 16:30:01 ID:???
間に合う!そう確信していた

うさぎの俊足はすでに八合目

バオッ!!

(待っていろ、亀!)


114 :さく・え/ななし:2006/08/27(日) 11:14:52 ID:???
「お腰のものを」

鉄砲を預け、悠々と帯皮を解く。
山中に迷う身の上とは思えぬ大胆さであるが、
東京にもない、作法の厳しい料理店は
貴族と近づきになれる機会。

注文の多い料理店は、田舎の山中より安全と思えた。


144 :さく・え/ななし:2007/01/23(火) 16:08:36 ID:???
「開けるか!?玉手箱を開けられるか浦島太郎!開ければたちまち煙の贄ぞ!」


なんの躊躇もなく浦島は箱を開けた


148 :さく・え/ななし:2007/02/14(水) 14:03:47 ID:???
魔女のおばあさんに敗れ
座敷牢に放り込まれたグレーテルであるが
ここへ連行される際に目撃したべっこう飴の窓
バタークッキーのテーブルなどを思い返すと
涎を垂らさずにはいられない

「さすがは迷いの森名うての人食い魔女の屋敷……」
「三百万カロリーはある!」


149 :さく・え/ななし:2007/02/14(水) 22:28:43 ID:???
「仕置きつかまつりまする」
「私をかかる破目に陥れたおとしいれたお母様を、仕置きつかまつりまする」

じゅうう・・・・・・ぶすぶすぶす
形容しがたい異臭がたちこめ、焼けた脂肪が鉄板の上にしたたり落ちた

――果たして白雪姫は正常なのだろうか?
ハッピーエンドを迎えたというのに、
実の母親に焼けた鉄靴を履かせ、死ぬまで躍らせるこの所業


151 :さく・え/ななし:2007/02/26(月) 10:25:53 ID:???
「仕置きつかまつりまする」
「私をかかる破目に陥れたおとしいれたお継姉様を、仕置きつかまつりまする」

がすざすどす・・・・・・ぶすぶすぶす
形容しがたい異音が轟き、大樽が坂をころげ落ちた

――果たしてシンデレラは正常なのだろうか?
ハッピーエンドを迎えたというのに、
継姉を内側にむけて釘をびっしりと打ち込んだ樽のなかへ閉じ込め、死ぬまで坂道を転げ落ちさせるこの所業


159 :さく・え/ななし:2007/04/16(月) 22:33:25 ID:???
つばめ「耳か鼻か」
王子「ウ・・・!」
貧しいお針子「ぬるいぞつばめ!しかとえぐれ!」


173 :さく・え/ななし:2007/12/01(土) 22:31:30 ID:hnPX6Pwc
町人や百姓にとって
これほどの見せ物があろうか
うさぎとかめが
どちらかが死ぬまで走るのだ


179 :さく・え/ななし:2008/04/15(火) 13:17:35 ID:???
寒いはずはない
少女の胸に 魔法のマッチが燃えていた


182 :さく・え/ななし:2008/10/29(水) 17:23:32 ID:???
で、誰よそのねないこってのは


190 :さく・え/ななし:2010/05/15(土) 04:47:38 ID:+GG6kNuf
虎眼流「影送」

ちいちゃんの必勝形である

関連記事
2010/10/24 13:25:28 コメント14 ユーザータグ シグルイ

コメント

※57877No name:2010/10/24 14:01:20
ちいちゃんの必勝形クソワロタwwww
※57879No name:2010/10/24 14:27:05
おみごと・・・    おみごと・・・
  おみごと・・ おみごとにございす・・
おみごとにございます・・・
※57883No name:2010/10/24 16:04:54
漫画じゃなくて絵本の板のスレってところが味出てるなw
※57894No name:2010/10/24 19:06:56
>>173
死なすなw
※57895No name:2010/10/24 19:13:49
>>37-41
笑い死なす気かw
※57896No name:2010/10/24 19:27:31
「おばあちゃんにあらず!」でクッソフイタwwww
※57901No name:2010/10/24 21:29:26
臼は猿の頭上に
牛の糞は足元に
栗は眉間に狙いを定め
蜂が取りだしたるは毒針
そして子蟹の笑み
※57902No name:2010/10/24 21:36:14
桃太郎のやつ>>40までなんとか耐えていたのに>>41で吹き出してしまったw
※57924No name:2010/10/25 16:35:06
甲殻類を手打ちwwwww
※57955No name:2010/10/26 02:58:27
159のお針子酷すぎるwww
これもっと涙を誘う話だっただろwww
※57956 :2010/10/26 08:25:44
若先生の絵で再現されるから困る
※57969 :2010/10/26 17:18:54
ぐりとぐらでぬふぅ、絶対あると思ったらやっぱりあったw
※72123:2011/08/30 06:31:24
ぬふぅは定番のネタなのか。
ちいちゃんの影おくり懐かしいw
※86393No name:2012/08/06 11:53:54
ぐりとぐらで吹くw

コメントの投稿

« グラップラー絵本 | 機動戦士グルイ »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.