SLPY

●PC版●スマホ版●携帯版

前スレ★吉良「ヘイ!しのぶ」:序 ★吉良「ヘイ!しのぶ」:破

23 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:43:17.99 ID:WUhorR3m0
神父「な、なんだと!!

    こ、これは!!私の体が!!」


承太郎「お前は!!
     いつの間に・・・ッ!!」

由花子「こ、攻撃が・・・
     唯一アイツに攻撃が成功した!!」


アナスイ「ま、マンホールの中から攻撃したのか!!」



??「間に合ってよかった・・・」


24 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:43:42.49 ID:WhGV+GrdO
ここでまさかのフーゴ御大


25 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:43:54.87 ID:ErQCvDCw0
隼人ォ


29 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:44:10.15 ID:x7ELTjiY0
マンホールってww承りかよw


38 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:48:27.04 ID:WUhorR3m0
露伴 「おひさしぶりです 承太郎さん」

承太郎「岸辺露伴! いつからそこに!!」

露伴 「仗助たちを追って飛行機でここまで来たんだ

     遠目からアンタ達がやばそうだったから
     マンホールを降下して ここまで移動し
     真下から攻撃したんです

      間に合ってよかった」

エンポリオ「ほ、本になってる!! プッチが本になっている!!
     やった!! プッチは攻撃を意識できないと
     反転させる事はできないんだ!!
     マンホールからの攻撃でヤツに一泡拭かせた!!」


39 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:48:58.10 ID:zmJrVi6H0
露伴ちゃんキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!


40 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:49:02.91 ID:3yCiFOhe0
ろはああああああああああああああああああああああああああああん!!!!!!!


48 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:50:00.80 ID:e2oOrmSr0
ホントにおいしいトコだけもっていくなw


62 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:51:23.35 ID:wEtav6QS0
なんという御都合主義展開wwwwwwwwwwww
でも露伴ちゃんなら許せるwwwwwwwwwwww


72 :愛の戦士:2008/06/16(月) 22:54:09.11 ID:WUhorR3m0
神父 「クソ!!こんなもの
     本にされた事実を
     反転させればいいだけの話だ!!
     意識できなかったから脅威であり
     意識してしまえばいくらでも取り返しはつく!!」

承太郎「!!」

神父「C-MOONレクイエム!!
   "反転"させろ!!」

エンポリオ「ま、まずい!!
      奴が本を解除する気だ!!」

アナスイ「奴に スタンドを発動させるなァ――!!」

承太郎「スタープラチナ!!」





露伴 「慌てなくて大丈夫だぜ 承太郎さん」


95 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:00:53.59 ID:WUhorR3m0
神父「!!」

神父「C-MOONレクイエム!!」

神父「・・・」

神父「何ッ!! C-MOONレクイエムが発現しない!!」

露伴「どうも僕は手癖が悪いみたいでね
    本にするついでに ロックをかけさせてもらったよ
     アメリカの神父さん」

                   私
       使      を    は
       用      一   ス
       で      切    タ
       き           ン
       な           ド    
       い        

露伴「外国人に使ったのは初めてだが
     なるほど、英語で書けば効果はあったようだな」        


104 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:01:50.79 ID:1D41F4Zd0
>>95 本当においしいとこ取りだな露伴www


123 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:06:51.23 ID:WUhorR3m0
親父「うう・・ 吉良・・・ なんて事じゃ
    こんな事になってしまうなんて・・・」

――悲しむ事はない・・・
   むしろこの方がこの状況では
   この状態の方がいいかもしれない

親父「じ、じゃが死んでしまっては・・・
    それはもう人生とは言えんのじゃぞ?」

――大丈夫・・・
   矢でスタンド使いを増やし
   私を生き返らせてくれる能力者を探せばいい・・・

親父「うう、お前はいい子じゃ
    前向きで こんなわしを励ましてくれている!!」

吉良「僕もいい父親を持った・・・
    この写真にしがみ付いていればまだこの世に存在していられる・・・
    こうして隼人を殺す機会をうかがえるんだからな!!」


124 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:07:29.53 ID:metsSirj0
吉良の血統しぶてえええええええええええwwwwwwwwwww


125 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:08:08.17 ID:2O9wez3mO
生きてるのか死んでるのか


127 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:08:09.28 ID:imVQauqv0
さすが吉良wwwwww


143 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:12:57.94 ID:WUhorR3m0
親父「いくぞ!! 復讐じゃ!!
    静!! 写真を透明にし
    わし達を
    隼人らの所へ連れて行け!!」

静 「了解・・・ 今度は決してミスらない!!」

吉良「ククク・・・
    スタンドも使える
    体のあらゆる感覚はないが
    スタンドで人を殺せるだけの
    "闘志"俄然増すばかりだ!!

    まずは隼人を殺し その次に康一・・・
    そして依布・・・ クク
    本当にいい女に育ったもんだ
    何も話さない君は きっとスゴク素敵だよ・・・」


161 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:18:52.59 ID:WUhorR3m0
井上「ハァハァ・・・ "川尻"・・・
    これで・・・俺は自由だ・・・」

康一「さぁ、次はお前の番だぞ・・・
    お前は倒さなきゃならない宿命だ!!
    ジョースターさんの弔いだ!!」

井上「・・・」


井上「・・・ああ 好きにしろよ」

康一「!?」

依布「ッ!!」

井上「あぁ・・・ クソ・・・
    復讐なんて虚しいだけだ・・・
    こいつを倒しても 俺は今ハッピーでもなんでもない・・・
    人生の始まりだと思っていたのに・・・ こいつを倒して
    第2の人生が始まると思っていたのに・・・
    結局俺の生きていた理由は"復讐"だったんだな

    理由を失っちまった人間は・・・ もう・・・
 

    好きにしろよ」


163 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:23:02.31 ID:WUhorR3m0
依布「わ、私じゃダメなの?」

井上「・・・?」

依布「アナタの娘である私が
   生きている理由じゃだめなの?
   私の生きている理由は"父さん"だった
   父さんがまた私に微笑んでくれるかもしれない
   そんな希望を抱いていたら 私は今まで生きてこれた」


井上「・・・」

康一「依布・・・ サラサ・・・」

           . . . .
井上「お前が・・・ 俺の理由・・・」


171 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:25:48.11 ID:WUhorR3m0
隼人「人はまたやり直せる
    これからだってある」

康一「井上・・・ お前がもし
    反省して生きてくれるなら
    僕はお前には攻撃しない」

井上「・・・」

依布「父さん・・・」






親父(今じゃ!! いけ 静ッ!!)


180 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:28:36.26 ID:WUhorR3m0
 ガスッ!!

康一「うぐぅッ!!」

隼人「!!」

依布「こ、康一君!!」

井上「・・・ッ!!」

隼人「ヤバイ!!致命傷だ!!
    ここは頚動脈だ!! きられてしまったッ!!
    早く仗助君を呼ばないと・・・」

依布「か、彼は・・・ 彼もまた重症・・・」

隼人「そうだったクソ!! どうしよう!!」

井上(く、私のせいで・・・ッ!!)


184 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:32:56.69 ID:WUhorR3m0
依布「み、見えない敵が攻撃している・・・
    攻撃してきているッ!!」

隼人「クソ!! 早く彼を治療しないと!!」

井上「・・・・・」






井上「リバーサイドホテルッ!!」

依布「な、何をする気!?」

井上「どけ・・・ 安心しろ 治療する」

  ピキィィィィイイイイイン!!

井上「動脈の周囲をを冷凍させて 繋いだッ!!」


191 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:40:06.47 ID:WUhorR3m0
井上「依布、こいつを連れて逃げろ」

依布「え?」

井上「俺がお前の・・・ 父親だった事を忘れないでくれ・・・」

依布「な、何を言ってるの?」

井上「おい!隼人とか言うヤツッ!!
    俺の娘を連れて逃げてくれ!!」

隼人「は、はい!!」

井上「リバーサイドホテルッ!!
     かきまわせッ!!!この一帯全てを!!」

シュンシュンシュンッ!!!  シュンシュンッ!!

静(や、ヤバイ!! スタンドを全て暴走させている!
   こ、このままじゃ私もやられる!!)

親父「な、なにをやっとる静!!
    早く奴を止めるんじゃ! ワシらまで被害をこうむる!!」

静「い、嫌!! 怖いわ!!」

吉良「フゥ~~ ヤレヤレ・・・
    キラークイーン・・・」




196 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:43:48.36 ID:WUhorR3m0

  ボムッ!!

静 「い、痛いッ!!」

吉良「君の髪の毛を一部爆弾に変えた・・・
    本気を出せば 君を消し飛ばす事もできる・・・」

静 「!!」

吉良「いいかい? 20秒以内にアイツに接近してくれ
    そうじゃないと今度はそうだなァ・・・
    その右の乳房を目も当てられないものに変えちゃうかも・・・」

静「うう・・・ うぁぁあああああああッ!!」


197 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:45:19.58 ID:e2oOrmSr0
なんたる外道


200 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:46:21.24 ID:+fyyI2Ly0
しずか「きゃあ!よしかげさんのエッチ!」


204 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:48:34.06 ID:WUhorR3m0
井上「そこか!! 食らえェェェェエエッ!!」

  ビュュュュンビュンビュンッ!!

静「ああああぁぁぁ!!」 バキッ!! バシッ!!

井上「よし!! 当たった感触がするぞ!!」

吉良「10秒・・・」

静「も、もうやめて・・・!!  こ、怖い!!」

吉良「15秒・・・」

静「うあああああッ!!」

吉良「ウン・・・ よし、ここまで来れば届くぞ
    キラークイーンッ!! 爆破しろ!!」

井上「!!」


吉良「さらば強敵よ・・・」

  ボムッ!!

井上(サラサ・・・)

 シュゥ――ッ・・・・・・・


212 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:54:01.07 ID:WUhorR3m0
吉良「フム・・・ よくやったじゃないか・・・
    とても11歳とは思えない才能だぞ」

静  「ハァハァハァ・・・」

吉良「ン? 怪我でもしたのか?
    透明だから良く見えないが 震えているぞ?」

静  「ハァハァ・・・・」

吉良「本当によくやってくれたよ ありがとう
    だが困った事に近づいたのは21秒目だったんだよなァ・・・」

静  「!!」

吉良「フーム 約束は守らなくっちゃなァ・・・」

親父「お、おい吉影・・・ な、何をしとるんじゃ!!」

吉良「父よ黙っていてくれ これは僕と彼女の問題さ
    さぁて・・・  どうしたものかな フフフフフフ」



213 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:54:46.50 ID:/dvHvkQk0
なんというゲス野郎…


214 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:55:12.75 ID:Q62G0fHC0
やはりロリコンか・・・


220 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:59:26.71 ID:WUhorR3m0
依布「ハァハァハァ・・・」

隼人「ハァハァ・・・!!」

康一「・・・」

隼人「ま、まずい・・・ 凍った動脈が溶けかけてる・・・
    血液を循環しているから無理はないが・・・」

康一「・・・」

フーゴ「こ、康一じゃないか!! よかったやっと合流できた!!」

トリッシュ「でも 怪我をしているみたい」

フーゴ「そうだな 彼女達に話を聞いてみよう!!」

依布「あ! 彼らは・・・ パッシーネの!!」


221 :愛の戦士:2008/06/16(月) 23:59:55.68 ID:metsSirj0
トリッシュと・・・えーと・・・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


226 :愛の戦士:2008/06/17(火) 00:02:24.97 ID:1W5tTEMTO
ようやくナンテコッタさんに活躍の場が!


228 :愛の戦士:2008/06/17(火) 00:02:57.22 ID:loise0S30
フーゴ「ここで何が起きたんだ?」

依布「・・・」

フーゴ「コウイチが怪我をしているが
    誰かにやられたのかい?」

依布「・・・」




依布「し、しまった・・・ なんて言っているのか・・・」

隼人「な、何語を話してるんだこの人たち?」

トリッシュ「コウイチの怪我を治療するから
      ちょっと渡しなさい」

隼人「あ! オイ!何をする ん だ!」

依布「大丈夫、言葉は通じないけど 彼らは味方!」


260 :愛の戦士:2008/06/17(火) 00:18:44.52 ID:loise0S30
トリッシュ「ッ!!」

フーゴ 「どうしたんだトリッシュ?」

トリッシュ「・・・げて」


フーゴ  「?」

トリッシュ「に・・・逃げて・・・ッ!!」

  ボ  ム  ッ  !  !

隼人 「ッ!!」

依布 「こ、これは!!」

フーゴ 「い、いつの間に・・・ッ!! トリッシュが消えたッ!!!」

吉良(フフフ・・・ いいぞ・・・ 静・・・ "しつけ"をすれば
    もっと実力が出るようになったじゃないか・・・)

依布 「ヤバイ! 奴らが近づいてる!!
     "透明な敵"+仲間がッ!!」

フーゴ「くそ・・・ トリッシュをどこへやったんだ!!
    許さないぞッ!! 死ぬのは・・・
    "僕の新しい能力"を見るお前達だッ!!」


266 :愛の戦士:2008/06/17(火) 00:20:48.16 ID:zpKpK1kPO
ドンナコッタさんが新技だと!!!!


371 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:01:11.65 ID:loise0S30
承太郎「やれやれ、エンリコ・プッチ
      ようやく追い詰めたぜ」

エルメェス「ブっ殺すッ! その脳天
      カチ割ってやるッ!!」

アナスイ「地獄へ落ちろッ!
      このゲス野郎ォォォッ!!」

ミスタ  「おいちょっと待てよ
      そいつを殺すのはダメだぜッ!」

承太郎「アナスイ 攻撃を止めろ!」

アナスイ「!?」

承太郎「どう言う事だ グイード・ミスタ
     何故止める」


376 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:09:04.91 ID:loise0S30
神父 「ハァハァ・・・」

ミスタ 「コイツはジョルノの矢を持ってる
    矢がスタンドに飲み込まれたままコイツが死んだら
    矢も一緒に消滅するかもしれない」

承太郎「矢だけ残るかもしけないぞ」

ミスタ 「あぁかもな! だが1%でも
    矢が消滅しちまう危険性があるなら
    今殺すのは待ってほしい!
    殺るなら 矢を回収した後だぜ」

承太郎「矢はスタンド使いを生むだけだ
     本来は破壊しなければならない」

ミスタ 「あの矢は特別なんだよ!
     アレは"レクイエム"を発動させる専用の矢なんだ
     こういう"いざ"って時 役に立ってきたんだ
     破壊はさせねぇぜ」

承太郎「やれやれだぜ」


380 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:17:48.72 ID:loise0S30
フーゴ「2人ともこっちに来るんだ!」

隼人「くそ、言葉が通じないから
    この人と連携がとれないッ!」

依布「この状況ならきっと
   "一箇所に集まりお互いが
    お互いの死角を補うように
   そばに来いッ"て言っているのだと思う!」

隼人「た、確かに・・・
    そうすればもしかしたら敵の
    "見えない攻撃"の正体がつかめるかもしれない!!」

フーゴ「よし!理解してくれた 僕の考えを!!
    いくぞ パープルヘイズッ!!」

パープルヘイズ「うばしゃゃゃゃややややァ――ッ!!!」


381 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:20:32.37 ID:SkIJ1/0B0
パープルヘイズきたぞッッ


383 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:24:41.64 ID:loise0S30
吉良(やれやれ・・・ 予想通り
    アイツもスタンド使いだったのか・・・
    随分凶暴そうなスタンドだな)

静  「う・・ううう」

吉良「おいおい・・・ 何を泣いているんだ?
    泣き声で連中がこっちの位置に気づくかもしれないぞ?」

静  「うううう・・・」

吉良「なぁに 心配する事はない
    乳房が片方なくても 生きていくのには
    何の問題もないんだからな
    さて、今度は2分の時間をやろう
    もし・・・ それまでに近づかなければ・・・

    分かるね?今度は左だぞ・・・」

静  「ゆ、許して・・・ もうやめて・・・」

吉良「フゥ~~ "趣味"なんだよ
    別に許すとか許さないとかそういう問題ではないんだ
    さぁ、もう残り時間が105秒しかないぞ?」

静  「う… うぁぁあああ!!」


386 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:34:29.20 ID:loise0S30
ジョルノ「ゴ、ゴールド・・・ エクスペリエンス・・・」

ミスタ  「!」

  スゥゥゥウッ!!

ミスタ  「やっと目を覚ましたか ジョルノ!」

ジョルノ「え、ええ 随分深々と・・・ やられてしまいました・・・
     傷は今治療しましたが・・・
     やれやれ 神父は?」

承太郎「私の知り合いが追い詰めてくれた
     それよりジルョノ・ジョバーナ
     レクイエムの本体を殺すとどうなる
     矢は消滅するのか」

ジョルノ「矢を完全に支配できなければ
     暴走したままです
     本体を殺しても レクイエムは消滅しません
     ですが、そうですね
     レクイエムを支配したものが
     死んだ所を見たことはありませんので
     なんとも言えませんよ」

ミスタ  「スタンドを破壊すれば 矢は手に入るはずだぜ!」

承太郎「やれやれ・・・」


391 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:45:20.61 ID:loise0S30
パープルヘイズ「うばしゃゃゃやややァ!!」

  ポ   ポ  ポッ!! 

  プシュ―――ッ!!

吉良(あのスタンド・・・
    何か分からないが
    あのカプセルから散布されている物・・・
    アレが能力らしいな)

吉良「静、少し様子を見よう
    いったん離れるんだ」

フーゴ(僕がチームを一度脱退して
    その後身につけた無敵の能力!!
    これなら"見えない敵"でも!
    倒すことは可能だ!!)


393 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:55:04.81 ID:loise0S30
       パープルヘイズヘンドリックス
フーゴ( 名づけて無毒の紫煙ッ!!
      無毒なため殺傷能力はないが
      光に強く 長持ちし
      様々な効果を発揮してくれるッ!!
      これでやつらを追い詰めるッ!)

吉良(フム・・・ 厄介だぞ
    アレは射程が広いのか・・・?
    こうやって見ているだけでは
    どんな能力か良くわからない・・・)

フーゴ「まずウィルスを操作し周囲の状況を感知するッ!!
    このウイルスは生命&スタンド 探知機だッ!
    最初4mから開始し 徐々に捜索範囲を広げる!」

吉良(連中の周囲を取り囲むように・・・ 徐々に広がっていく
    なるほど・・・ 探知機か何かの役割か)


394 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:56:11.52 ID:cFZyPRHN0
微妙wwwwwwww


395 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:56:50.91 ID:SkIJ1/0B0
>>393今度は無害ときたか
確かに極端なところがパープルヘイズらしい


397 :愛の戦士:2008/06/17(火) 11:59:58.93 ID:tO3LfKeM0
エアロスミスとグリーンデイの複合的な能力か


398 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:00:29.18 ID:loise0S30
吉良(しかし、探知機だとしても
    まだアレは何か応用が利くものかもしれない・・・
    不用意に近づくのは良策ではないか

    と、普通なら思うだろうが
    あの能力が周囲をもっと広く取り囲んだのなら
    中に入り込んでやつらを攻撃するのは至難の業だ
    今はまだ半径4m程度 一気に踏み込めば
    探知される前に攻撃できるかもしれない・・・)

吉良「静・・・ 行け このまま一気に近づけ」

静 「で、でも・・・ あの周囲に何かが・・・」

吉良「いいから近づけ そうだ今回は10秒だ いいな・・・
   10秒だぞ」

静 「!」


401 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:08:02.09 ID:loise0S30
静 「うッ!!」

 スタタタッ!!

吉良(フフフ・・・ 徐々に動きにキレが増していくな
   流石だ これなら探知する前に
   ヤツらを攻撃できるかもな・・・)

フーゴ(! 今ウィルスの結界に誰かは入った!
    ウィルスの射程が4mのうちに攻撃を仕掛ければ
    気付く前に僕達を襲えると
    予想して飛び込んできたのか

    だが僕もそれを予想していたッ!! 掛かったなッ!!)

フーゴ「フーゴ・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノンッ!!」

 ドッゴオオオォォォォォオオオオッ!!!!

  ビリビリビリッ バキバキッ!!

静「ア゛ア゛ッ!!!」

吉良(くそ・・・ やられたッ!!)


403 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:09:11.87 ID:VhWuG7P70
フーゴ、それはバオーじゃないかwwww


406 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:09:44.17 ID:evSwewxH0
フーゴ・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノン

相手は死ぬ


407 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:09:49.52 ID:jjJmBVp30
>>401 フイタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


412 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:15:06.16 ID:loise0S30
フーゴ(僕の新しい"無害の紫煙"

    普通の人間でも筋肉や神経は
    スゴク弱いが電気をつくっている
    もし! その細胞を乾電池をつなぐように
    ひとつひとつ直列状につなぎあわせたとしたら

    ごく弱い電気は! 何十万倍 何百万倍の
    細胞の数の電力となるはずだ!
    電気うなぎがそうやって発電するように
    『無害の紫煙』もそれができるのだッ!!)

静  「あッ・・・」

吉良(くそッ!! 電撃か!!
    静が気絶してしまった!!)

フーゴ(ましてやスタンド能力ッ!!
    ひとつひとつすごいパワーを持っている
    高圧電流6万ボルトだッ!!)


413 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:16:09.39 ID:jjJmBVp30
そいつに触れる事は死を意味するッ!
これがッ!これがッ!これがフーゴだッ!!!


420 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:21:54.73 ID:loise0S30
隼人「と、透明が解除されていく・・・
    何てことだ 僕達を襲っていたのは・・・
    まだ小学生くらいの女の子じゃないか!!

    そ・・・そして 彼女が持っているあ、あの写真・・・

    あの写真の中には・・・
    吉良の親父ッ!! それともう1人男が入っている!!」

吉良(そうだったか? ああそうだった・・・
    隼人は私の素顔を知らないんだったな)

フーゴ「な、なんだアレは・・・ 写真!?
    中に人が入っている!!
    なるほど・・・ 亀のスタンドと似たようなやつか・・・
    そして・・・ お前達がトリッシュをどこかへ隠したんだな!!」

親父(このガイジン・・・ 何をしゃべっとるんじゃ?)


427 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:29:13.68 ID:loise0S30
承太郎「露伴 お前のスタンド・・・
     "スタンド相手"にも能力は利くのか?」

露伴 「えぇ 利きますよ
     本体に書き込めば
     スタンドにも影響する」

承太郎「では こいつに書き込んでくれ
     "今すぐに矢を取り出す"という文面を」

露伴 「"矢"?」

承太郎「あぁ、どうやらパッショーネチームは
     スタンドを進化させる矢を保有していたらしい
     それをこいつが使って 発動したというわけさ
     回収しなくてはならない 頼む」

露伴 「アイアイサー」

神父 「クソッ!! クージョーッ!!」


433 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:32:05.02 ID:dfjyGdcr0
露伴ノリノリww


437 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:38:16.64 ID:loise0S30
親父「クソ! とにかく不利じゃ!!
    ワシらだけではやつらに対抗できん!!
    ここはいったん退くのだ!!」

吉良「・・・しょうがない 今はお預けだ
    依布 サラサ  フフフ」

 カァカァッ!!

フーゴ「くそ! カラスにつかまって逃げやがった!!」

隼人「そ、そうだ! 康一さんを治療しに行かないと!!」

依布「ま、まずい!! いつの間にか
    動脈がほとんど溶けている!!」

フーゴ「トリッシュ!! どこだ!! トリッシュ!!
    トリ・・・

    これは・・・ トリッシュの"手首"!!
    そんな ウソだろッ! おいッ! 返事をしろォ――ッ!」

  トリッシュ ウナ 死亡


438 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:39:29.28 ID:SkIJ1/0B0
トリッシュが!!


439 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:40:12.75 ID:dfjyGdcr0
ええええええええええええええええ


440 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:40:35.69 ID:VhWuG7P70
やっぱり女の手首は吹き飛ばさず残しておくのね


441 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:40:43.75 ID:1W5tTEMTO
なんかみんなナランチャ並に死んでないか


442 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:41:03.50 ID:tO3LfKeM0
あっけねぇー!!てか吉良の趣味と違う手首だったのかトリッシュのは!


450 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:46:38.25 ID:loise0S30
噴上「た、立てるか・・・? 億泰、仗助」

億泰「い、いや・・・ コリャキツイぜ
    お前は大丈夫なのかよォ…」

噴上「よ、養分を吸い取ったからな 井上の」

億泰「クソ、俺の事より 仗助だぜ・・・
   俺はスタンドで一瞬早くガードできたが
   仗助がマズイぜ・・・」

噴上「ああ、痛々しい傷跡だ・・・
   だがまだ息がある!!」

億泰「承太郎さんたち呼んできてくれ・・・
    ジョルノとかいうヤツが・・・
    岸辺露伴を治したと聞いてる・・・
    ヤツも治療が出来るはずだからよ」

噴上「ああ、待ってな すぐ呼んできてやるぜ・・・」



億泰「畜生・・・ ダボがァ・・・ 買ったばっかの服なのによぉ
    中古だが・・・」


453 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:56:37.16 ID:loise0S30
依布「ジョルノ・ジョバーナという人は
   岸辺露伴先生を救った事がある!!
   彼ならこの傷を治療できる!」

隼人「あ! いた!本当にいたッ!!
    見覚えのある人たちだ!!」

ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ッ!!」

神父 「ヤダッパァァァアア!!!」

ジョルノ「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ッ!!」

神父 「グハァァア!!」

ミスタ 「おいおい、その辺にしとけよ
     矢は回収できたんだしよォ」

ジョルノ「だめですよミスタ
     ギャングの面子もありますし
     ここはキッチリ落とし前をつけてもらわないと」

神父 「う・・・ ぐう・・・」

ジョルノ「何逃げようとしてるんですか
     あと少しですから頑張ってください」

神父 「うぁぁぁぁあ!!!!」

承太郎「ん? あれは川尻隼人・・・」


454 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:57:54.72 ID:VhWuG7P70
神父がwww


456 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:58:12.88 ID:La3B/ZOWO
鬼畜wwwwwwwww


457 :愛の戦士:2008/06/17(火) 12:59:08.68 ID:5oq7dn8Q0
さすがギャング


458 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:00:13.08 ID:tO3LfKeM0
プッチがザコキャラ扱いwwww邪悪な言い分さえ言わせてもらえないwww


461 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:02:03.12 ID:loise0S30
承太郎「康一君! どうしたんだこの傷は!!」

隼人  「吉良にやられたんです!!
      早く治療をしないとッ!」

承太郎「ジョルノ こっちにきてくれ」

ジョルノ「今いい所なんですよ 明日でいいです?」

神父 「こ、このちっぽけな・・・」

ジョルノ「WRYYYYYYYッ!!」

神父 「ギャフンッ!!」

由花子「こ、康一君!! しっかりしてッ!!」

承太郎「康一君が危ない 急いでくれ!」

ジョルノ「なんですって! コーイチが!?」

神父 「ハァハァ・・・」


462 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:02:48.61 ID:VhWuG7P70
神父が虫の息www


464 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:03:41.27 ID:1XKMO5/YO
それにしてもこのギャング、ノリノリである


465 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:04:08.14 ID:Y3kgP9KfO
神父の扱いがwwwwww


469 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:08:42.46 ID:loise0S30
ジョルノ「ゴールド・エクスペリエンスッ!!」

 スゥゥゥウウッ!!

康一「・・・・」

ジョルノ「バ、馬鹿な・・・ 傷は完璧に治したッ!!」

隼人「康一君ッ!!」

依布「康一さん!!」

由花子「ここここ、こういチチチチチチチチチィィイ!!!
     お、おきて・・・ 早く目覚めるのよォ―――ッ!!」

康一「・・・」

隼人「こ… これは…」


473 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:13:26.76 ID:loise0S30
依布「これは… これって!!」

ジョルノ「お、遅すぎたんだ・・・」

隼人 「なんて事だ…」










承太郎「寝ションベンだ
     ゴールドエクスペリエンスで
     急激に体力が回復し 新陳代謝が高まり
     利尿作用を引き起こしたんだな 飛行機の中で
     済ませとけばいいモノを・・・ 遅すぎたな」

由花子「まぁ! 康一君ッたら イケない人ッ!!」

康一 「う・・ううんムニャムニャ」


474 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:14:37.05 ID:SkIJ1/0B0
康一wwwwやっぱりここの康一は康一だったwwwwww


477 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:15:24.25 ID:5oq7dn8Q0
康一は高校生になっても大人になっても漏らす男だ


478 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:15:29.01 ID:MsGWQ2HPO
(ノ∀`)


481 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:20:20.35 ID:loise0S30
康一 「ううん・・・ ここは・・・」

ジョルノ「まだ動かないほうがいいですよ
     傷口が開くといけない」

康一 「ああッ!! ぼ、ボクなんて事だ!!
     27にもなってパンツを濡らしているッ!!」

ミスタ 「安心しろよ 良くある事だぜェ」

ジョルノ「こういう緊張した戦闘の中では
     珍しい事ではありませんよ」

由花子「もう康一君たらッ!! 私が洗ってあげるわッ!!」

康一 「だ・・・ ダメだ!! そんな事をしちゃいけないッ!!」

由花子「アラ どうして?」
     . . . . .
康一 「両方なんだ!!」


483 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:21:37.78 ID:MsGWQ2HPO
最悪だwwwwwwwwwwwwwww


485 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:21:39.75 ID:5oq7dn8Q0
オーマイガッ!


486 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:21:43.88 ID:1XKMO5/YO
なんというクソミソな展開wwww


492 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:28:23.78 ID:loise0S30
噴上「お、おい! 承太郎さんッ!!
    ジョルノってヤツはどこだッ!!?」

承太郎「噴上裕也!! どうしたその怪我はッ!?」

噴上「俺の事はどうでもいいんだ
    仗助と億泰が大変なんだッ!!
    すぐに治療しないと・・・」

承太郎「やられたのか!
     ジョルノ!  今すぐ移動するぞ!!」

ジョルノ「今度はなんです?」

承太郎「仗助と億泰がヤバイ 急ぐぜ」

ミスタ  「へ、命拾いしたな神父ッ!!」

神父 (おお、主よ・・・)


493 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:29:43.96 ID:SkIJ1/0B0
神父完全ザコ扱いwちゃんととどめ刺してけw


494 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:39:33.10 ID:loise0S30
――ボク達がケープカナベラルを去った後も
   その一帯の地域では沢山の消防隊や
   警察隊が何日もかけて事件の真相を
   暴こうとしましたが 何も手がかりはつかめませんでした

   エルメェス アナスイ 
   2人の協力者は その後の話で
   刑務所に収容されたそうです

ジョルノ「トリッシュ・・・ 我々"家族"が
     あなたの死を盛大に弔う・・・」

   パッショーネチームはその後
   神父を連れて イタリアに帰りました
   なんでも 神父の能力をジョルノが気に入ったらしく
   犯罪を犯す能力者達を食い止めるのに役立っているそうです

   僕達杜王町組は承太郎さんが用意してくれた
   専用の旅客機機で日本に帰りました


496 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:41:44.13 ID:VhWuG7P70
ギャングに使われるとは神父として不本意極まりないだろうなw


497 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:43:20.59 ID:loise0S30
承太郎「神父の攻撃から ずっとそこで気絶していたのか・・・」

     「ん・・・」

承太郎「目が覚めたか」

    「こ、ここは・・・」

    「神父は・・・?」

承太郎「大丈夫、やつはもう終わった」

     「あ、アタシ・・・」


承太郎「成長したな・・・ 徐倫」

     「"父さん"」


承太郎「帰ろう 俺達の家に」


499 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:48:42.48 ID:loise0S30
億泰 「ちゃ・・・ たかがよォ
     数日仕事休んだだけで
     クビにするか普通ッ!!」

康一 「しょうがないよ
     これが現実ってヤツさ」

仗助 「オメェはいいよなァ
     クビにされねぇですんでよォ」

康一 「有休を使っといたからねッ!!」

億泰 「畜生ッ!! なんか腹立つぜ
     康一のクセに!!」

仗助 「しかしよォ これからどうすっかな
     女房も子供つれてどっかいッちまったしよ」

億泰 「そうだなァ・・・ ギャングにでもなるか?」

康一 「何考えてんだよ まったくバカだな億泰君は!!」


502 :愛の戦士:2008/06/17(火) 13:54:03.19 ID:loise0S30
由花子「こういう密閉の仕方してある荷物は
     早めに冷蔵庫に入れて頂戴
     それで、伝票はこっちの棚に入れておくのよ」

静   「あ、あの本当にいいの?」

由花子「親もいない子供を
     見過ごすわけにはいかないでしょ
     ただし、働かざるもの食うべからずだからね」

静   「あ、ありがとう・・・」

依布 「明日から・・・ 学校に行こう
     ちゃんと勉強しに行かなくてはダメ」

静   「でも・・・ お金がかかるわ・・・
     私ここで働くから・・・」

由花子「子供は勉強が仕事だよ
     明日からちゃんといきな」

静   「う・・・うう」

由花子「ほら、泣くんじゃないよ」


510 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:02:52.31 ID:loise0S30
隼人「こ、これからどうするんですか」

忌野「さぁな、これからの事は分からない」

隼人「い、家はどこなんですか?」

忌野「井上を探すために
    売り払ってしまった
    いろいろ情報を掴むには
    金が必要だったからな」

隼人「じゃあ・・・」

忌野「なぁにこんな老いぼれ
    生きていても あまり意味はない
    なるようになるだけさ」

隼人「そ、そんなの悲しすぎる!!」

忌野「君は本当に温かい心を持った少年だ
    君に会えて嬉しかったよ」

隼人「そ、そうだ 僕の家に来たらどうです!!」

忌野「君に 老いぼれの介護はさせたくない・・・
    元気でな」


512 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:05:05.48 ID:1XKMO5/YO
忌野本当に60歳かよ カッコ良すぎる


515 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:13:39.27 ID:loise0S30
露伴「牛タンと塩カルビ あと生一本追加ね」

店員「ええっと牛タン、塩カルビ 生ビール
    以上でよろしかったですか?」

露伴「おい"よろしかった"なんて言葉の使い方するなよ!!
    腹が立つだろッ!!」

店員「す、すいませんでした!」

露伴「フフ・・・ 一度注意してみたかったんだよな得しちゃったなァ~~~」

仗助「やっぱりここかァ岸辺露伴」

露伴「ゲェ!! 東方仗助!」

億泰「仕事クビにされちまってよ!! 当分食ってねぇんだ
    おごれよ漫画家ァ」

露伴「お前らに食わせる牛タンはねぇ!」

仗助「硬ェ事言うなよな この間命救ったろ?」

露伴「く・・!!」

億泰「俺なんにしようかな カレーください!!」

露伴(焼肉屋でカレーを頼む奴がいるか!! この馬鹿者ッ!!)

康一「あれェ~ 仗助君じゃないか」


518 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:15:02.08 ID:SkIJ1/0B0
露伴ちゃん素敵すぎるよ露伴ちゃん


519 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:15:04.16 ID:MsGWQ2HPO
また露伴かwwwwww


523 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:23:38.47 ID:loise0S30
由花子「あら、みんな勢ぞろいね」

仗助  「おう? オメェらも焼肉か?」

由花子「この子が家に来ることになったんでね
     その祝賀パーティーを兼ねてるの」

静   「・・・あ」

康一 「ああ! たしかボクの頚動脈を切り落としたって
     承太郎さんが言ってた子じゃないか!!」

仗助 「康一、この子を恨むなよォ
     この子だって脅されてたらしいしよォ」

康一 「ボクが恨んだりするわけないじゃないか」

静  「あ、あの時はごめんなさい」

億泰 「おうおう、そういうのはいいからよォ
     こっち座わんなよ カレー食う? 甘口?」

露伴 (だからカレーを頼もうとするなッ!! マヌケが!!)

依布 「私、にんにくカレー牛肉抜き」


524 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:24:37.14 ID:MsGWQ2HPO
なんというヘヴィなメニュー


531 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:31:42.21 ID:loise0S30
親父「こいつも・・・ ろくな能力をもっとらんかったの」

   ボム!!

  シュゥゥ―――ッ・・・・

吉良「まったく・・・ 早く生き返りたいものだ・・・
    今の状態では"何を触っても石や無機質"
    のような感触しかしない・・・
    これは私の求めている生活ではない・・・」

親父「安心せい 吉影・・・
    "4人の味方"もおる・・・
    こいつ等がおれば 誰にも邪魔されることなく
    いつかは我々の求める能力者にたどり着ける」

吉良「フフフ・・・ 見方を作るのは趣味じゃないが
    この際仕方ない まっていろよ東方共・・・
    いずれ生き返ったあかつきには
    "4人の仲間"と共に 貴様を殺す・・・」

親父「今はただひたすら待つだけじゃの・・・」


533 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:33:05.80 ID:1XKMO5/YO
また新たな敵ッ!


538 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:38:50.45 ID:loise0S30
  2011年 音石明 ジョセフジョースター
        井上陽水 トリッシュウナ
        吉良吉影   死亡

  彼らの戦いが ここに今黄金の幕を下ろした

  だが、この静かな街杜王町で
  穢れた因縁が渦巻く4人の人間と共に
  ドス黒い歴史の幕が開かれようとしていた

        


557 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:52:04.75 ID:loise0S30
桜井「田原っち・・・ 本当に信用できるの?
    あの吉良って奴ら・・・」

田原「わ、わからない・・・ でも
    僕達にこんな力が備わったのは
    あいつらのおかげだ」

鈴木「これからどうするんだ」

中川「まずは 吉良の言う
    "東方"って連中を探そう」

桜井「そうだな・・・ 杜王町へ向かうか・・・」

 ゴ  ゴ  ゴ  ゴ  ゴ


559 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:54:00.45 ID:1XKMO5/YO
ミスチルwwww
やはりオリジナルキャラは邦楽かwwww


561 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:58:46.24 ID:VhWuG7P70
このペースでよく話が思いつけるな
ただの人間ではないな


562 :愛の戦士:2008/06/17(火) 14:59:37.38 ID:tO3LfKeM0
まったくだ・・・これ即興なのか本当に
こんなうまい構成とか新能力とかいつ練ってるんだ・・・


564 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:01:36.86 ID:loise0S30
隼人「もう お昼だ
    2人とも 休憩していいよ」

億泰「ハァハァ・・・ つくづく思うが隼人
   オメェ スゲェな・・・ 15からこれやってんのかよ」

仗助「まったく尊敬に値するぜェ~~
    ハァハァ・・・」

隼人「もう慣れちゃったよ みんなもそのうち慣れるよ」

仗助「そんな事言ってもよォ・・・ 俺もう今年で30だぜ?
    慣れる頃にはヨボヨボだよォ!!」

隼人「ハハハ そうかもね」

億泰「ヒデェなァ オイ!!」


565 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:03:49.90 ID:1XKMO5/YO
3年後か


566 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:04:39.01 ID:VhWuG7P70
仗助と億泰は分かりやすい仕事は得意そうだな


567 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:07:14.73 ID:loise0S30
親父(ククク 4人の仲間をそろえた後・・・
    少し時間はかかったが
    見つけたぞ・・・ ついに見つけた!!
    死者を生き返らせるスタンド使いを!!)

??「私・・・ 私をどうする気なの・・・」

吉良「心配は要らないよ 君に危害を加えない
    ただね 我々が君に与えた能力を・・・
    僕のために使ってほしいんだ」

??「そ・・・ それだけ?」

吉良「ああ それだけさ
    ただしもう少しまってくれ
    まずは邪魔者を殺してからだ
    それから私を君の能力で 復活させてくれると嬉しい・・・」

??「・・・」


568 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:11:46.21 ID:loise0S30
康一 「おそいなぁ 由花子さん
    もう、せっかく休みを入れたって言うのに」

由花子「お待たせッ!!
     ま・・・またせちゃった?」

康一 「もう10分の遅刻だよ!!
     お店、抜けられなかったの?」

由花子「うん、急にパーマのお客さん入っちゃったから
     でもある程度片付いたから
     依布に任せてきちゃった」

康一 「人使い荒いな
     そのうちストライキされちゃうよ!」

由花子「その時は康一君が私を守ってねェ――!!」

康一 「式場の人待たせてあるんだから 早く行こうよ」


570 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:13:23.13 ID:1XKMO5/YO
な、なんだってー!!
式場だとー!!


571 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:14:10.27 ID:tO3LfKeM0
なに・・・?ついにケッ・・・コケコッコ・・・


572 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:19:23.74 ID:loise0S30
康一 「ええっとボクのおばあちゃんも来れるって
     連絡があったんで 席がもう一つあれば」

店員 「分かりました 配置は我々が決めておきましょう」

由花子「いよいよ来週ね楽しみだわ」

店員 「ほかに何かありましたら
     いつでもご連絡ください
     一様これで最終確認は終わりましたので
      こちらにサインをお願いします」

康一 「ハイハイ ええっとこれでいいかなァ」

由花子「ええっと ここね」

店員 「はい結構です
     いい式にしましょう」


574 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:23:49.03 ID:loise0S30
仗助「そういえばよォ どうするんだ
    オメェ 歌を歌うんだろ?」

億泰「ああ 康一らのことか
    ああ!ばっちり練習してるぜ!!」

仗助「どれどれ いっちょ 歌ってみろよ」

億泰「ええ! は、恥ずかしいぜ!!」

仗助「何言ってんだよ
    本番はもっと緊張するぜェ~~」

億泰「で、でも噴上がいねぇしよォ~~」

仗助「そういやぁ あいつと一緒だったな
    まぁいいじゃねぇか 歌えよ」


億泰「よ… よし、ちょっとまってな ああ・・・ ん ゴホンッ」


577 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:29:03.11 ID:HBv8gMZc0
ピザモッツァレラ
ピザモッツァレラ


579 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:30:54.83 ID:loise0S30
                 ♪             を付
     あァ                       装   つ
億泰「    かァあ     黄色のォ――ッ!!衣      けた・・・」
           おォォ~                ♪

仗助「ギャハハハハハ!! オメェ超音痴じゃねぇかヨォォ!!」

隼人「プ・・・ ハハハッ!! それじゃあみんなに笑われちゃうよ!!」

億泰「な、なんだとォ!! 俺、必死で練習したんだぜェ!!」

仗助「それ練習する方向間違ってんじゃねぇのかよ!!
    ギャハハハハハハ!!」

億泰「ち、畜生・・・ 自信なくすぜ・・・」

隼人「じ・・・ 自信あったの・・・?  アハハハハ!!」

億泰「隼人ォ!! ひでぇやつだァァァァ!!」


580 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:32:00.78 ID:VhWuG7P70
文を見ているだけで音痴ッぷりが伝わってくるッ!!


583 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:38:11.54 ID:loise0S30
桜井(しまった・・・ 道に迷っちまった
    あの人たちに聞いてみよう・・・)

桜井「あ、あのすいません
    定禅寺ってのはどっちですか・・?」

隼人「ん? ああ定禅寺ですか
    真っ直ぐ行って公園を左に曲がったら
    案内看板がありますよ」

桜井「どうも」

   ♪     せ     ♪
     ちづけ  よと
億泰「く    ♪   はやしたてェェェェ!!」 

仗助「ギャハハハ!! こりゃ大盛り上がりだぜ!!
    爆笑の渦でよォ―――ッ!!」

億泰「わ、笑うんじゃねぇよダボがァ!!」

桜井(この人・・・ ひどい音痴だなァ・・・)


590 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:46:12.33 ID:loise0S30
桜井「あ、あの・・・ お節介かもしれませんが
    ちょっといいですか?」

億泰「?」

桜井「俺も高校の頃
    歌が大嫌いだったんです
    でも友達がバンドに誘ってくれて・・・
    結構簡単なんですよ 歌うことって」

億泰「どういうことだ?」

桜井「いいですか?
    ちょっと寝転がってみて
    それで こう・・・  そうそう
    アゴを突き立てる感じで
    その状態で声を出してみて」

億泰「アア――ッ!! あ・・・  あれッ!?」

桜井「どうですか? なんかこう・・・
    温かいかんじするでしょ?」

億泰「す、スゲェ!! な、なんだか
    美輪 明宏になった気分だぜェェ――ッ!!」


591 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:47:28.73 ID:VhWuG7P70
三輪明宏www


597 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:56:38.22 ID:loise0S30
億泰「た、助かったァ
    これで作んなくて済ぜェ
    爆笑の渦って奴をよォ」

仗助「な、なんだよ・・・ 嫌味でいってんのかよ」

桜井「そりじゃあ俺はこれで・・・」

億泰「お、おい 礼がしてぇよ
    アンタ名前なんて言うんだ?」

桜井(あまりこの町内で名が
   知られるのは避けたほうがいいが・・・
   まぁいいか ただの土木業者だし)

桜井「俺は桜井  桜井 和寿って言います」

億泰「俺はァ虹村億泰って言うんだ!
    今度会ったら なんか奢るぜ!!」

桜井(ッ!! こ、こいつ!!
     吉良達が言っていた 東方の!!)

仗助「おめぇどうせ 露伴の野郎に奢らせる気だろ?」

億泰「うるせぇな仗助 ほかに当てがあるのかよ」

桜井(こ… こいつが "東方仗助"ッ!!)


598 :愛の戦士:2008/06/17(火) 15:57:47.18 ID:SkIJ1/0B0
早速接触ッッ


599 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:02:40.20 ID:loise0S30
桜井(や・・・やるか?
    今ここで決着をつけるか?
    だが、こいつら・・・
    思ってたより悪そうな連中じゃないな)

仗助「和寿さんよォ
    アンタこの町の人間?
    見ない顔だな」

桜井「あ、ああ 千葉から引っ越してきたんだ
    それで 引越し先を探してて・・・」

仗助「定禅寺なら俺近所だからよ
    案内してやろうか?」

桜井「いや、いいんだ
    自分で行くよ それじゃあ」

仗助「そうか またなァ」

億泰「おい! 飲み行こうぜ!! 約束だぜェ!!」

桜井(東方・・・ 虹村・・・)


601 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:13:10.55 ID:loise0S30
トゥルルルルル!!
  
 ブッ

田原『もしもし』

桜井「田原っちか?
    いま、東方と虹村と接触した」

田原『な、なにやってんだよ!!
    早すぎる!!
    今日はとりあえず休んでからって・・・』

桜井「いや、偶然会ったんだ
    何にもなかったよ アイツらとは・・・
    思ったより 悪そうな連中じゃなかった・・・」

田原『え… それって…    「ちょっとかわれ 田原」 』

中川『おい桜井 聞いてたぞ
    接触しといて何にもなかったってどういうことだ?』

桜井「まだ早すぎると思ったんだよ」

中川『バカかお前は 人を殺すのに早いもクソもねぇだろ
   せっかくお前にゃ"究極の能力"があるってのに・・・』

桜井「・・・」

中川「まぁいい・・・ いったんこっち戻って来い」


605 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:22:59.17 ID:loise0S30

   ガチャ

桜井「今帰った・・・」

鈴木「・・・」

田原「カズちゃん・・・」

中川「桜井ィィィ
    おいおい桜井ィィ
    まったくお前の"・メメント・モリ"使えばよォ」

桜井「それはもういいだろ」

鈴木「・・・」


中川 「・・・で
    あいつらは何処にいた?」

桜井 「○△公園近くの ビル予定地だ
    その手前で飯を食っていた」

中川 「よし、なら行くぞ」

桜井 「お、おい! いくらなんでも早すぎるだろ!!」

中川 「何故だ? とっとと殺しちまおうぜ」


608 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:28:59.94 ID:loise0S30
仗助「さぁて・・・ 飯も食ったし
    そろそろ 仕事始めるとすっか」

億泰「ええぇ~ もう少し休ませてくれよォ~!!」

隼人「早くしないと怒られるよ」

億泰「あぁあ 畜生
    結婚してぇ~~」


仗助「?」

仗助「おい、アンタら
    俺らになんか ようっスか?」


  中川「・・・」  鈴木「・・・」

中川「ケ、桜井に田原・・・ コシ抜けどもめ」

鈴木「いくぞ、2分で仕留める」

仗助「!」

億泰「!」


609 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:34:02.47 ID:loise0S30
由花子「じゃあどこ行きましょうか?
      トラサルディーでイタリアン?

     それともドゥ・マゴでカフェ?
     そういえば初めて2人っきりになったのも
     ドゥ・マゴだったわよねェ――!!」

康一 「だめだよ 依布さん一人にしてるんだろ?
     お店に戻ったほうがいいよ!!」

由花子「いいよの!! 彼女お店に入って長いから
      1人で何でも出来るわよ」

康一  「早く行かないと
      明後日のデートは無しにするぞ!!」

由花子「もう!! イジワルっ!!
      でもそんなアナタが男らしくて素敵よっ!!」


612 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:37:04.15 ID:rzeyPGX70
由花子浮かれてるな


616 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:45:12.69 ID:loise0S30
鈴木「イノセント・ワールド」

  ドォ―――ン!!

仗助「ス、スタンド攻撃だ!!」

億泰「な、なんてこった!! こいつら!!」

隼人「や、ヤバイよ!! なんだこれは!!」

仗助「は、早いぜ!!
    あの2人のスピードが 急に速くなった!!」

億泰「ち・・・ 畜生・・・ 目じゃ追いつけねぇ!!」

隼人「・・・!!」

隼人「ち・・・ 違う・・・  これは!!」

億泰「!?」

仗助「!?」

隼人「ぼ、僕達が遅くなっているんだ!!
    ほ、ホラ見て!! 石の落下がこんなに早い!!
    あそこの猫や虫達は普通の速度だ!!
    あ、あの2人以外の全ての生命が
    スローになっているんだ!!」


619 :愛の戦士:2008/06/17(火) 16:55:38.25 ID:loise0S30
鈴木(我が能力 イノセントワールド
    貴様らの時間をスローにした
    私と私が許可した生命以外は
    すべてスローになる)

中川「おい、今何倍になってる?」

鈴木「1/3倍だ」

中川「お前の能力持続時間は2分だったな
    連中には6分に感じる時間・・・
    いいだろう そろそろ攻撃を仕掛けるぜ」

  バキィィィッ!!

鈴木「!」

中川「な、なんだと・・・!!
    大丈夫か鈴木!!」

仗助「何にも問題ねぇよな・・・
    石の速度は通常通りなら・・・
    それを投げつければよォ!!」


625 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:06:43.35 ID:loise0S30
康一 「あんな事言った手前だけど
     1人って暇だよなぁァ~~
     どうしよっかなぁ 今日、休み貰っちゃったし
     仗助君の所に行ってみるかなァ~~」

露伴 「ん? おう康一君
     どうしたんだ こんな所で」

康一 「露伴先生!」

露伴 「どっかいってたのか」

康一 「式場で打ち合わせしてたんですよ」

露伴 「ああ プッツン由花子との・・・
     まさか キミたちが結婚するとはねぇ・・・
     ところで今暇かい?」

康一 「えぇ 暇ですけど」

露伴 「○△公園へ取材に行ってたんだが
     カメラを忘れちまってね
     一緒に取りに行ってくれるかい?」

康一 「えぇ いいですよ」


628 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:12:26.84 ID:1W5tTEMTO
露伴ちゃんタイミング良すぎw


629 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:14:45.18 ID:loise0S30
中川「おい! 何故能力を解除した!!
    早く時を遅くしろッ!!」

鈴木「く・・・」

鈴木「イ・・・イノセント・・・」

億泰「おおっと、妙な動きすんなよ!!ダボがァ
    この位置なら時を遅くしようが
    かわせねぇだろうからよォ!!」

鈴木「!」

仗助「てめぇら何者だァ!!
     今なら殴らずに許してやるからよォ 言え!!」

中川(くそ・・・ この状況・・・
    何てことだ・・・)

仗助「今からそっち行くからよォ
    じっとしてるんスよ・・・」


630 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:16:05.73 ID:WBoSJt/a0
さすが名コンビ強いなw


631 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:20:50.30 ID:loise0S30
親父(な、なんてことじゃあの2人・・・
    せっかく能力を与えてやったというのに・・・

     やつらは調子に乗りすぎた!!
     戦いの経験がないため攻撃のリズムが甘かったんじゃ!!

     それに比べあいつらはちょっとした百戦錬磨・・・
     くそ!! 桜井と田原!!
     あいつらは何処じゃッ! 二人を助けさせねば・・・)

 とぅるるるるる!!

  ブッ

   『ただ今おかけになった電話番号は
    電波の届かないところにいるか電源を・・・』

親父「あいつら・・・ 携帯の電源を切っているな!!
    どこにいるんじゃ!!クソッ!!」


632 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:26:05.62 ID:loise0S30
    
  ピッ・・・

桜井「田原っち
    何も俺達は戦わなくてもいいんだ
    俺らはこのまま あいつらの手先になる義理はない・・・」


田原「カズちゃん・・・
    じゃあ、これからどうするの」

桜井「そうだなァ・・・ 昔みたいに
    一緒にバンドでもやろうか?
    千葉に帰って・・・ バイトしながら・・・」

田原「そ、それ・・・ いいね!」

桜井「そうと決まったら 早く行こう
    仙台駅まだダッシュだ!!」


633 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:26:57.51 ID:25kxJuxi0
逃げたwwww親父涙目wwwwwww


640 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:41:13.42 ID:loise0S30
親父「どこへ逃げようとしている 田原ッ!! 桜井ッ!!」

吉良「フフフ・・・ やはり追うのが人間だと追跡はしやすい・・・
    携帯の電源を切ったという事は
    われわれと連絡を取りたくない・・・
    我々と繋がりたくないという事
    つまり、逃走を企てようと考えていたな?」

桜井「!!」

田原「うっ!!」

吉良「田原君・・・ 君の能力は
    はっきり言って 役に立たないものだった
    使いようがない・・・
    だが何故キミを仲間にしたかわかるかい?」

桜井「田原っち! は、離せ!! 吉良吉影!!」

吉良「フフフ 田原君 キミを生かしておいたのは
    桜井君にやる気を出してもらうためさ
    鈴木と中川は闘いを好む典型的なスタンド使いだが
    桜井君・・・ 彼はそうじゃない
    平和的な考え方をするやつだ・・・
    だが、仲間を守るためには真の力を発揮するタイプ
    フゥ~~ 私の言いたい事 分かるね?
    桜井君 私は取引をしている」

桜井「・・・ッ!!」


643 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:44:55.66 ID:VhWuG7P70
逆らうと一部分づつ爆破されるからな


645 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:51:11.59 ID:loise0S30
吉良「なぁに 向かうのが
    駅から公園に変わっただけさ
    ちょいとコンビニ行く感覚であの2人を頼むよ・・・」

桜井「・・・」

吉良「桜井君キミの"能力"は
    私でも恐ろしいと思うほど強暴だ
    私には利かないが
    だがあの東方達にはきっと脅威だろう」

田原「ぼ、僕に構っちゃダメだ!!
    すぐに逃げるんだ!! カズちゃん!!」

吉良「フフフ・・・ 友情を取るか・・・
    自分の自由を選ぶか・・・」

桜井「わかった・・・」

田原「!!」

桜井「約束しろよ・・・ 田原っちを・・・
    傷つけるんじゃねぇぞ」


648 :愛の戦士:2008/06/17(火) 17:58:05.26 ID:loise0S30
康一「おーい!仗助君」

隼人「康一君!」

仗助「おう康一じゃねぇか」

億泰「漫画家も一緒だぜェ」

露伴「よぅ」

仗助「どうしたんだ?今日は」

康一「いやぁ ちょっとヒマしちゃってさぁ

    ・・・・!

    な、なんだ! この2人
    ボコボコになって倒れているぞ!!」

億泰「ちょうどよかったぜェ~~
    そいつらスタンド使いなんだよォ
    攻撃してきたから 気絶するまでブン殴ったんだけどよォ
    漫画家ァ ちょいとスタンド使えないようにしといてくれよ」

露伴「こいつら、スタンド使いか・・・ こいつらの目的は?」

仗助「さぁな、ついでに調べてくれ」



652 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:06:31.55 ID:loise0S30
露伴「なになに 名前は中川敬輔
    1969年8月26日生まれ
    血液型 A型

    長崎出身か 随分遠くから来たみたいだな」

康一「ここに来た目的は?」

露伴「ええっと あったぞ・・・
    吉良親子に矢で・・・
     !!!!     」

仗助「!!」

億泰「!!」

隼人「"吉良"ッ!!」

康一「な、何てことだ・・・ こいつは!!」

露伴「まさか・・・ あいつらがまた動き始めた!!
    仗助!! こいつらは我々を殺す目的で
    吉良達が差し出した刺客だ!!」

仗助「グレート・・・」


663 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:20:51.53 ID:loise0S30
露伴「4人・・・ 四人のチームが今この町に来ている・・・
    中川敬輔 桜井和寿
    田原健一 鈴木英哉・・・

    全員スタンド使いだ・・・ ここにいる2人は
    鈴木英哉と中川敬輔
    残り二人がこの町で我々の命を狙う!!」

仗助「畜生・・・ あいつら
    絶対にゆるさねぇ・・・
    奴が仕掛けた刺客で・・・
    過去に何人も犠牲になったんだからな・・・」

億泰「桜井和寿・・・?
    お、おい 仗助!!
    桜井和寿って名前聞き覚えねぇか!?」

隼人「!!」

仗助「さ、さっきの男!! あいつ敵だったのか!!」

康一「君達は一日に3人の敵と接触したのかい!!
    こ、これは何か事件が起こりそうだぞ!!」


669 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:27:47.18 ID:loise0S30
             ゴ
  ゴ   ゴ
                  ゴ
  桜井「虹村・・・ 億泰・・・」
                   ゴ
 ゴ

億泰「!!」

仗助「あ、アイツ!!」

隼人「か、彼だ!
    桜井和寿だッ!!」



親父(よし!まだ中川と鈴木は
    生きているッ!!)


673 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:32:33.27 ID:loise0S30
吉良「フフ、桜井君
    焦らなくていい・・・
    そして注意しろよ あそこにいるのは岸辺露伴
    奴は他人を本にしてスタンドを封印してくる・・・」

桜井「・・・」

億泰「お、おい オメー
    何で黙って突っ立ってんだよ
    何か話せよコラァ!!」

仗助「場合によっちゃあ攻撃させてもらうぜ!!」

桜井「お、俺は・・・」

吉良(フゥ~~・・・
    ターゲットを目の前にして
    変な情が移ったか? しょうがないヤツだ・・・)


676 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:40:57.06 ID:cXc5KE83O
2011年を乗り越えた先の世界…か。
さすがは一巡後の世界だな。

だがそれでも運命はジョースターの因縁に平穏を与えはしない…皮肉なもんだぜ。


677 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:41:54.30 ID:loise0S30

 ボムッ!!

桜井「!」

吉良「今 写真の中で
    田原君の親指の爪を一枚爆破した・・・
    これで缶ジュースはしばらく飲みづらくなるなァ・・・」

桜井「や、やめろ!! 分かった!
    今すぐ攻撃するから 田原っちを傷つけるな!!」


仗助「あ!アレ!
    ありゃ吉良の親父じゃねぇか!」

億泰「桜井のヤツ 何か様子が変だぜ!!」

康一「人質だよ!! 写真の中に人質をとって
    彼を脅しているんだ!!」

桜井(くそ・・・ どうしてこんな事になってしまったんだ!!)


684 :愛の戦士:2008/06/17(火) 18:52:40.18 ID:loise0S30
桜井(いつもそうだった 俺の人生は・・・ いつも・・・)

―――僕の親父は最低の親父だった・・・
    母を一方的に働かせて・・・
    自分は至福を肥やして酒を浴び
    終いには"母をこのままにしたくなければ
    お前も働け"と僕までヤツの金ズルにしやがった・・・

    今俺はあの時と同じ感覚だ・・・
    クソッ!! この吉良親子
    絶対に許せない!! だが・・・
    大切な親友である田原っちを
    人質に取られてしまった・・・
    クソッ!! 僕はどうすればいいんだ!!


億泰「お、脅されてんだな?
    お前脅されてるから
    俺達を狙ってるんだな?」

桜井「あぁ・・・ だが・・・
    君達に同情されてもこの状況は変わらない・・・
    僕は君達を攻撃しなくちゃならない・・・」

康一「・・・!」

仗助「桜井・・・」

隼人「か、悲しすぎる・・・・」


687 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:00:10.98 ID:loise0S30
桜井「俺が君にできることは・・・ 億泰・・・
    君達が優しい人間だと思えたこの気持ち
    "その思いが消えぬようにそっと祈るだけ"」

億泰「やめろ!! 桜井ッ!!」

露伴「ヘブンズド・・・」

桜井「"メメント・モリ"!!!」


  パサァアアアアアッ!!!!

露伴「・・・・・・!」            康一「!」
             仗助「!!」
 億泰「ッ!!」             隼人「!!」


    桜井「すまない・・・」

吉良(決まったな・・・)


688 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:01:49.75 ID:M80v683b0
なんというミスチル


690 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:06:28.71 ID:loise0S30
静   「今きました」

由花子「あら! 今日は早いのね
     とりあえず床の掃除お願いするわ!!」

静   「今日もお客さん いっぱいですね」

依布 「嬉しいのやら 悲しいのやら・・・」

由花子「ほらッボサっとしてないで
     さっさと掃除するのよ――ッ!!」

静  「は、はい!!」

由花子(早く仕事終えて
      愛しのナイト様と暑アツイ夜を過ごしたいわァァァ!!)


691 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:08:40.98 ID:HBv8gMZc0
ぎゃあああ


692 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:08:42.11 ID:1XKMO5/YO
由花子… 今康一君は…


697 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:12:40.40 ID:loise0S30
露伴「…」

   仗助「…」


 億泰「…」


隼人「…」


  康一「…」




 桜井「ううう…」

吉良「よくやったぞ…
    一度に全員攻撃できるとは…
    すばらしい能力じゃないか ククク」

親父「よし! 因縁は絶った!!
    吉良よ! ヤツの元へ行こう
    生き返る時じゃ!!」


698 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:14:55.95 ID:loise0S30
   露伴「…」



   仗助「…」



   億泰「…」



   隼人「…」



   康一「…」





忌野「偶然ここを通りかかってみれば・・・
    今の現象・・・ 何てことだ!!」


699 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:15:14.17 ID:M80v683b0
運命が引き寄せた!


700 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:15:21.44 ID:VhWuG7P70
切り札は「キング」!!


702 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:21:42.83 ID:loise0S30
忌野「"花"になっている!!
    彼ら5人は・・・ あの男によって"花"に変えられた!!
    だが、本当によかった… 私がここに来て…
    今のは間違いなくスタンド能力…」


忌野「"キング"ッ!!」

  ピ カ ァ ァ ァ ア ア ッ! !

仗助「桜井ィィィイイイイイイ!!
    って・・・ アレ?」

忌野「大丈夫か?」

仗助「あ、アンタは忌野さん!!
    何でここに!! 桜井はどこにいった!?」

忌野「さぁわからない とにかく
    今は全員を元通りにするほうが先だ
    君達はヤツの能力によって"花"に変えられた」

仗助「ええッ!!」

忌野「後で事情を詳しく聞かせてくれよ・・・


    "キング"ッ!!」
 
   ピ カ ァ ァ ァ ア ア ッ! !


708 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:24:54.51 ID:1XKMO5/YO
元ネタは「花-Memento mori」か


716 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:32:01.65 ID:loise0S30
         メメント・モリ
吉良(フフ… "死を想え"とはよく言ったものだ…
    今を生きるものを花に変える能力…
    死の思想の無い生物には通用しないが
    あいつら全員には効果絶大だな…
    今まで数々の修羅場をくくり抜けてきたんだ
    当然といえば当然か…

    そしてこの能力 死者である私には全く通用しない
    全く便利だよ… 桜井和寿…)

桜井「くそ… くそ…」

親父「ヒヒヒ!! よくやったぞ桜井!!
   貴様のおかげじゃ
    ハハハハハハハハハハハッ!!」

田原「か、カズちゃん・・・」


717 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:33:15.28 ID:LDu+8vQM0
ツエエッ


718 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:33:28.32 ID:HokuPVzB0
親父UZEEEEEEEEE!!


721 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:39:28.30 ID:loise0S30
忌野「なるほど… 脅されて…」

億泰「ああ!! 桜井は俺達を攻撃したが
    確かに敵じゃねぇッ!!」

仗助「でもよぉ… 事情はどうあれ
    攻撃してきたっつー事はやっぱり敵なんじゃねぇの?」

億泰「何言ってんだよ!!
    アイツは迷ってただろうがッ!」

仗助「でも人質とられてるからって
    スタンドで人を襲うのは俺は許せねぇんだよ
    それにあんなすごい能力なら 吉良たちに向けて
    使えばいいじゃねぇかよ」

隼人「もしかして… 何かあの能力には
    条件があるのかも…」

康一「もし条件が分かれば…
    彼を倒すことはできる!!
    そして同時に彼を救うことが出来るッ!!」







露伴「フフフ、花に変身できるなんて… 得しちゃったなァ…」


722 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:39:49.17 ID:HBv8gMZc0
ろはーんwwwwww


731 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:47:03.68 ID:loise0S30
親父「フフフ、これでようやく願いがかなうぞ!!
    吉良よ!!」

桜井「…」

田原「カズちゃん…」

吉良「邪魔者も消した…
    他にも何人かスタンド使いがいたが
    たいした事は無い… すぐに始末できる」

??「じ… じゃあ
    やるよ?」

吉良「いや、ちょっと待て」

??「ん?」

吉良「2人ともご苦労だったな
    十分役に立ったよ…」

桜井「!」

田原「な、なんだって?」

吉良「田原君がいなければ… 桜井君は動かなかった
   桜井君がいなければ… あいつらは倒せなかった…」


736 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:51:30.29 ID:loise0S30
桜井「言ってることがわからない」

吉良「こういう事さ」

  ボムッ!!

桜井「あ・・・ ああッ!!」

桜井「た、たはら・・・・ッ!!」

 ボムッ!!

??「う…!! な、何してるの!!?
    み、味方でしょ?」

吉良「フフ… 最初からこいつらは味方だとは
   思っていなかったさ…
   君は違う… 私は君を頼りにしているよ?」

??(こ、怖い… この人… 怖い!!)

吉良「さぁ、僕を生き返らせてくれ…」


739 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:58:29.16 ID:loise0S30
キーン
     コーン   カーン
                  コーン

静  「ねぇ、帰ろう」

友達「ゴメン! 今日ね部活なんだ」

静  「そうか またね」

友達「静も部活はいればいいのに」

静  「お店の手伝いとかあるから ハハ」

友達「そうだったね じゃぁねー!!」

静  「うん、バイバイ」

中島「…」

静  「?」

静  「みゆきちゃん 帰らないの?」

中島「う、うん… ちょっと…」

静  「何かあったの?」


740 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:59:43.85 ID:/H9RNrlG0
中島みゆきww


741 :愛の戦士:2008/06/17(火) 19:59:53.47 ID:1XKMO5/YO
幼女中島みゆきwwww


752 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:09:06.64 ID:loise0S30
静  「悩み事?」

中島「いいや… ちょっと嫌なことがあって…」

静  「思いつめてるなら 話
    聞くよ?」

中島「いいよ 気を使わなくて…」

静  「そう またね」

中島「うん バイバイ」

中島(彼女に… 彼女に言っても…
    きっと伝わらない…
    馬鹿にされるだけだと思う…
    目の前で人が消されたなんて
    人を私が生き返らせたなんて…

    私はこのままどうなっちゃうの?
    もしあいつらにとって必要ないと見捨てられたら…
    私もあの人たちみたいに消される
    うう… 怖い…)


757 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:14:59.58 ID:loise0S30
吉良(あの小娘 フフフ…
    完璧だよ 彼女のスタンド"糸"で
    私は完全に復活できた

    もしこれから私が殺されたとしても
    彼女がいる限り何の不安も無い・・・

    親父は私の為に
    復活せずそのままでいてくれるという…
    完璧だ…  これから真の平穏がやってくるぞ…)


親父「吉影・・・!!!
    よかったのう… よかったのう…
    東方も始末できた
    これで全て元通りじゃ!!」


764 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:20:48.67 ID:loise0S30
中島「ハァハァハァ・・・」

中島「だ、誰にもつけられてない…」

中島「さ・・・ 桜井さん?」

桜井「あぁ・・・ いるよ」

中島「こ、これ 少ないけど給食のパン・・・」

桜井「ゴメンな… こんな面倒見てくれて・・・」

中島「い、いいよ」

桜井「・・・」

桜井「・・・本当に 無理だったのか?」

中島「う・・・ うん・・・
    田原さんの魂は もうすでに どこかへ流されていった・・・」

桜井「・・・パン、ありがとう」

   静(彼女の様子が変だから
     "透明になって"彼女をここまで追跡してきたけど…
       彼は誰? 桜井…)


769 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:31:48.47 ID:loise0S30
桜井「・・・これから食事は自分でなんとかするよ」

中島「ダメ! 外に出たら・・・
    吉良達に見つかるかもしれない!!」

桜井「だけど… 命を取り戻してくれた挙句
    これ以上世話をかけさせたくないんだ」

中島「桜井さん・・・」

桜井「吉良は… 俺が倒す」

中島「ダ、ダメ!! あいつらは化物!
    あ、あなたじゃ敵いっこないッ!!」

桜井「大丈夫、僕は人を花に変える能力…
    アイツを殺すわけじゃない
    またアイツが君の所へ"生き返らせてくれ"と
    頼みに来ることもなくなる・・・」

中島「ダメよ!! そ、それでも…」

桜井「君は優しいこだ 優しすぎる
    過去にあった"悲しみをまた優しさに"変えて生きてきたんだな
    僕と似てる… だから…
    だからこそ 行かなくてはならない
    君の瞳からあの吉良を消すためにも」

     静(…"吉良"ッ!!)


772 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:35:17.80 ID:MWO7wJhs0
仗助とか桜井に「ヘイ!しのぶ」ってやってた頃の吉良見せたらどう思うんだろう


773 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:37:59.34 ID:VhWuG7P70
>>772 仗助「グレート…」


774 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:42:00.73 ID:loise0S30
由花子「どこ行ってたの静!!
      見て!時計の針は7時を過ぎてるわッ!!」

依布 「もしかして "男の子"?」

静   「た、大変!! 吉良が…
     吉良がまた動き出した!!」

由花子「え?」

静   「な、何から話していいのか… ええっと
     私の友達がスタンド使いだった…
     それで… 吉良を生き返らしたの
     それで… ええっとええっと…」

依布  「吉良って・・・ "吉良吉影"ッ!!」

由花子「生き返ったの・・・ 康一君に知らせなくちゃ・・・」




781 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:51:46.33 ID:loise0S30

仗助「そ、その話がマジなら…
    まずその友達に接触しなきゃなァ…」

忌野「桜井君ともな」


康一  「そして チャンスだ!!
     連中は僕達が生きていることを知らない!!」

由花子「それで、その友達の名前は?」

静   「中島みゆき 私と同じクラスの」











トニオ「娼婦風パスタ お待たせしましタ」

億泰「ヨダレ ずびッ!! こりゃたまらん!!
    いやぁ~~ 毎度毎度悪いねぇ漫画家ァ」

露伴  「くそォ… 虹村… 億泰…」


782 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:52:35.55 ID:VhWuG7P70
露伴はみんなの財布


792 :愛の戦士:2008/06/17(火) 20:59:12.45 ID:loise0S30
女  「あ・・・ああ!! 許してェ!!」

吉良 「フフフ… 爪きり上手じゃないか
     そして何も喋らない君はもっと素敵だ・・・」

    ボンッ!!

吉良「 あぁぁこれだ・・・ この感触・・・
     ああぁ・・・ たまらないなァ…

     ン… おっと フフフ
     なんて事だ まったく聞き分けの悪い息子だ」

親父(吉影!! 妙にハイになっておる!!
    何年もこの時を待っていたとはいえ・・・
    数日続けてやるなんて 少し危険じゃぞ!?)

吉良「フゥ~~~・・・ よくできました」


797 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:00:59.15 ID:LDu+8vQM0
>>792 こいつ・・・
手淫しやがった・・・


806 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:11:48.30 ID:loise0S30
吉良「フフフ・・・ さっきいっぱい汗をかいたから
    お腹すいちゃったね?

   さあ、どれがいいかな・・・
   焼きそばパンがいいかな?
   どうだい触ってごらん、まだホカホカだァ…」

吉良(ッ!!

   東方仗助ッ!!
   そしてその仲間・・・ な、何故生きているッ!!
   クソ!! どういうことだッ!!
   やつらは桜井に・・・

   そうか… あそこにいるのは忌清志郎…
   ヤツは確か"スタンド能力を解除する"スタンド使い
   アイツが桜井の能力を解除したというわけか・・・
   そして東方共は生き返った…
   だが貴様らは 私が生き返った事を知らない

   …そうとも こちらから全力で
   殺しにかかれば何も問題は無いのだ
   死んでも私はまた生き返る事ができるだから…
   よし、やってやる…)


824 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:21:59.42 ID:loise0S30
億泰「いってきまーす」

虹村「ウガウガァ――」

億泰(あ~ たくしんどいなぁ… 仕事はよォ
   それにしてもいよいよ明日かァ…
   康一と由花子…
   未だに納得できねぇが 幸せになってほしいぜェ)

億泰「俺も結婚してぇなぁァァ・・・・」






吉良「虹村億泰 フフフ・・・」


826 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:25:37.17 ID:loise0S30
由花子「依布 ここに書いてあるヤツ
     買い出し行ってきて」

依布「ハイ」

依布「・・・」

依布「いよいよ明日ですね」

由花子「・・・うん」

依布「幸せになってくださいよ」

由花子「な、何言ってんのよ突然 早く買い出しいきな!!」















吉良「山岸由花子… 依布サラサ…」


832 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:32:00.59 ID:loise0S30
生徒C「広瀬先生 随分そわそわしてるね」

康一「え? そ、そう?」

生徒B「なんかいい事あったんスかァ?」

康一「実はね 僕、明日結婚するんだ」

生徒A「ええっ!! マジ!? ヤバクない!?」

康一「へへ! もう独身なんて言わせないぞ!!
    じゃあ 僕もう帰るから」

生徒達「先生!! 幸せになってくださいねェ!!」

康一「たく・・・ 最近の子供は… 生意気だな…
    いい生徒持って幸せだぞ」












吉良「広瀬康一 今日の靴下は大丈夫かな? フフフ」


833 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:32:51.38 ID:VhWuG7P70
誰か吉良をとめてくれ…


839 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:41:05.64 ID:loise0S30
噴上「畜生 億泰のヤツ
   電話に出ねぇ・・・ 明日の
   最終調整しようって言ったのテメェじゃねぇかクソ!!」


  トゥルルルル!!


噴上「はい噴上です」

仗助『俺だ裕也
    億泰見てねぇか?』

噴上「みてねぇよ それで俺困ってるんだが」

仗助『そうか・・・ あの野郎
    仕事場に今日来なかったんだ
    お前の所で 歌の練習してんなら
    許してやろうと思ったのによォ』

噴上「そりゃあ妙だな
    ちょいとハイウェイ・スターで探してみるよ」

仗助『頼む』  ブッ




吉良「噴上裕也… 一応殺しておくか…」



846 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:46:46.51 ID:loise0S30

  ゴ        ゴ    ゴ
                             ゴ   ゴ
      ゴ              ゴ
  ゴ          ゴ            ゴ   ゴ


吉良「考えてみれば私のキラークイーン…
    1体1なら決して負けることのない無敵のスタンド…
    フフフ 全く最高の気分だな…
    私を今までコケにした連中を一掃出来るんだからな…

    そして依布サラサ… ようやく、私のところへ来てくれたね…
    フフフ、全てが片付いたら一緒にお茶でもしよう…」

  ゴ          ゴ           ゴ
                  ゴ
        ゴ                        ゴ


850 :愛の戦士:2008/06/17(火) 21:56:12.78 ID:loise0S30
仗助「たく億泰の野郎…
   どこ行きやがったんだ…
   家にも帰ってねぇ」

吉良「東方… 仗助…」

仗助「!!」

吉良「フフフ サラサ
    ここで見ていてね」

仗助「テメェェェ!!! 吉良吉影ッ!」

仗助(よ、予想外だぜ…
    こいつの方から姿を現すなんて…

    だが… 今やるべき事はひとつッ!!)

吉良「来い… 全力で受けてやる」

仗助「クレイジー・Dッ!! ドララララララララッ!!」

吉良「キラークイーンッ!! しばしばッ!!」

  ドガッ!!   ドガッ!!

     バキッ!!        スゥゥゥウッ!!

 ボム           ボムッ!!


862 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:04:49.15 ID:loise0S30

   バキィィィイッ!!

仗助(う… き、切れた… 俺の中の…
    決定的な何かが…)

吉良「ハァ… ハァ…
    や、やはりお前は…
    お前は強敵だったか…
    フフフ… だが… 倒したぞ…」








    メメント・モリ
桜井「"死を想え"ッ!! 吉良吉影ッ!!」

吉良「ッ!」

    パサァアアアアアッ!!!!




866 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:05:34.86 ID:sHXXkQrM0
桜井いいいいいいいいいいいいいいいいいいいい


868 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:09:09.18 ID:Loy0BKGO0
じじいと同じかジョウスケ・・・


869 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:09:51.40 ID:loise0S30
ジョルノ「プッチさん 今日もお願いします」

神父  「・・・」

ジョルノ「どうしたんですか? 早く抜き取ってくださいよ」

神父  「・・・」 

チンピラ「ひ、ヒイイイ!!」 グニョグニョ

ジョルノ「ありがとうございます
     いつもすみませんねぇ」

神父  「・・・」

ミスタ  「さぁ、早速こいつがうそを言ってねぇか
      ディスクを再生してチェックしようぜ!!」


――神父は両足を壁につながれたままずっと投獄されていた
   そしてジョルノに利用され続ける毎日に耐えかねて
    そのうち神父は考えるのを止めた


870 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:10:46.87 ID:sHXXkQrM0
プッチwwwww


871 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:10:49.95 ID:WBoSJt/a0
プッチィィィーー!!!


873 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:11:11.89 ID:XDx/CMq50
ジョルノ外道すぎwww


874 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:11:12.43 ID:1XKMO5/YO
5部キター!と思ったら (T0T)


886 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:18:49.67 ID:loise0S30
吉良「フフフ・・・ フハハハ!!」

桜井「ッ!!」

吉良「貴様のスタンド・・・
    もはや私には通用しないようだな・・・」

桜井「ば、馬鹿な!!」

吉良「フフフ… "今を生きるものを花に変える能力"…
    だがその発動条件には
    "死の思想の無い生物には通用しない"
     そうだったよなァ?」

桜井「う…」

吉良「そうとも、私には死の思想はない…
    生き返る手段を見出したのだからな…」

桜井「く… クソッ!!


   2人ともッ!! 離れろ!!」



890 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:22:22.95 ID:loise0S30

吉良「?」

桜井「…」

吉良「誰に向かって言ったんだ今の台詞…」

桜井「いいや…
   "意味なんてないさ 捻りもないし
     韻だって踏んでない"」

吉良「?何かよく分からんが…
    まぁいい死ねッ!!桜井和寿ッ!」

  ドグチアッ!! ボムッ!!

桜井(生きろ… 絶対…)

  シュ――ッ!!

吉良「フン!! どこかに仲間が隠れているのか…
    まぁたとえそうだとしても いいさ・・・ 殺してみるがいい
    そうとも、私は生き返る事ができる…」


891 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:22:56.88 ID:c5pUaHba0
ば、ばかな…あっけなさすぎる…


898 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:28:49.54 ID:loise0S30
中島「"縦の糸はあなた" "横の糸は私"
    織り成す布は あなたの死という傷をかばう…」

  ゴ       ゴ   ゴ
     ゴ           ゴ   ゴ    

吉良「!!」

中島「"糸"ッ!!」

ドクン… ドクン… ドクン…

桜井「・・・みゆき、離れろといったのに」

中島「死に逝く人をただ
   見ているだけなんて悲しすぎる・・・」

静  「喋っちゃダメよ!!
      位置がばれちゃう」

吉良「その声は… 中島みゆき… 静ッ!!」


904 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:34:54.63 ID:loise0S30
仗助「お、俺は・・・ッ!!
    吉良に殺されたはずッ!
    "生きてる"!!」

桜井「生き返らせてもらったんだ…
    みゆきの能力で・・・」

仗助「お前は… 桜井!!」

桜井「この間は… 悪かったな…
    一緒にあいつを倒そうッ!!」

吉良(ま、まずいッ!! 中島みゆき…
    寝返ったのかッ!!クソ・・・ 最悪の状況だ…

    だが、私は依然死を意識していない…
    この状況から"助かると信じている"からだ…
    フフフ… そうどこぞやで
    私の親父が隠れているのだからな…
    死亡しようが何度でも戦うチャンスはあるのだッ!!)


908 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:39:48.46 ID:loise0S30
親父「よ、吉影ェェ~!!」

吉良「ッ!」

吉良「何だ親父!! 隠れていろ
    写真を破壊されては面倒だッ!!」

親父「た、大変なんじゃ!! 大変なんじゃ!!」

吉良「うるさい! 向こうへ行けッ!!」






忌野「な、何だこの状況は・・・!!」

仗助「忌野さん!!」

桜井「!!」


909 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:40:49.91 ID:M80v683b0
吉良「/(^o^)\」


910 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:41:14.62 ID:cXc5KE83O
忌野さんかっこよすぎる…


911 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:41:31.21 ID:sHXXkQrM0
"チェック"


912 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:41:32.08 ID:SkIJ1/0B0
さすが忌野!!


914 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:44:20.96 ID:WBoSJt/a0
やっと吉良が・・・


915 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:44:50.66 ID:loise0S30
父親「忌野に… ヤツに見つかってしまったんじゃァ!!」

吉良「!」

忌野「吉良 吉廣を追ってここまで来てみれば…
    やれやれ…
    どういうことだこれは…」

仗助「説明してる暇はねぇ!!
    あいつを倒すのに協力してくれッ!!」

桜井「やっつけてやる」

吉良「う・・…」

親父「お、終わりじゃ!! もう終わりなんじゃ!!」

吉良「クソ… なんて最悪な日だ…
    これまでか…」


920 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:50:13.56 ID:loise0S30
吉良「キラークイーンはこれまでだ…
    矢の先の世界へいく」

父親「!! 矢の先の世界!?」

吉良「そうだよ… いつかお前が言っていた
    "矢の先の世界"だ…

    ケープカナベラルの戦いの最中…
    お前は上空から承太郎たちの戦いを見ていて
    そこで"ある男のスタンドに矢が突き刺さっていた"
    ・・・そんな光景を見たそうじゃないか・・・」

親父「じゃが・・・ じゃが!! "矢は人を選ぶ"!!
    もしかしたらスタンドが消滅してしまうかも・・・」

吉良「うるさい!! 命が消滅してしまうよりマシだ!!
    渡せッ!! 行くぞ!! キラークイーンッ!!」


922 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:50:57.69 ID:sHXXkQrM0
矢だとッ!


929 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:56:34.01 ID:loise0S30
静  「ま、まずい!!
    矢が!! 由花子さんが言っていた!!

    "スタンドに矢を刺すとその先の能力が生まれる"!!
    由花子さんはケープカナベラルでそれを見ていた!!
    まずい! 今進化されてはダメッ!!」

仗助「な、なんだとォ――ッ!!」

桜井「"先の世界ッ!!"」

忌野「安心しろ… 私の能力があれば
    どんな事態でも対処できる…」

吉良「うぉぉぉおおおおおッ!!
    名づけよう!! この夜にふさわしい名前を!!


    ノクターン
    夜想曲ッ!! 闇のノクターンだ!!

   キラークイーンノクターンッ!! 発動するッ!!」


940 :愛の戦士:2008/06/17(火) 22:59:48.10 ID:loise0S30
仗助「……」


 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…




仗助「……雪?」


947 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:03:03.08 ID:loise0S30
仗助「俺の体が…
    これは… 高校のときの制服だ…
    懐かしいな 俺もいきがってた

    そして…」


仗助「この夜は… あの時の夜だ…
    俺が高熱を出した… あの…」


  ドォルルルン… 



仗助「…俺だ …あの車に乗ってるのは
    そうだ… 俺はあの時…」


954 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:05:31.40 ID:loise0S30
忌野「これは… 雪だ…
    そしてココは…
   私が若かった頃の… 杜王町」

 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…

忌野「そうだ… 私は… 捨てられたんだ…
    この夜、親父に捨てられた…」


960 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:07:42.53 ID:loise0S30
桜井「雪が降ってる… 病院だ…
    ここは病院… 母さんが死んだ病院だ…」

 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…

桜井「父のせいで過労死した…
    母がいた病院…」


963 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:08:12.41 ID:jjJmBVp30
ここで久しぶりにスレタイを思い出してみようwww


966 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:09:19.91 ID:vcJ053QE0
川尻がゲイバーに行ってたのが遠い昔のことに感じる・・・


976 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:12:03.87 ID:loise0S30
??「だめだわ・・・・・・
    近くの電話で 救急車か誰か呼ばなくちゃ…」

仗助「・・・」


??「何の用?
    あっち行きなさいよ」

 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…

仗助「その子…」


13 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:16:23.59 ID:loise0S30
仗助「!!」

仗助(落ち着けッ!! これは何かおかしいッ!
    周りの風景があまりにもおかしい・・・ッ!!
    あの時はこんな優しい雪じゃなかったんだ!!
    吹雪だったんだッ!!
    これは違う… これはあの時の映像じゃない…
    そして… ここにいる俺は… ここにいるヤツは!!)

仗助「うぉぉぉおおおおッ!!!!」




 ドガァァァアアッ!!!!!!!!

 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…



25 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:22:13.03 ID:loise0S30
仗助「ハッ!!」

静  「も、戻ってきた
    仗助さんが戻ってきた!!」

仗助「あ、あれ… ここは杜王町…」

中島 「じ、仗助さん…
     何故、泣いてるの?」

仗助「な、何でだろう… 俺…泣いてる
    そ、それより 吉良は…?」

中島「わ、わからない…
    突然あなた達一帯が爆破して…
    それで… 死んだと死んだと思っていたのに…」

仗助「じゃあ… やつ等も… もしかすると…」


32 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:27:12.14 ID:loise0S30
吉良「雪が降っている……
    なるほど… 吹き飛んできたのか…

    そしてここは私が絶望を味わった場所だ…

    誰と共にいても楽しくなかった私は
    雪の降る中山へスリングショットを振り回し
    ずっと1人で遊んでいた…

    そして絶望したのだ… 雪という"大自然"に
    私は遭難してしまった…」


34 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:29:40.25 ID:loise0S30
 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…

吉良「フフフ!! だが読めたぞ!!
   あの時突然吹雪が吹いたッ!!
   だから私は遭難したのだッ!!
   しかしこの光景は違う!! こんな優しい雪ではなかった!!
   そしてここで震えている"私"は"私"ではない!!

   死ねッ!!"吉良吉影"ッ!!」



  ドゴォォォオオオッ!!


36 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:30:39.31 ID:/0F4rVcM0
吉良自身も自分の新たな能力をまだ把握しきれてないのか…?


38 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:32:13.74 ID:QNkOqtKV0
過去の弱い自分に打ち勝つ能力?


41 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:33:50.35 ID:loise0S30
忌野「たしか私は…
    ある老人に救ってもらった…
    捨てられた私を
    雪の降る杜王町で…
    孤児院まで連れて行ってくれた…
    そしてここに居るのは… おさなかったときの私…

 サラ…

        サラ…


  サラ…


             サラ…

忌野「しかし… あの時は猛吹雪だったのに…
    何故こんなにも 優しい雪が吹いているんだ…」


44 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:36:33.70 ID:loise0S30
ゴ  ゴ ゴ  ゴ    ゴ   ゴ   ゴ  ゴ
  ゴ         ゴ       ゴ       ゴ

吉良「この能力の真意とは!!
     やさしい雪に包まれた過去の自分を!!
     死にかけた過去の自分を乗り越える事で!!

    自由な時間旅行が完成するッ!!
    私は好きな時代ッ!!
    好きな姿で飛び立つ事ができるッ!!
    戻るぞ!! うまく行っていたあの時の私へ!!!

     いまだッ――――――――!!」


50 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:40:14.90 ID:SWBMUbYb0
なんだか昭和独特の強引な話になってきた

だがそれがJOJO!!


52 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:41:39.19 ID:loise0S30
吉良「フ・・・フハハ!! 戻ったぞ!!
    絶頂だった頃の私に…
    その頃の杜王町に!!
    誰も僕をとめる事はできない!!」

吉良「全ての因縁は…
    その痕跡すら捨て去った!!
    これが私の求めていた能力だッ!!」









杉本「ようやく現れたのね… 吉良吉影…」

吉良「!!」


53 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:42:02.68 ID:sHXXkQrM0
う、うおおおおおおおおお!!


54 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:42:44.00 ID:dfjyGdcr0
ななななななな?


55 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:42:58.34 ID:1W5tTEMTO
鈴美お姉ちゃんキター!


59 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:44:34.61 ID:loise0S30
吉良「こ・・・これは・・・」

杉本「覚えていないの?
    それとも手首を奪い損なったんで
    印象薄いかしら?」

吉良「杉本 鈴美」

杉本「ずっと待っていたこの時を…」

吉良「そ、そんな馬鹿なッ!!
    私は絶頂なんだぞ 」


62 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:47:08.15 ID:loise0S30
吉良「こ、こんな世界… 許されない…
    キラークイーンッ!!」



杉本「アーノルドッ!!」

吉良「な、なになんだと…!!」




杉本「振り向いたわね…」

  ヌゥウウウウッ!!

ガシッ!!    ガシッ!!

      ガシッ!!

 ガシッ!! 

吉良「そ、そんな馬鹿なァ――ッ!!」


64 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:50:53.50 ID:loise0S30




―――吉良吉影は… 時間旅行を完結したものとばかり思っていた…
     しかしその傲慢な考えのせいで…
     彼はある一つの事を見逃していたのだ…

     "幽霊の因縁"

     幽霊に時間は関係なかった…
     彼は自分の過去を乗り越えられなかったのだ…
     そして彼は… 魂ごと消滅し
      二度と生き返ることはなかった…




65 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:52:27.15 ID:ABy5VoVYO
ば、馬鹿な…
あっけなさすぎる…


66 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:52:34.64 ID:SkIJ1/0B0
これはなかなかうまいまとめ方だ
ミスチル組空気だったけどw


67 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:52:35.42 ID:dfjyGdcr0
おしゃー!!!


68 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:53:22.26 ID:tO3LfKeM0
すっげぇ「納得」いくッ!!なんだこのスカッと爽やかな気分になれる結末はッ!!


73 :愛の戦士:2008/06/17(火) 23:56:37.15 ID:loise0S30
仗助「吉良…!!」

静  「どうしたの仗助さん?」

仗助「今、ほんの少しだが…
    吉良が空に溶けていくのが
    見えた気がする…」

中島「そ… それってどういう事?」

仗助「さぁ… だが、ノクターンを体験して分かったぜ…
    これは吉良を助ける能力じゃねぇ…
    "試練"だった… 自分の因縁を試す…」

静   「あいつは… 試練に負けたの?」

仗助  「さぁ… そいつぁわからねぇ…
      だが清々しいぜ…
     新年に新しいパンツはいたようなよォ…」


78 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:00:56.81 ID:NXWzF1xB0
やはりレクイエム、いやノクターンか。奥が深い能力だ。
スタンドは戦闘のための道具じゃないってことか。


79 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:02:49.53 ID:00Knw3nl0
億泰「仗助 無事か?」

仗助「お、億泰!!
    どこ行ってたんだよオメェ!!」

億泰「吉良に殺されたんだ…
    だが、そこの中島が助けてくれたんだ」

仗助「そ、そうだったのか…」


静  「私達… 登校中に
    自信に満ち溢れた吉良の姿を目撃したの
    それで透明になり あとをつけて行ったわ…

    吉良は次々とみんなを殺していった…
    私達はばれない様に追いかけながら
    みんなを治していったの…」

中島 「見失わないように 急いで蘇らせたから…
     みんな気絶したままだったけどね」


81 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:07:32.26 ID:00Knw3nl0
仗助「そ、そういえば
    桜井と忌野さんが戻ってこねぇ…!!」

億泰「ふ、2人がどうしたんだ?」

仗助「まさか… 2人は"試練"に…」

静  「…」

億泰 「な、なぁ… 2人はどうしたんだよ!!
     おい仗助ッ!! 2人がどうしたってんだよ!!」




中島(ありがとう… 桜井さん…)


83 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:13:34.93 ID:00Knw3nl0
康一 「こ、これ やっぱ似合わないよォ!!
    な、なんだか恥ずかしくなってきたぞ!!」

由花子「あらあら!! スッゴク似合ってるッ!!
     最高よッ!  康一君!!」

康一 「そ、そうかなァ? 由香子さんが言うならいいや!!」

静   「まったく… 熱々ですね」

由花子「もう!! 照れるじゃないのよ!」

億泰「愛の光で~ ほほえんで~ ♪
噴上 森の月夜は ふけましたッ――!!」


静   「そろそろ余興 終わったみたいですよ」

康一  「よし… 緊張してきたなぁ…
      じゃあ行こうか!!  "由花子"!!」

由花子 「ええ そうね…  "アナタ"…」


84 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:15:10.31 ID:cbRbe01A0
なるほど…これが康一の『試練』か…


87 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:19:11.29 ID:Iy8Qd16V0
発動したのは吉良自身、乗り越えられなかったのも吉良とは皮肉でいいな


89 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:24:55.72 ID:00Knw3nl0




              2014年 

     世界では未だにスタンド使いが増え続け
      善人の血をすすりほくそ笑む者も居る
       そんな社会もきっと 彼らのような
      "黄金の精神"を持つものが居れば
            あるいはきっと…



    彼らの戦いが ここに今黄金の幕を下ろした

               END


91 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:26:11.53 ID:Iy8Qd16V0
>>89 うおおおおおお!乙!乙!乙!!


93 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:27:41.29 ID:xsCAhYW5Q
乙を言うだぁー!


94 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:27:43.68 ID:f6PsHzDNO
感動をありがとう…


98 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:28:10.71 ID:Hmkpq2t7O
まさに大団円!
>>1 乙でした
さぁ、寝るか


100 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:29:06.83 ID:n5PyxRxI0
乙!楽しかった!


104 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:30:36.18 ID:zqNmLj7d0
「乙」と、言わせてもらおうッ!!


109 :愛の戦士:2008/06/18(水) 00:36:16.25 ID:5TgDBFWU0
ディ・モールト・グラッツェ!!


155 :愛の戦士:2008/06/18(水) 03:39:18.78 ID:ax4hSWpqO
忌野清志郎
↓友人
井上陽水←親子→依布サラサ
↑尊敬
Mr.Children→尊敬→中島みゆき
↓尊敬
桑田佳祐


元ネタをいろいろ調べてたら
オリジナルキャラは芸能界で
こういう繋がりだったのか
つくづく>>1は天才だな


190 :愛の戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/18(水) 12:33:34.21 ID:a9hKCN0EO
桜井とかはどうなったんだ?
戻ってこれなかったのか


191 :愛の戦士@全板人気トナメ開催中:2008/06/18(水) 12:41:14.03 ID:00Knw3nl0
>>190 オリジナルキャラを
最後の最後まで使いたくなかったから
"戻って来れなかった"っていう強引なオチで終わらせた

ゴメンな桜井…


316 :愛の戦士:2008/06/19(木) 00:59:15.27 ID:UFIrYysb0
元ネタプレイバック
――1スレ目――

井上――ドアとかの金属のメタル
>>293  (元ネタは井上陽水"リバー・サイド・ホテル"の歌詞)

井上――私カニが大好物なんですよ~
>>302  (元ネタは歌手、井上陽水の大好物)


吉良――"しっぽは何処までも長く"
>>403 "白い歯は爪よりもシャープ"
(元ネタは歌手、井上陽水と依布サラサが作曲した"長い猫"の歌詞)

桑田――ハメてェ~♪ ンン~ン~ ハメてェ~♪
>>889 (元ネタはサザンオールスターズ"経験Ⅱ"の歌詞)

桑田――G・スポットォォォ――ッ!!
>>    (元ネタはサザンオールスターズ"マンピーのGスポット")

桑田――>>916奥歯の凍るような怒りだ・・・
    >>889奥歯の凍るようなセリフありがとう
    >>921奥歯の凍るようなヤツだぜ
    (元ネタはサザンオールスターズ"エロティカセブン"の歌詞)


318 :愛の戦士:2008/06/19(木) 01:13:59.90 ID:UFIrYysb0
――2スレ目――

>>278――こんにちは!冷たいお飲み物はいかがですか?
     (元ネタはダイドーの自販機?)


忌野――私の能力"キング"を発動する・・・
>>347 (元ネタは歌手、忌野清志郎の曲"KING")


井上――我が能力リバーサイドホテルッ!!
>>249 (元ネタは歌手、井上陽水の曲"リバーサイドホテル")




322 :愛の戦士:2008/06/19(木) 01:43:47.26 ID:UFIrYysb0
――3スレ目前半――
       パープルヘイズヘンドリックス
フーゴ――名づけて無毒の紫煙ッ!!
>>393(元ネタはギタリスト、ジミ・ヘンドリックス)

フーゴ――フーゴ・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノンッ!!
>>401(元ネタはバオー来訪者第2巻で登場した
    バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノン)

依布――私、にんにくカレー牛肉抜き
>>523 (元ネタはエヴァンゲリオン綾波レイの台詞)

>>557 桜井 田原 鈴木 中川
(元ネタはバンドグループMr.childrenの4人
  ちなみにこのスレの中で何度か
  桜井は"カズちゃん"田原は"田原っち"というあだ名で呼ばれているが
  実際にファンの間ではそう呼ばれる事が多い)

                 ♪             を付
     あァ                       装   つ
億泰――   かァあ     黄色のォ――ッ!!衣      けた・・・
           おォォ~                ♪
>>579(元ネタは さいとう大三作詞、馬飼野俊一作曲の"てんとう虫のサンバ")


324 :愛の戦士:2008/06/19(木) 01:54:01.60 ID:UFIrYysb0
――3スレ目中半――
鈴木――イノセント・ワールド
>>616  (元ネタはMr.childrenのシングル"イノセント・ワールド")

露伴――なになに 名前は中川敬輔
    1969年8月26日生まれ 血液型 A型 長崎出身か
>>652(元ネタはMr.childrenのバンドメンバー中川敬輔の実際のプロフィール)

桜井――"その思いが消えぬようにそっと祈るだけ"
>>687 「元ネタはMr.childrenのアルバム深海に収録されている曲
     "花-Memento mori"の歌詞」

         メメント・モリ
吉良――フフ… "死を想え"とはよく言ったものだ…
>>716 (これも"花-Memento mori"が元ネタ)

吉良――完璧だよ 彼女のスタンド"糸"で
>>757 (元ネタは中島みゆきのシングル収録曲"糸")


325 :愛の戦士:2008/06/19(木) 01:56:59.96 ID:UFIrYysb0
――3レス目後半――
桜井――"悲しみをまた優しさに"変えて生きてきたんだな
>>769 (元ネタはやはり"花-Memento mori"の歌詞)

桜井――"意味なんてないさ 捻りもないし 韻だって踏んでない"
>>890 (元ネタはMr.childrenのアルバム
    It’s a wonderful world収録曲"LOVEはじめました"
    余談だが『捻りもないし 韻だって』ではなく『深くもないし 韻だって』である)

中島――"縦の糸はあなた" "横の糸は私" 織り成す布は あなたの死という傷をかばう…
>>898  (元ネタは歌手、中島みゆきの曲"糸"の歌詞)

吉良――夜想曲ッ!! 闇のノクターンだ!!
>>929 (元ネタは任天堂の人気ゲーム"ゼルダの伝説時のオカリナ"
に登場する曲"闇のノクターン")

関連記事
2009/07/17 11:51:08 コメント34 ユーザータグ ジョジョの奇妙な冒険

コメント

※36530No name:2009/07/17 13:25:59
荒木先生なにやってんすかwwwwwwww
※36532No name:2009/07/17 14:28:40
近年稀に見る良SS、ってか全然ショートじゃねえけどw

スレタイが懐かし過ぎる程に後半の展開が素晴らしかった
※36533No name:2009/07/17 14:42:16
よかったよ
※36536No name:2009/07/17 15:34:58
素晴らしかった。
ジョジョSSの中でもトップクラスだぜ!
※36539No name:2009/07/17 16:56:37
ここまで一気に読んでしまった
ところどころのごり押し具合がまさにジョジョって感じで素晴らしかった
※36548No name:2009/07/17 18:45:19
オリキャラだけで一部書けそうな出来だな
ノクターンの先でスピンオフさせても面白そうだ。
※36549No name:2009/07/17 18:47:00
元スレ>>1ッ!
お前の見事な発想力ッ!
ぼくは敬意を表するッ!
※36553No name:2009/07/17 19:34:09
な ぜ ト リ ッ シ ュ を 殺 し た
※36554No name:2009/07/17 19:43:52
スレタイから想像できないほどの内容!!
これ小説化決定だろ!!能力も素晴らしいほどの出来栄え。所々笑えるとこもあって大変満足できた。
SLPYはジョジョ好きだから最高ォォォー!!
※36555No name:2009/07/17 19:45:54
タイトルだけ見てギャグだと思っていたのに…
だが乙。超乙
※36559No name:2009/07/17 20:30:22
ずっと探してたんだよこれ
やはり面白い

でもプッチがwww
※36560No name:2009/07/17 20:51:42
トリッシュが死んだこと意外はグレート
※36564No name:2009/07/17 21:32:56
おもしろかった!
※36572No name:2009/07/17 23:29:45
サクっと殺すところなんかもイイ。
※36577No name:2009/07/18 00:33:41
おもしろかったッ!おもしろかったぞオオオオオーーーーッ!!!!
※36581No name:2009/07/18 00:57:30
おもしろいぞッ!
てかこれ名前欄おかしいと思ったら一年前のか
※36583 :2009/07/18 02:28:41
プッチの扱いにクソワロタwwwwwww
ジョルノ外道すぎる
※36591No name:2009/07/18 07:40:53
他の人も言っているが、トリッシュが死んだことだけは残念
ブチャラティが命かけて守った少女だと思うとつらい…
でもこの>>1は天才
※36601フラグを立てたい名無しさん:2009/07/18 12:45:46
おつかれさんでした
※36602No name:2009/07/18 13:09:30
これはちゃんとした小説の文体に直せばかなり面白いね
※36648No name:2009/07/18 21:59:21
駄目だ……どうしても幽霊の因縁の説明が分からん……
俺には理解することは不可能のようだ
※36654No name:2009/07/18 22:47:23
こんなに読むのが苦にならない創作は久々だった
スレタイからは想像できねぇこの内容の濃さパネェwww
※36660No name:2009/07/18 23:49:48
欲を言えば玉美やジャンケン小僧、ミキタカも出してほしかった
※36945No name:2009/07/21 23:04:24
井上の心変わりに萎えたけど面白かった
※36948No name:2009/07/22 00:12:31
トリッシュは手首切断されただけでまだ生きてると思ってたのに・・・

でも乙
※36974No name:2009/07/22 18:11:05
注目すべきは 1スレから4スレまで休みなく続いているということ
※36989No name:2009/07/22 21:53:43
トリッシュが死んだ代わりにジョリーンが助かったな・・・これも運命か
※37000 :2009/07/23 01:13:50
すげえええマジおもしろかった
超長かったのに一気に読んじゃったよ
※37057No name:2009/07/24 11:56:54
おもしろかった
一気に駆け抜けちまったぜ
※70003No name:2011/07/29 02:07:19
久々に読んだがやっぱり面白かった
※90726No name:2012/11/06 14:40:52
トリィィーーーーッシュ!!
※96725No name:2013/04/05 19:43:09
ヤバイ スゴイ ヤバイ
※102590No name:2013/09/07 08:07:08
ブラボー!おお・・・ブラボー!
かなり面白かった!しかもちゃんと完結してるSSってだけでもありがたい!
ただ億泰が露伴のことを漫画家ァって言うのが気になった、
億泰は露伴のことを露伴先生って呼んでたと思う、
俺の間違いだったらごめんね。
※107059No name:2014/01/20 18:28:35
色々荒いけどよくこれを描き切ったと思うわ

コメントの投稿

« 吉良「ヘイ!しのぶ」:破 | セル「バカな・・・貴様はマリオだろ!?ちがうのか!?」 »
Copyright(c)2021 SLPY All Rights Reserverd.